好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Claudine Longet

前回、前々回と英語圏の人ではない女性アーティストを取り上げました。今回もまた、英米人ではない女性アーティストを記事にします。
今回紹介するのはクロディーヌ・ロンジェ。歌手であり女優でもあったフランス人で、アンディ・ウィリアムスの奥さんだった人です。
彼女は1942年にパリで生まれ、幼きころより子役としてテレビや舞台で活躍していたそうです。アンディ・ウィリアムズとの出会いはアンディが渡仏してテレビ出演した際に彼女と共演したのがきっかけで恋に落ちたとか、クロディーヌがラスヴェガスのショーに出演していた時にアンディと知り合ったとかと諸説ありますが、そんなことはともかく1961年に二人は結婚しました。
結婚後のクロディーヌはアメリカでも女優業を続け、「コンバット」や「ラット・パトロール」などに出演。1965年の「Run For Your Life」というテレビ・ドラマの中ではアントニオ・カルロス・ジョビン作のボサノヴァ・ナンバー「Meditation」を歌って話題になると、アンディとハーブ・アルパート(トランペット奏者でティファナ・ブラスのリーダー。A&Mレコードの設立者のひとりでもある)の勧めもあってA&Mからデヴューすることになりました。当時のA&Mの名プロデューサーであるトニー・リプーマと看板アレンジャーであるニック・デカロという才人に支えられ、クロディーヌのウィスパリング・ヴォイスと称される魅惑的な歌唱が大人のリスナーの支持を得て行きます。ボサノヴァとフレンチ・ポップとアメリカン・ポップスが融合したようなお洒落なサウンドの詰まったアルバムを次々と送り出し、1stアルバム『CLAUDINE』(1967年発表)の全米11位を筆頭にまずまずのセールスを記録しました。なお、前述の「Meditation」は1stアルバムに収録されています。
また、映画でもピーター・セラーズ主演のコメディ『The Party』(1968年公開)に出演。ヘンリー・マンシーニ作曲のテーマ曲「Nothing To Lose」を歌っています。
アンディとの間に3人の子供が授かり公私ともども順調に思えたものの夫婦の関係は次第に冷えきって行き、1970年に別居。1975年にとうとう終止符を打ちました。翌年スパイダーことウラジミール・サビッチというスキー選手と同棲を始めましたが、銃の暴発事故によって誤って彼の命を奪ってしまい、過失致死の判決が下されて彼女の芸能活動も終わりを告げることになりました。現在は彼女の弁護を担当した弁護士と再婚。コロラド州アスペンで静かに暮らしているとのことです。

今回紹介するのは1968年に発表されたクロディーヌ・ロンジェの3rdアルバム『Love Is Blue』です。ニック・デカロのメロウでドリーミーなアレンジに加えて、効果音も各所に散りばめて楽曲の雰囲気を盛り上げていました。また、クロディーヌ・ロンジェのキャラクターに合わせてぴったりの選曲をしたトニー・リプーマのセンスも白眉です。
まずアルバムのタイトル曲『Love Is Blue』です。作曲はアンドレ・ポップ。ポール・モーリア楽団であまりにも有名で、カヴァーしたアーティストも枚挙に暇がありません。ジェフ・ベック(1967年にシングルでリリース。現在は1968年作の『Truth』のボーナス・トラックとして収録)さえも取り上げていました。ここでのクロディーヌは英仏両方の歌詞で歌っています。


Love Is Blue
昨日まで二人は一緒だった 甘い日々
今日あなたは行ってしまった 悲しみに暮れる日々
愛は水色 


続いてビージーズ1967年の大ヒット曲のカヴァー、「Holiday」。クロディーヌの儚く悲しげな歌声が胸に滲みます。


ロジャー・ニコルズとポール・ウィリアムスの共作「It's Hard to say goodbye」です。彼らがコンビを組んで最初に作った曲とのこと。クロディーヌ・ロンジェの叙情的かつさやかなヴォーカルが心に残ります。彼女のためだけに作られたわけではないと思うのですが、ウィリアムスやニコルズらの録音に心当たりがありません。どなたかご存知の方があれば教えてください。


It's Hard To Say Goodbye
後悔なく顔を背けるために
後悔や涙もなく 気の利いた嘘もない
そんな風に人生が向かうとは思えない
さようならを言うのがつらい

