好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sandy Denny - sandy

ブログを始めて半年以上が過ぎ、毎日更新しているわけではありませんが早くもネタが尽きてしまったような気がします。というわけで、前回に引き続きサンディ・デニーを取り上げることにしました。
今回紹介するのは1972年発表のサンディ・デニーの2ndアルバム『Sandy』です。トラッド色が濃い印象を受ける曲「Quiet Joys Of Brotherhood」、「It Suits Me Well」がある反面、前作よりも重苦しさが薄れ、アラン・トゥーサンがアレンジを担当した曲「For Nobody To Hear」やスニーキー・ピート・クレイナウ(フライング・ブリトゥ・ブラザーズなどで活躍。2007年逝去)がペダル・スティール・ギターで参加した曲「It'll Take A long Time 」、「Tomorrow Is A Long Time」があり変化を持たせています。嫌みにならない程度のストリングスの導入やリチャード・トンプソンが奏でるマンドリンも効果的でした。
ジュディ・コリンズ、ジョニ・ミッチェル、ニール・ヤングらを彷彿させるようなメロディーやサウンドを時折感じますが、全体的にフォークやアメリカン・ポップスへの志向が窺われます。

まずアルバムのオープニング・ナンバー「It'll Take A Long Time」。トラッドというよりもカントリー・ロック風、あるいはニール・ヤングを思わせるようなサウンドに仕上げられています。


ボブ・ディランの「Tomorrow Is A Long Time」のカヴァー。スニーキー・ピートのペダル・スティール・ギターがサンディーの歌唱を引き立たせています。ちなみにディランのオリジナルは1971年発表の『Greatest Hits Vol.2』に収録されています。


ヴォーカルにオーヴァー・ダビングを施し、デイヴ・スウォーブリックが奏でるヴァイオリンのエンディング以外は無伴奏で歌われる「Quiet Joys Of Brotherhood」。アイルランドのトラディショナル曲ですが、歌詞はリチャード・ファリーニャの詩を載せています。静寂の中に響き渡るサンディの歌声に圧倒されるとともに心が洗われるような気がしました。なお、リチャード・ファリーニャはアイルランドとキューバの血を引くアメリカ人で、ジョーン・バエズの妹であるミミと夫婦デュオを組み、1960年代のニューヨークのフォーク・シーンで活躍しました。1966年に逝去。ミミも2001年に癌で亡くなっています。


Quiet Joys Of Brotherhood
ゆるやかな波が海の岸辺に打ち寄せ
砂と一緒に混ざり合ってひとつの色になる
風の音が絡み合い 遠くまで送られる
友愛の平穏な喜び 愛はすべてを見守る主

楢の大木も雑草も同じ大地に生えている
雌馬も種馬も 白馬も青毛の馬も
鳴り響く蹄の音は同じ
七色の虹の光景 色とりどりに調和した花
今なお私の心を虜にする
友愛の平穏な喜び 愛はすべてを見守る主

でも人間は潮流を分けて進んで海を荒らし
楢の大木を地面に切り倒した
私には自然からのうんざりした声が聞こえ
種馬が走り出す
薔薇が血を流し
風の囁きはほとんどない
流れ出す砂が思い起こさせる
愛がすべてを見守る主であったころを


ポップな仕上がりで、ストリングスの使われ方が効果的な「Listen, Listen」。紙ジャケット仕様の再発CDにはボーナス・トラックとしてフランス語ヴァージョンも収録されており、ヨーロッパ市場での展開も念頭に入れられていたようです。


カントリー・ロック的なサウンドながらそこはかとなく気品が感じられる「Bushes and briars」。


トラッド色の色合いが濃いが重苦しい雰囲気はなく、むしろフォーク・ロックに近い感触が窺える「It Suits Me Well」。オルガン・フルートかピアニカと思われる音色が印象的です。


ピアノの弾き語りで歌われる「The Music Weaver」。フェアポート時代の同僚であり親友であるリチャード・トンプソンに捧げられた曲です。


今回はYouTubeの映像だけを使って手抜きをしようと思ったのですが、アラン・トゥーサンがブラスセクションのアレンジをした「For Nobody To Hear」の画像や音源がなかったので手持ちからアップしておきました。何となくザ・バンドを思わせるような仕上がりで、意識しているのかどうかは分かりませんが、リチャード・トンプソンのギターもどこかロビー・ロバートソンのような雰囲気を感じさせます。


このアルバムのプロデュースは夫のトレヴァー・ルーカス。気心の知れたミュージシャン仲間に囲まれてまさに夫唱婦随、いや「婦唱夫随」で作り上げた1枚でした。

サンディ+5(紙ジャケット仕様)サンディ+5(紙ジャケット仕様)
(2005/07/13)
サンディ・デニー

商品詳細を見る


サンディ+5(紙ジャケット仕様)サンディ+5(紙ジャケット仕様)
(2009/04/29)
サンディ・デニー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

彼女は
Americaの良質の唱を提供してくれ
聴く者の「心」洗ってくれます

ジュディ・コリンズ、ジョニ・ミッチェル、ニール・ヤングらを彷彿させるようなメロディーやサウンドを時折感じますが

同感です♪

God bless you...


Azumi様、コメントありがとうございます。
サンディ・デニーはかなりアメリカン・ポップスへの志向が強かったようです。おっしゃる通り、イギリス人でありながらアメリカの良質な唱を提供してくれた存在でした。
彼女はフェアポート時代に何曲かジョニ・ミッチェルの楽曲を録音しており、『What We Did On Our Holidays』収録の「Eastern Rain」という曲はジョニ自身の正式な録音はないと思われます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/54-09d7d551
<< Patti Smith - Because The Night | TOP | Sandy Denny - The North Star Grassman And The Ravens >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。