好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Livingston Taylor - Over The Rainbow

申し訳ございませんが、再三にわたってリヴィングストン・テイラーを取り上げます。
今回紹介するアルバムは1973年リリースの3rd『Over The Rainbow』。これを最後にリヴはキャプリコーン・レコードを離れます。
このアルバムは2曲のカヴァーと9曲のオリジナル曲で構成されていました。カヴァーの1曲目はアルバムのタイトル曲でもある「Over The Rainbow(虹の彼方に)」。1939年にジュディ・ガーランド主演で制作された映画『The Wonderful Wizard Of OZ(オズの魔法使)』の主題歌です。エドガー・イップ・ハーバーグが作詞を担当し、ハロルド・アーレンが作曲したスタンダード・ナンバーで、今では世界中の人々に広く知られた名曲となりました。もう1曲のカヴァーはジョージ・ハリスン作のビートルズ・ナンバー、「If I Needed Someone」(1965年発表の『Rubber Soul』に収録)です。ビートルズの楽曲のイメージを損なわないままにもアコースティック・ギターのシンプルな演奏を主体としたリヴ独自のアレンジが施されていました。
これまでのアルバム同様、自分のこと、友だちのこと、恋人のことを誠実な人柄を表すかのように気取らず語りかけるような雰囲気の1枚です。サウンドはアコースティックな響きを基本としているもののカントリー、ゴスペル、R&Bの要素が窺われました。さらには前述の「Over The Rainbow」といったスタンダード・ナンバーも違和感なく歌いこなしています。おそらく幼少の頃からこうした音楽を聴いて育っていたので、リヴは素地や素養を自然と身につけ吸収していたのでしょう。
それではア・カペラで始まり、ゴスペル風のコーラスが印象的な「Loving In My New Horizon」、ブラス・セクションやコーラスがアーシーな「Pretty Woman」、姉のケイトも『Kate Taylor』(1978年発表)で取り上げた「Rodeo」、前述したビートルズ・ナンバー「If I needed Someone」の4曲をお聴きいただければ幸いです。再生中に曲順が前後するようなことがあれば、ご面倒ながら一旦PCの更新ボタンをクリックして選曲し直してくださるよう宜しくお願い申し上げます。



アルバムのタイトル曲である「Over The Rainbow」はライヴ映像でお楽しみください。リヴのコンサートでは必ずと言ってよいぐらい歌われているそうです。1993年にリリースされた『Good Friends』で再録され、1994年に発表されたライヴ盤『Unsolicited Material(持ち込み音源)』にも収録されていました。



時間があればジュディ・ガーランドの歌声もお聴きください。


OVER THE RAINBOW
虹を越えた空の彼方に
かつて子守唄で聴いた国があるという

虹を越えた空の彼方は空が青く
そこでは叶わぬ夢がすべて実現する

いつか星に願う
目覚めると雲を見下ろすところにいて
すべての悩みはレモンの飴玉のように溶け
煙突の先よりもずっと高いところにいる
私を人々が見つけるだろう

虹を越えた彼方に青い鳥が飛ぶ
鳥が虹の彼方に羽ばたけるのなら
私もきっと飛んで行けるだろう

幸せの青い虹を越えて小鳥が飛ぶのなら
私にだって飛べぬはずがない


このアルバム発表後にリヴィングストンは一時アルバムを制作するのを止めました。それから5年の歳月が過ぎ、CBS傘下のエピック・レコード移籍第一弾として『Three-Way Mirror』を発表したのは1978年のことです。
ということで、3回にわたってリヴのアルバムを取り上げましたがエピック移籍後の作品は日を改めて紹介したいと思います。

Over the RainbowOver the Rainbow
(1999/03/16)
Livingston Taylor

商品詳細を見る


持込音源(紙ジャケット仕様)持込音源(紙ジャケット仕様)
(2006/11/22)
リヴィングストン・テイラー

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

こんばんは^^
おー、「虹のかなたに」はリヴィングストン・テイラーも歌っていたんですね。
彼の声も澄んだ感じの声でいいですね^^
saya様、コメントありがとうございます。
「Over The Rainbow」は数多くのアーティストに歌われています。
私がLIVのカヴァーと同じぐらい好きなのはHarry Nilssonのヴァージョンです。YouTubeでも聴くことができますよ。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/62-99d4f15a
<< The Beatles - I need you | TOP | Livingston Taylor - LIV >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。