FC2ブログ

好きな音楽のことについて語りたいと思います。

James Taylor - Moon River

 巷では毎日のように新型コロナウイルス騒ぎが続いております。重症化しやすいのはご年配の方々とすっかり高を括っていたら、自分もほんの近い将来に前期高齢者の仲間入り。もう若くないのだと痛感させられました。
 そんな暗い気分を吹っ飛ばそうと、今回はJTことジェイムズ・テイラーの優しい歌声で癒されることにします。お題は「Moon River」。スタンダード・ナンバーばかりを収録した彼の久々のアルバムの中の1曲です。






1. My Blue Heaven
2 Moon River
3. Teach Me Tonight
4. As Easy As Rolling Off A Log
5. Almost Like Being In Love
6. Sit Down, You're Rockin' The Boat
7. The Nearness Of You
8. You've Got To Be Carefully Taught
9. God Bless The Child
10. Pennies From Heaven
11. My Heart Stood Still
12. Ol' Man River
13. It's Only A Paper Moon
14. The Surrey With The Fringe On Top
BONUS TRACKS
15. I've Grown Accustomed To Her Face
16. Never Never Land

 思慮深い面持ちで微笑みかけるJT。ノーマン・シーフが撮影した陰影のあるジャケット写真からは、彼の何か達観したような表情が窺えました。自作曲はなく、カヴァー・ヴァージョンばかりが収録されたアルバムですが、それらは彼が幼き頃からなれ親しみ、音楽的な背景となったことが推測されます。齢70を過ぎ、そうした馴染みのある楽曲に感謝を捧げ、原点を見つめ直そうとのJTの意思が、このアルバムに込められているのではないでしょうか。

 さて、 「Moon River」は1961年公開の映画『テイファニーで朝食を』(原題: Breakfast at Tiffany’s)の劇中で、主演のオードリー・ヘプバーンによって歌われた主題歌です。作詞はジョニー・マーサー、作曲はヘンリー・マンシーニ。アメリカ南部ルイジアナ州ニューオリンズ出身の作家トルーマン・カポーティ(1924年9月30日 - 1984年8月25日)原作の小説『テイファニーで朝食を』を映画化した作品です。

 映画ではヘプバーン扮する奔放な娘ホリーとジョージ・ペパード扮する映画の語り手である作家のポール・バージャクの恋物語で、紆余曲折の果てに雨降る中で抱き合って結ばれるという作品でしたが、原作ではこの感動的なラストシーンとかなり趣が異なっていました。結婚という制度にとらわれず、自由な恋愛を好むホリーのもとには外交官、映画関係者、億万長者などセレブな男性が取り巻き、彼女が住むアパートの部屋の中でも外でもパーティー三昧。ポールとも恋仲にはなるのですが、決してステディな関係には発展しません。それどころか、束縛を嫌っていたホリーはそろそろ年貢の納め時と思ったのか、映画のタイトルが『ティファニー』だけに「ダイアモンドに目が眩んだのか」、金持ちの外交官との結婚を夢見るようになっていました。
 やがて彼女の取り巻きのひとりであるマフィアのボスが逮捕され、ホリーにも犯罪の容疑がかかり身柄拘束。当然のことながら外交官はスキャンダルを恐れて別れを切り出し、さっさとブラジルへ戻ってしまいます。それでもホリーは外交官を追いかけブラジルへ向かうものの、彼には妻子がいて破局。彼女はそのままどこかへ旅立ってしまうという結末を迎えました。こうしたエンディングの違いはできるだけハッピーエンドでなければならないアメリカン・ラヴ・コメディーのお約束なのか、はたまたオードリーの持つキャラクターの魅力ゆえによるものかと思われます。

MOON RIVER
ムーン・リヴァー 越えられぬほど果てなく広い
いつの日か 私は堂々と渡ってみせよう
多くの夢を叶え、たくさんの心を傷つけた
どこへ流れようと 私はこの川の流れに身をまかせる

二人の漂流者が、世界を見ようと旅立つ
世界には見るべきものがいっぱいあるのだ
我らは虹の端を追う者同士
曲がり角で待ってくれる
心を許せる友
ムーン・リヴァー そして私

