好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Beatles - I've Just Seen A Face

前回の記事にしたケニー・ランキンの『Here In My Heart』の中でビートルズの「I've Just Seen A Face」がカヴァーされていました。気になったので今回は本家のほうを取り上げることにします。


I'VE JUST SEEN A FACE
たった今 顔を見かけただけの
あの時 あの場所が忘れられない
二人が初めて出逢った時から
彼女はまさしく運命の人だった
俺たちの出会いを世界に知らせたい

別の日だったら
俺は違う方向を向いてすれ違っていたかもしれない
一度たりとも気づくことがなかっただろう
でも実際は今夜
俺は彼女の夢を見るのだ

落ちて行く
ああ 恋に落ちて行く
彼女は俺を呼び戻してくれる
呼び戻してくれるんだ

こんな気分は味わったことがなかった
俺はずっとひとりぼっちだった
数々の機会を見逃し
人目を避けていた
他の娘がまったくこんなふうじゃなかったから


しっとりとしたケニー・ランキンのカヴァー・ヴァージョンとは異なり、ビートルズのオリジナル・ヴァージョンは軽快に演奏されていました。これはカントリーというよりスキッフルというスタイルに当てはまるかと思います。この曲はジョン・レノンがリード・ヴォーカルを取る「You've Got To Hide Your Love Away」(アルバム『HELP』に収録)同様、ボブ・ディランの影響を受けた作風とも言われています。
歌詞はシンプルなラヴ・ソング。引っ込み思案だった男性が素敵な女性に一目惚れをして希望を見いだし意欲的な人間に変わろうとする様が描かれていますが、思いが成就できずに夢見るだけの少々情けない状況で終わっているようです。発展家の人は別として、たいていの男性なら気に入った女性になかなか話しかけられず遠くで見つめるだけだったという経験をお持ちではないでしょうか。ビートルズの面々はそういった思春期の感情を表すのが実に巧みです。ちなみに、ポール・マッカートニーはよほどこの曲がお気に入りなのか、ビートルズ解散からウイングスを経てソロになった現在に至るまで定番の如くステージで歌っています。
ビートルズのオリジナル・ヴァージョンは1965年8月6日リリースの『HELP』に収録。ウイングスのヴァージョンは『Wings Over America(ウイングスU.S.A.ライヴ!!)』(1976)、ソロでは『Unplugged-The Official Bootleg(公式海賊盤)』(1991年)に収録されていました。また、2003年5月にロシアの「赤の広場」で行われたライヴを収めたDVD『In Red Square』(2005)にも収録されています。

1991年にアンプラグドで行ったライヴ映像です。


ウイングス時代のライヴ映像。亡き妻、リンダと一緒に歌っています。


スポンサーサイト

コメント

この曲もいろいろな人がカバーしてますね。

ちょっと前に Holly Cole が歌っていたのを覚えてます。

「You've Got To Hide Your Love Away」もいいですよね。
Liz Phair がこの曲へのオマージュともいえる「fantasize」という曲をアルバム「Whitechocolatespaceegg」のなかで歌っています。 お勧めです。
Trot様、コメントありがとうございます。
未聴ですが、Holly Coleがカヴァーしていたのをどこかで見かけた憶えがあります。
Liz PhairはAvril Lavigneとイメージが重なるので敬遠しておりましたが、そんな曲を歌っているとは面白そうですね。
Backstreets 様

これってポールのメロディメーカーぶりがいかんなく発揮された名曲ですね。
『HELP』の中ではジョージの「I Need You」も大好きなナンバーです。
ジョンの作品では「You're Going To Lose That Girl」がいいですね。
Liz Phairはもともと米国インディーズ界の女王とも言われていた人ですが、4thアルバムでAvril Lavigneのプロデューシングチームと一緒にメインストリームPOPなんかやってしまってちょっぴり売れてしまったもので、彼女を知らない人にはそんなイメージを持たれてしまっているんですねw  

初期のものを聞いてみてください。 ぶっ飛びます。 
おやぢ様、コメントありがとうございます。
映画の中で使われたアナログA面の曲、使われなかったB面の曲、どちらも心に残る曲が揃っていました。オリジナル曲はもとより、「Act Naturally」、「Dizzy Miss Lizzie」などのカヴァーも見事です。
お恥ずかしいことですが、ジョージの「I Need You」も以前に取り上げました。宜しければご覧になってください。
そうですか。リリス・フェアにも出ていたのでメイン・ストリームだけを突っ走る人ではないと思っていました。期待が持てそうですね。
こんばんは^^
TBありがとうございました。
「フォーリーン♪」の部分が印象的ですね。
ポールは、今でもステージでこの歌を歌っているんですかぁ。すごいです。
ウィングスのもなかなか良かったです。
saya様、コメントありがとうございます。
ポール・マッカートニーはこの曲によほどの思い入れがあるらしく、ビートルズ解散後から現在に至るまで何度もステージで歌い続けています。若き日々の忘れられない体験がもとになっているのかもしれません。ウイングス時代のアルバム『Wings Over America』の他、『Unplugged-The Official Bootleg』にも収められていました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/78-a40f4da0
<< Cass Elliot - DREAM A LITLE DREAM MAMA CASS | TOP | Kenny Rankin - Here In My Heart >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。