好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paul McCartney - Waterfalls

 ポール・マッカートニーさんの来日公演の感動が覚めやらぬ日々が続いております。それ故に今回も彼の作品を取り上げることにしました。お題は「Waterfalls」。1980年にリリースされたアルバム、『McCartney II』に収録されていた曲です。

Mccartney IIMccartney II
(2011/06/09)
Paul Mccartney

商品詳細を見る




WATERFALLS 
滝に飛び込まないで
どうか湖のほとりにいたままで
滝に飛び込むような人々は
過ちを犯しやすい

愛が欲しい 俺には愛が必要なんだ
1秒には1時間が必要であるように
雨滴にはにわか雨が必要であるように
俺には1日中、愛が必要なんだ
もし君が俺と別れる決心をしたなら
俺の人世は違ったものになるだろう

愛が欲しい 俺には愛が必要なんだ
城が塔を必要とするように
庭が花を必要とするように
俺には1日中、愛が必要なんだ
もし君が俺と別れる決心をしたなら
俺の人世は違ったものになるだろう

ホッキョクグマを追いかけて
未知の世界へ行ったりなんかしないで
大きくて人なつこいホッキョクグマが
君を家に連れ帰るかもしれないから

愛が欲しい 俺には愛が必要なんだ
1秒には1時間が必要であるように
雨滴にはにわか雨が必要であるように
俺には1日中、愛が必要なんだ
もし君が俺と別れる決心をしたなら
俺の人世は違ったものになるだろう

車の後を走ってついていかないで
側道に留まっていてくれ
誰かの金ぴかの車が
君を誘って乗せて行ってしまうかもしれないから

愛が欲しい 俺には愛が必要なんだ
城が塔を必要とするように
庭が花を必要とするように
愛が欲しい 俺には愛が必要なんだ
1秒には1時間が必要であるように
雨滴にはにわか雨が必要であるように
1日中どんな時でも愛を求めているんだ
もし君が俺と別れる決心をしたなら
俺の人世は違ったものになるだろう

滝に飛び込まないで
どうか湖のほとりにいたままで

 1970年に発表されたソロとしてのファースト・アルバム、『McCartney』同様、ポール・マッカートニー本人のみによって多重録音された『McCartney II』。アルバムからのファーストシングル、「Coming Up」が全米1位に輝き、ポールの健在ぶりを示しましたが、この曲を始めとしてテクノ・ポップス調の楽曲が幾つも収められていたことに複雑な思いをしたファンが多かったと聞きます。また、「Frozen Jap」が日本人を皮肉っていると誤解されたこともアルバムの評価を下げる一因となったことは否めないでしょう。しかしながら、ポールの真骨頂ともいえる哀愁を帯びたラヴ・ソングである「Waterfalls」のような曲も含まれており、野心的な試みと従来の彼の魅力が巧みに融合された1枚と捉えても良いのかもしれません。なお、『McCartney II』は全米3位、全英1位を獲得しています。

 こちらはプロモーション・ビデオ。途中でホッキョクグマが登場しますが、CGや合成でなく、本物を使ったそうです。人に馴れたサーカスのクマだったとのことですが、ポールは内心とても怖い思いをしたことでしょう。


 恋人を想う気持ちが表された例えが興味深く、ホッキョクグマも金ぴかの車に乗った誰かも、財力に物を言わせて思うがままに生きる人間の象徴のように受け取れます。それでも、「庭には花が必要」と切っても切れない縁の例示し、「行かないでくれ」と懇願する歌の主人公。もう相思相愛の時期は過ぎたのでしょうか。そして冒頭の「滝に飛び込まないでくれ」という歌詞は誘惑されそうな恋人への忠告であると同時に、結果としてどのような事態に陥っても軽率な行動を取らないようにと自己を戒め、警告する意味が込められているのかもしれません。
 なお、"Waterfalls" とはロンドンから100キロほど離れたケントにあるポールの家の愛称とのことです。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは^^
私も来日記念特集としてポールの曲をエントリーしています。
"Waterfalls"、きれいなメロディーの曲ですね。
PVも見ました。
ホッキョクグマは合成ではなく、本物なんですね。
いろんな色に光る噴水、英国風の庭、メリーゴーランドみたいに並んだ車(?)・・・、いいですね。
"Waterfalls"ってポールの家の愛称だったんですかー。
saya様、訪問していただき誠にありがとうございます。
ポール・マッカートニーの真骨頂が発揮されたと言える「waterfalls」。美しいメロディーはもとより、普遍的な概念が綴られており、ファンには受け入れやすい1曲かと思えます。
ホッキョクグマは「オラフ」という名で、サーカス用に訓練されていたものの万一のことを考えて様々な安全策が講じられていたとのこと。完璧主義者として知られるポール。プロモーション・ビデオにも彼とスタッフの苦労が偲ばれます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/404-a49269c1
<< The Beatles - Let It Be | TOP | The Beatles - Her Majesty >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。