 歌詞の中に"My huckleberry friend"という言葉が出てきます。ハックルベリーはブルーベリーに似たツツジ科の食用果実で、作詞を担当したジョニー・マーサーによると、幼き頃に野山でよく摘んでいたというぐらい身近にあった存在だったとのこと。また、マーク・トゥエイン作の小説『The Adventures of Tom Sawyer(トム・ソーヤーの冒険)』出てくる主人公のトムの親友ハックルベリーからの引用とも思われます。物語の中で、トムとハックルベリーは苦楽をともにし、様々な問題を乗り越えて成長していきました。それ故、「ハックルベリーのように気のおけない友」という意味も含まれているのでしょう。そこからマーサーは川を心の拠り所と見立て、自分の信じるままにこの大河を進んで行ければ、いつか報われ、成功を手に入れられることを表現したかったのかもしれません。それ故、勤勉に奮闘努力すれば立身出世が叶うというアメリカ人が持つアメリカン・ドリームの概念が、この歌の根底にあるといえます。

 さて、皆様ご存知の通り、「Moon River」はジャンルを問わず数々のアーティストに歌われ、カヴァー・バージョンは枚挙に暇がありません。そこで今回は私の独断と好みによる幾つかを紹介させていただきます。

 まずはやはりオードリーが劇中で歌うヴァージョンから。


 お次は女性コーラスといきましょう。1955年にデビューしたダイアン、ペギー、キャシー、ジャネットの4姉妹によるレノン・シスターズ。姉妹による絶妙のハーモニーに心惹かれます。現在はダイアンとペギーが引退し、妹のミミが加わるなど若干のメンバー・チェンジが行われたものの、お元気に活動されているようです。1962年リリースの『Can't Help Falling in Love』に収録。


 女性陣に対抗するわけではございませんが、男性ボーカル・グループにも出てもらいましょう。オープン・ハーモニーからユニゾンまで様々なテクニックを駆使し、ビーチ・ボーイズに多大なる影響与えたとされるフォー・フレッシュメンの面々です。彼らのヴァージョンは1963年リリースの『In Person Volume 2』に収録。


 ミュージカル映画『West Side Story』でお馴染みで、親日家としても有名なジョージ・チャキリスのヴァージョン。ジャジーな雰囲気にハスキー・ボイスが冴え渡ります。1962年リリースの『 Memories Are Made of These』に収録。


 女性ボーカルも紹介しておきましょう。「Wonderful Summer」で知られるロビン・ワード。彼女のヴァージョンは1964年リリースの『Wonderful Summer』に収録されていました。


 ユニークな男性ボーカルを1曲。1960年代に活躍したシンガー・ソング・ライターのロッド・マッケンです。1975年リリースの『Goodtime Music』に収録。


 もうひとりユニークな方にご登場していただきます。リラックスした独特のグルーブ感が堪りません。ドクター・ジョン。2006年リリースの『Mercernary』に収録。


 ソウル・シンガーの方にもお声をかけさせていただきます。ベン・E・キングのヴァージョンは1962年リリースの『Ben E. King Sings for Soulful Lovers』に収録。ゆったりとしたノリの良いアレンジに仕上げられていました。


 私の年代では「味の素のおじさん」としても有名なアンディ・ウィリアムスの優雅な歌唱でお開きとしましょう。彼のヴァージョンは1962年リリースの『Moon River and Other Great Movie Themes』に収録されていました。






 冒頭で述べた新型コロナウイルスが、アメリカ全土でも蔓延しており、カリフォルニア州では戒厳令さながらの外出禁止令が出されています。日本で言えば前期高齢者に当たるJTですが、彼より若い63歳の俳優のトム・ハンクス、リタ・ウィルソン夫妻が、新型コロナに感染して入院しており、少々心配になりました。トランプ大統領が国家緊急事態宣言をしたことで、危機意識が一気に高まっているのを横目に、感染はアメリカ全土に拡大する勢いを示しております。社会の動きを長期的に停止させ続けると、人々の心にストレスがたまることはもとより、経済的な損失は計り知れず、日々の生活に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。終息にはかなりの時間が掛かりそうですが、せめて早期の収束を望む次第です。

