好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kenny Rankin - Here In My Heart

ケニー・ランキンさんが6月7日にロサンゼルスの病院にて逝去されました。享年69歳。死因は肺がんによる合併症であると診断されています。
昨年日本国内で旧作が一気に再発されて再び脚光を浴びる中、ニュー・アルバムの制作が進めらているとの情報もありました。突然の訃報に驚くばかりで悲しみの言葉を言い表すことが出来ません。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

今回は1997年に発表されたケニー・ランキンの『Here In My Heart』を取り上げました。プライヴェート・ミュージックからの2作目にあたります。

ヒア・イン・マイ・ハートヒア・イン・マイ・ハート
(2008/03/26)
ケニー・ランキン

商品詳細を見る


1. Day in the Life of a Fool
2. Life in the Modern World
3. Puzzle of Hearts
4. Those Eyes
5. Lover's Touch
6. Stay
7. A Slight Infatuation
8. I've Just Seen a Face
9. This Happy Madness
10. Even You and I
11. Come Rain or Come Shine
12. Art of Survival
13. Here in My Heart

ジャズやボザノヴァ風のアレンジはケニー・ランキンの得意とするところでしたが、1997年発表の本作はブラジル音楽に真正面から取り組んだ作品と言えるでしょう。
それでは、作者のルイス・ボンファ自らがギターを弾き、ハーモニカのトゥーツ・シールマンスが参加した「A Day In The Life A Fool」(「Manha de Carnaval ~ 黒いオルフェ」の英語版)、ポール・ウィリアムスとの共作「A Lover's Touch」、ビートルズのカヴァー「I've Just Seen A Face」、オリジナル作品でアルバムのタイトル曲「Here In My Heart」の4曲をお聴きいただけたら幸いです。なお、3曲目以降は面倒をおかけするようで誠に申し訳ございませんが、一旦ブラウザの更新ボタンを押してから改めて選曲し直してください。


Discover Kenny Rankin!


A DAY IN THE LIFE OF A FOOL
愚かに暮らす一日
悲しく長く孤独な一日
私は街を歩く
こちらに向かって駆け寄る君に
偶然会えればよいのに

君の家のすぐそばで立ち止まる
もう君はそこにいないのに
仕方なく自分の部屋に戻り
薄暗い中で
私は別れの涙に暮れる

君が戻って来るまで
そんな風に過ごすのだろう
毎日を愚かに暮らすのだ


このアルバムにはイヴァン・リンスの作品が4曲( 「Life in the Modern World」、「A Slight Infatuation」、「Even You and I」、「 Art of Survival」)、ジャヴァンの「Puzzle of Hearts」、アントニオ・カルロス・ジョビンの「This Happy Madness」、サンバ風にアレンジされたスタンダード・ナンバー「Come Rain Or Come Shine」などが収録されていました。また、「Lover's Touch」を共作したポール・ウィリアムスとの交友関係が少々意外に思えます。

私が彼の名前を知ったのがいつだったかはよく憶えておりません。ボブ・ディランの『Bringing It All Back Home』でギタリストとして参加していたのを目にしておりましたが、とくに気に留めることはありませんでした。それから数年が経ってAORのシンガーとして彼が注目を浴びていた頃にようやく興味を持った次第です。彼のヴェルヴェット・ヴォイスと称される優しい声、ジャジーで洗練されたアレンジにたちまち魅了されました。
今回は多くを語りません。皆様がケニー・ランキンの音楽を聴き、何を感じ、どのようなメッセージを受け取るかが彼への供養になると思うからです。

このアルバムからの楽曲の映像がYouTubeにはないようです。ブラジル音楽風の曲ではないので誠に申し訳ありませんが、代わりに2004年頃のライヴ映像をお楽しみください。曲は『MIND DUSTERS』(1967年発表)に収録の「Peaceful」です。


スポンサーサイト

コメント

はじめまして、早速やって参りました。
本当に突然のことで残念でなりません。それでも、音楽は残り続けますので我々も付き合って行くしかないと思います。

故人のご冥福をお祈りいたします。
おじゃまいたします。m(_ _)m
ケニー・ランキン、本当に残念です。
ビートルズ・ナンバーなどもすばらしいアレンジと歌で、大好きでした。ご冥福をお祈りします。

先日はコメントありがとうございます。
『Here In My Heart』は私も大好きなアルバムで、夏になると良く聴いていました。
それにしても本当に残念でなりません。
決してヒット・チャートに顔を出すアーティストではありませんでしたけど、だからこそ人々の心に残るんでしょうね。
この世に「ビートルズ」のカバーは星の数ほどあるでしょうけど、彼のカバーほどオリジナリティ溢れるものは無かった様な気がします。

※今後とも宜しくお願い致します!!
chitlin 様、コメントありがとうございます。
昨年はケニー・ランキンの諸作の再発が相次ぎました。不謹慎な言い方かもしれませんが、これをきっかけに廃盤状態の作品の再発、お蔵入りになったままのローラ・ニーロとの共演盤のリリースが実現することを望みます。
つたないブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。
takaboh様、コメントありがとうございます。
1987年の「Songwriters Hall of Fame」でポール・マッカートニーとジョン・レノンが殿堂入りを果たした際、ポール自らがケニー・ランキンに「Blackbird」と「Penny Lane」のアレンジを依頼したという逸話が残っています。
新作のレコーディングも進んでいたと聞き、本当に残念でたまりません。
Musicman様、コメントありがとうございます。
ケニー・ランキンに影響を受けた山下達郎さんは完璧主義者として知られていますが、ケニー自身も完璧主義者のようで、ビートルズの「I've Just Seen A Face」や「While My Guitar Gently Weeps」などのように同じ楽曲を違うアレンジで再録音した例が幾つもありました。
このようなつたないブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。
Backstreets 様

こんばんは。
90年代のケニーはほとんど聴いたことがなかったのですが、素晴らしいヴォーカルは健在ですね。
得がたいアーティストを失った悲しみは当分癒されそうにありません…。
おやぢ様、コメントありがとうございます。
90年代以降、ますます円熟味が増して行ったのに本当に残念でたまりません。
フィル・ラモーンをプロデューサーに迎えた新作のレコーディングがどこまで進んでいたのか分かりませんが、きっと素晴らしい内容のアルバムになったと思います。
このようなつたないブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。
こんばんは。
いつもコメント有り難うございます。
またビートルズカバーアルバム(カントリー)の記事において、小生ブログに言及して頂き有り難うございます。
(小生がヒューイルイスのアルバムをレビューしたのは全くの偶然ですので^^)
さてケニーですが、フィル・ラモーンを迎えていたとは初耳でした。ケニーとフィル、全く連想できません。以前カレン・カーペンターがフィルと組んで、新境地を開こうとしてましたが、ひょっとしたら違うケニーが楽しめたのかも。
何れにしても残念ですね。
240様、コメントありがとうございます。
ケニー・ランキンが新作を準備していたという情報は昨年耳に挟んでいたのですが、プロデューサーがフィル・ラモーンであるとの話はネットの訃報記事で見かけました。おっしゃる通り、カレン・カーペンターのようにひと味違ったケニー・ランキンの魅力が堪能できたかもしれません。
なお、カレン・カーペンターのアルバムは4月22日の記事で扱っておりますので宜しければご覧ください。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/77-d4912752
<< The Beatles - I've Just Seen A Face | TOP | FOLKWAYS >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。