後ろを振り向かずに立ち去るために
愛は消えたと知りながら
悲しみに沈むことなく
さようならを言うのがつらい

あなたと私は偶然出会った
あなたがくれた愛は素晴らしかった
ただタイミングが悪かったの
わかるでしょう

だからさようなら この愛にさようなら
もうこれ以上言うことはないわ
だけどあなたのことを忘れない
今日のあなたの顔を憶えておくわ
さようならを言うのはつらいけど
さようなら さようなら


アルバムからもう2曲聴いていただければ幸いです。まず、「Who needs you」。掛け合うように歌う男性ヴォーカルはトニー・リプーマ。ボサノヴァ風のこの曲は1950年代に活躍したカナダ出身のヴォーカル・グループ、フォー・ラッズの1957年のヒット曲のカヴァーということです。次は「Small Talk」。タートルズの1967年の大ヒット曲「Happy Together」を作ったアラン・ゴードンとゲイリー・ボナーによる楽曲です。




さらにもう1曲。ミュージカル『南太平洋』(1949年初演)からのナンバーで、「Happy Talk」をお聴きください。この曲はオスカー・ハーマスタイン2世(脚本・作詞)、リチャード・ロジャース(作曲)のコンビによって作られました。1958年には映画化もされています。クロディーヌ・ロンジェのヴォーカルが微笑ましくなるぐらい愛くるしく魅力的です。ハーパース・ビザールも『Feelin' Groovy』(1967年発表)でカヴァーしています。


時おり出演していた「アンディ・ウィリアムス・ショー」(1962年~1971年に米NBCで放送。日本でもNHKが1966年~1969年に放送)の映像でしょうか。名曲「My Favorite things」を歌っています。この曲はもともとミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』(1959年初演、1965年にはジュリー・アンドリュース主演で映画化)の中のナンバーで、前述のオスカー・ハーマスタイン2世、リチャード・ロジャースのコンビが手掛けました。


映画『The Party』の一場面です。


恋は水色恋は水色
(2002/02/06)
クロディーヌ・ロンジェ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

こんばんはー。初コメさせていただきます。
実はクローディヌ・ロンジェの隠れファンです。
いや、別に隠す必要はないんですが(笑)。
アルバムもオリジナル盤で3、4枚持ってます。
あのヘタウマ・ウィスパリング・ヴォーカル、たまりませんね^^。
バックの音ももまさに往年のA&Mサウンド。
久しぶりに聴きたくなりました。
MASA様、コメントありがとうございます。
クロディーヌ・ロンジェのウィスパリング・ヴォイスはもちろんのこと、彼女の魅力を最大限に引き出したトニー・リプーマとニック・デカロの才能と仕事ぶりにも感服致します。
A&M時代のクロディーヌの素晴らしさは言うまでもないのですが、バーナービーに移籍後のアルバムにも出色の出来映えの楽曲が揃っています。ことにカーペンターズのカヴァーは本家に迫るほどの印象を受けました。
v-254Backstreetsさん、はじめまして。

クロディーヌ・ロンジェを検索していて辿り着きました。

Love Is Blueは大好きなアルバムです。
中でもロジャニコさんのメロディが切ない
「It's Hard To Say Good Bye」がとても好きです。

私も拙い意訳を楽しんでいますがBackstreetsさんの訳は素敵です。
shoppgirl様、訪問いただきありがとうございます。
貴ブログへは昨年のジェームズ・テイラーの来日記事にコメントさせていただきました。
クロディーヌ・ロンジェの魅力的な声、英語とフランス語を使い分けた歌唱に加えて洒落たアレンジに魅了されますね。恋の喜びや哀しみを的確に表現するポール・ウィリアムスとロジャー・ニコルズの作品も彼女によく似合っています。
拙い記事と未熟な訳ですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。
v-254Backstreetsさん

お返事拝見して穴があったら入りたい心境です。
失礼千万お赦し下さい。

こんな私ですがこちらこそ今後とも宜しくお願い致します。
ブックマークさせて頂きました。重ねて宜しくお願い致します。
shoppgirl様、再びコメントをいただきありがとうございます。
こんな拙いブログなのにリンクしていただき光栄です。こちらもリンクさせていただきました。今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/49-1004e553
<< The Sandpipers - Guantanamera | TOP | Astrud Gilberto - The shadow Of Your smile >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。