Jackson Browne - Some Bridges

 ジャクソン・ブラウンが、デビュ−45周年を記念して約2年半ぶりに来日しました。京都市在住の私は大阪公演に行ってきたのですが、その時に演奏された曲について思うところを少々書き綴りたいと思います。
 オープニングは”The Birds Of St.Marks”でしたが、この曲は過日に記事にしておりますので、そちらの方を参照してください。今回は2曲目に演奏された”Some Bridges”(1996年発表のアルバム『Looking East』に収録)を取り上げることにします。





SOME BRIDGES
来る日も来る日も俺はこの引き裂かれた世界を歩いている
生き残るために闘っているのだ
週末まで生き残ることができりゃ儲けものさ
俺はまだ生きてるぜ
おまえの微笑みとともに
おまえの微笑みとともに

俺が目にするどこもかしこもが卑怯なやり方で滑り落ちて行くのがわかる
日ごとに
俺は日々の暮らしのためにい働き続けているだけさ
自分の道を行くのみだよ
おまえの微笑みとともに
おまえの微笑みとともに

この廃れた街の厄介なところを歩いてみなよ
荒れはてた通りと崩れ落ちた建物を踏みしめてみなよ
見てみなよ 子供たちの目には苦しみしか映っていないから
将来への苦しみ 今を生きるための苦しみ
落ちて行く橋もあれば
今も残る橋もある

山の手の日陰の並木道を歩いてみなよ
何をやってもうまくいく人々がいるものだ
だがなあ 人生にはそんな成功で手にしたものよりも大事なものがあるぜ
たくさんの良いことやこれまで知らなかったことに気がつくってもんさ
落ちて行く橋もあれば
今も残る橋もある

毎晩、俺は通りからの音を聞いている
ベッドに横たわりながら
人々の頭の上の光の中で
夢が踊っているのを見るのが好きなんだ
時々とてもうんざりして
希望が失せていくとき
おまえの愛と笑みで俺を満たしてくれるよな
俺が再び立ち直るまで
おまえの微笑みとともに
引き裂かれた通りを歩こう
おまえの微笑みとともに
煙が立ち上る戦場の橋を
おまえの微笑みとともに
そんな状況を見てみなよ
貧困と絶望
認識できるまで時間がかるけど
毎日、俺は昼間に歩いている
おまえの微笑みとともに
落ちて行く橋もあれば
おまえの微笑みとともに
今も残る橋もある

 軽快で、キャッチーなメロディーを持った曲ですが、内容は辛辣であり、ジャクソン一流の直喩が用いられております。つまり落ちて行く橋もあれば、残っている橋もあると歌われる「幾つかの橋」とは一般社会においての対人関係の表現であり、不遇の子供たちと成功し続ける一握りの大人たちとの対比と受け取れるでしょう。
 ジャクソンは""Some Bridges"について、このように語っていました。
 「僕が言っている橋というのは、人と人との間に架かる橋だけではなく、人と、その人が行きたい所をつなぐ橋のことでもあるんだ。たとえば、ある人たちにとっては教養を積むためのハシゴが外されてしまっている。『ある橋は崩れ落ち、ある橋はまだ残っている』とぼくが言っているのは、接触する機会、交渉の機会はまだ残されているということなんだ。とても大事なことが危うくなっているけど、まだ全部が断たれたわけではないよ」(『ジャクソン・ブラウン ヒズ・ライフ・アンド・ストーリー』P.267)

 世界一の格差社会といわれているアメリカ。僅か1%の成功者が70〜80%の富を独占し、貧困層の中には発展途上国以下の生活を送っている人々がいるとのこと。そうした状況の中で選ばれた大統領が、ドナルド・トランプでした。
 ジャクソンはトランプ大統領に関して批判的であると伝えられています。しかし、皮肉にもそのトランプ大統領を支持しているのはそうした貧困層であることはまぎれもない事実。果たしてトランプ大統領は目に苦しみを映した貧困層が渡ることのできる架け橋を提供してくれる救世主となり得るのか、それとも格差社会が生み出した仇花なのでしょうか。

