好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ned Doheny - Get It Up For Love

 今回は前回で扱ったジャクソン・ブラウンさんの旧友であるネッド・ドヒニーさんを取り上げます。3月に来日したジャクソンに続いてネッドも5月に来日予定。1976年に発表したセカンド・アルバム『Hard Candy』をライヴで再演するとのこと。そこで、その『Hard Candy』のオープニングを飾る曲、「Get It Up For Love」をお題にし、少しばかりお茶を濁すことにしましょう。

ハード・キャンディハード・キャンディ
(2014/06/25)
Ned Doheny

商品詳細を見る



GET IT UP FOR LOVE
どうにもややこしい状況で
結果がどうなるかなんて予測できやしない
この謎を解ければ
思い悩む心が救われるんだがな
さもなければ川が凍てつくまで
愛の幻影を追い求めるしかない

ヘイ、ベイブ
恋の準備はできたかい

誰にも憧れってやつがあるものさ
恋の痛手がいつ癒えるかなんて
知っている人はいないよ
恐れをなして逃げ出すか
このまま留まって戦うか
列に並んで「それは正しくない」と喚き散らすのか
そんなものさ

ヘイ、ベイブ
恋の準備はできたかい

微笑みに騙され
流れ星がまたひとつ
路傍に砕け散る
恋に落ちたら自分が何を考えているのか
気づいている人は殆どいやしない

どうにもややこしい状況で
恋の戦いがいつ終わるかなんて
神様のみぞ知るってところさ
恋の成就に一生かかっても
ベイブ、身も心も燃え尽きるまでにはたっぷり時間があるぜ
立場がどうなろうとも君を見捨てやしない

 恋の悩みに揺れ動く心情が描かれた「Get It Up For Love」。甘酸っぱく切ないヴォーカルがネッド・ドヒニーの持ち味とされていますが、ウエスト・コースト・サウンドの持つ爽やかな印象とは裏腹に、葛藤や感情の吐露が読み取れます。
 人は誰でも傷つき、悩み、道に迷いながら自分の中の弱さや愚かさと向き合い、克服し成長して行くもの。胸をえぐられるような思いを経験したり、辛酸をなめることもあったでしょう。歌の中に綴られた他愛のない言葉の裏に、苦汁や不条理などが垣間見えました。
 なお、"get it up" を辞書で引くと、「勃起させる」という言葉が目に飛び込んで来ます。それではあまりに品がないので、ここでは「恋の準備が出来ているか」といった意味と解釈しました。また "hard candy" はスラングで「ヘロイン」、「勃起した男性器」、「未成年の魅力的な女性」という意味があり、ネッドの清涼感が漂う歌声とサウンドの裏にはドロドロとした人間の性というものが内包されているのではないかとも思う次第です。
 石油関連で財を成した大富豪の家系に生まれたネッド・ドヒニー。ビヴァリー・ヒルズにはドヒニーの名を冠した通りがあり、どれほどの名門であったかを窺い知れます。そんな風に何不自由なく育ったと思しき「ぼんぼん」であるネッド。雑草根性とか反骨精神などと無縁ではないかと想像に難くありません。しかし、彼の思春期から青年期にかけてのアメリカ社会はヴェトナム戦争が暗い影を落としており、決して順風満帆な人生を送っていたとは言えないでしょう。そのことは以前に取り上げた彼の「On An On」の歌詞からも推測されます。

 それでは「Get It Up」のカヴァー・ヴァージョンを幾つか紹介しましょう。
 アル・クーパー、マイケル・ブルームフィールド、スティーヴン・スティルスらの『Super Session』(1968)でベーシストを務めたことで名を上げたセッション・ベーシストのハーヴェイ・ブルックスと元イリノイ・スピードプレス(ポール・コットンがポコに加入する以前に在籍していたバンド)のギタリストだったカル・ディヴィッドによるザ・ファビュラス・ラインストーンズのヴァージョンです。1975年の『Rhinestones』に収録。ネッドのヴァージョンよりも骨太でファンキーですね。


 アメリカのテレビドラマ『The Partridge Family』(1970~1974)で主役を演じたデヴィッド・キャシディのヴァージョンです。1975年リリースのアルバム『The Higher They Climb』に収録。ハイトーン・ヴォイスのネッドと対照的な野太い声、ダンサブルな速いテンポ、パーカッションやストリングスを配した派手なアレンジが印象的。このアルバムはキャシディ本人とブルース・ジョンストン(ザ・ビーチ・ボーイズ)がプロデュースにあたり、ジョンストン作の名曲「I Wrote The Song」、ビーチ・ボーイズのナンバーである「Darlin」(山下達郎さんのアルバム『Big Wave』に収録)、フィル・スペクターとハリー・ニルソン共作「This Could Be The Night」(山下さんの『Big Wave』収録のヴァージョンが日本では有名)、キャシディとリッチー・フューレイ(ポコ)の共作による「Love In Bloom」など興味深い作品が収められていました。バック・ヴォーカルとしてビーチ・ボーイズからカール・ウィルソンも参加。


 ポール・ニューマン主演の映画『Slap Shot』(1977年公開)の主題歌「Right Back Where We Stand(愛とは強いもの)」のヒットを持つロンドン出身のR&Bシンガー、マキシン・ナイチンゲールのヴァージョンは1977年の『Night Life』に収録。


 以前に取り上げたA Love Our Your Ownをネッドと共作していたヘイミッシュ・スチュアート率いるアヴェレージ・ホワイト・バンドのヴァージョンです。ベン・E・キングとの共演盤である1977年の『Benny & Us』に収録。 なお、ヘイミッシュが、ポール・マッカートニーの片腕として活躍し、リンゴ・スターのAll Starr Bandのメンバーとしても活動していたことは言うまでもないことですね。


 スティーヴィー・ワンダー、チャカ・カーン、マイケル・ジャクソン、マドンナらののバック・ヴォーカルを務めたゴスペル・シンガー、タタ・ヴェガのヴァージョンは1978年の『Try My Love』に収録。


スポンサーサイト

コメント

本人のバージョンが一番好きかな・・・
40年経って、この清涼感を再現できるのか・・・
でもやれることだけでも凄いことだね!
kashin様、訪問していただき誠にありがとうございます。
おっしゃる通り、ネッド本人のヴァージョンが一番しっくりとした印象を受けますね。でも、各々のヴァージョンも個性が発揮された素敵なアレンジがなされていると思います。名曲は人を選ばずと言うと、ネッドへの贔屓が過ぎるというものでしょうか。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/445-2a70ab32
<< Paul McCartney & Wings - Tomorrow | TOP | Jackson Browne - Looking Into You >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。