 ジャクソン・ブラウンは来日前に『西日本新聞』のインタビューに応じ、その中の「ラブソングとともに政治状況や核問題に警告を鳴らす歌も世に出しています。(例えばLives In The Balance)。そして現在の米政権のありようや北朝鮮をめぐる国際政治状況は、あなたの目にどう映っていますか?」という質問に対し、「いま北朝鮮と米国で起きていることは、原爆の拡散が始まって以来世界が恐れていたシナリオそのものだ。不安定はリーダーが二人、自国の国民に対する自身の立場が有益になることしか見つめず、お互い脅しあい、その結果、世界中を核による破滅の脅威にさらしている。核戦争の瀬戸際まで状況を誘導したのが私の国のリーダーであってほしくなかった。金正恩に関して私が説明する必要はない。彼は独裁者だ。しかし、私はドナルド・トランプがアメリカ合衆国の大統領であることは説明できない。ただ、私の国の政治のシステム及び文化が失敗したとしか言えない。」と答えていました。

 折しも11月5日にトランプ大統領が来日。安倍総理と首脳会談を行いました。安倍総理は会談後の記者会見で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の対応について「あらゆる手段を通じて圧力を最大限まで高めていくことでトランプ氏と完全に一致した」と述べ、トランプ大統領も「(オバマ前大統領の取った)戦略的忍耐の時代は終わった」と強調。さらに安倍総理は「十分な時間をかけて北朝鮮の最新の情勢を分析し、今後の取るべき方策について完全に見解の一致をみました。日本は全ての選択肢がテーブルの上にあるとのトランプ大統領の立場を一貫して支持します」とも述べています。
 さて、この発言から戦争が起きるのでしょうか。ビジネスマンであるトランプ大統領が、勝っても負けても戦死者・被害者を出し、国力を疲弊させることになる戦争という選択を安易に選ぶとは考えにくいところです。しかし、金正恩委員長の望みが「核保有国として認められ、アメリカと不可侵条約を結ぶこと」である限り、北朝鮮とは対話のための対話では既にまったく意味がないでしょう。ならば日本にもとばっちりが及ぶことが必至である武力行使の道を選ぶのでしょうか。もちろん一気に核施設だけを攻撃して破壊するという短期決戦も考えられますが、トランプ大統領が示したすべての選択肢の中には戦争だけでなく、暗殺あるいは亡命を含めた金ファミリーの排除も含まれていると思われます。また、ティラーソン国務長官が「北朝鮮が、核・ミサイル実験を60日間停止すれば、アメリカは対話の用意がある」との趣旨を伝えたとの報道がありました。けれども、それは北朝鮮の核保有を認めることを前提にした交渉につながりかねません。そうなれば隣国である日本にとって、世界にとって、引いてはジャクソンが希望する平和的な解決とは程遠いでしょう。
 これまで「いくつもの危ない橋を渡り、人生の酸いも甘いも噛み分けてきた」と思しきトランプ大統領。今後の彼の言動が、ジャクソンが核戦争への不安と危惧し、アメリカの政治のシステムと文化が失敗した結果の出来事とならないことを望むばかりです。

 こちらはTVショーの映像。演奏開始は2分頃から。


 アコースティック・ギター1本の弾き語り映像。バンドとはまた違った説得力が窺えます。




 インタビューの全文については『中国新聞』のサイトを参照してください。
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=77032

 また、"Lives In The Balance"に関しては拙ブログの過去記事を参照していただけたら幸いです。
http://shadowdream25.blog105.fc2.com/blog-entry-279.html

 なお、安倍総理とトランプ大統領の会見からの引用は「MSN産経ニュース」を参考にしました。
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/【日米首脳共同会見・詳報】トランプ大統領「戦略的忍耐の時代終わった」安倍首相「全ての選択肢がテーブルの上にあるとの立場支持する」/ar-AAuuoVI#page=2

参考文献
『ジャクソン・ブラウン ヒズ・ライフ・アンド・ストーリー』 マーク・ビーゴ著 水木まり訳 蒼氷社 2007年
<< 前のページ     次のページ >>