好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jackson Browne - The Barricades Of Heaven

 前回で取り上げたジャクソン・ブラウンの「Off Of Wonderland」のライヴ映像が、「The Barricades Of Heaven」を演奏し始めようとするところで終わっていました。そこで、今回はその「The Barricades Of Heaven」をお題とします。

ルッキング・イーストルッキング・イースト
(1996/03/10)
ジャクソン・ブラウン

商品詳細を見る




THE BARRICADES OF HEAVEN
海岸沿いのこの町を駆け回っていた
俺は16歳、孤独だった
一体全体何のためにブレーキがあるのか誰にも説明できなかった
俺はただ、自分の歌を聴こうとしていたのだ

ジミーは彼一流の素敵なサウンドを見つけ出し
賞品のギターをただでせしめた
俺たちはバンに乗り込んで演奏していた
ザ・パラドックスにザ・ベアー
それにザ・ルージュ・エ・ノーアルといったクラブ
そしてL.A.に続く長く伸びた道が人世のすべてになっていった

ページがめくられ
夜の真っただ中に俺たちの心が放り出され
人世とは何かを学んでいた年月のページへと
君自身をあがなうものを持って来た方がよい
俺が生まれたバリケードのところへ君が来る時は

あの丘の上からすべての世界が輝いていた
頭上の星も眼下の街の灯りも
自分の運や決意をそこで試そうとする者たち
結果がどうなったかなんてとっくの昔に忘れたよ

夜にふと子供時代に帰ることがある
友達の声が聞こえ
君の顔から光を浴び
このまま終わらなければよいと望む

ページがめくられ
引き裂かれたページ、焼け焦げたページ
色褪せたページが、太陽の光を浴びて開かれている
君自身をあがなうものを持って来た方がよい
俺が生まれたバリケードのところへ君が来る時は

 人世を振り返る自伝的な、「The Barricades Of Heaven」。若き日々の回想はジャクソン・ブラウンが抱えるテーマのひとつです。前回で取り上げた、「Off Of Wonderland」では彼の理想主義や問題提起が描かれていましたが、この曲には多感な時期の感性が喪失されないようにとの願いが込められていました。
 ザ・パラドックス、ザ・ベアー、ザ・ルージュ・エ・ノーアルとはロサンゼルス郊外のミュージック・クラブの名前です。ジャクソン・ブラウンは高校生にしてパラドックスを始めとするクラブのステージに立ち始め、ミュージシャンを志す同年代の人々と交流を深めて行きました。1966年初頭、17歳のジャクソンはジミー・ファッデンやジェフ・ハナのいるニッティ・グリッティ・ダート・バンドに加入。彼らのラグタイムとロックを融合した特異なサウンドやバンドで演奏する楽しみに興味を惹かれたのでしょう。間もなくバンドはパラドックスのコンテストに優勝し、知名度を上げました。こうしたいきさつから、歌詞の中に出て来るジミーとはジミー・ファッデンのことと推測されます。
 その年の夏、高校を卒業したジャクソン・ブラウンはバンドを脱退。ミュージシャンとしての自信をつけたジャクソンは、ソロとして活動して行く決心を固めたのです。
 なお、「The Barricades Of Heaven」は何を隠喩しているのかよく分かりません。ジャクソン・ブラウンの作品には聖書からの影響が多く見受けられるので、ここでも何か引用しているのでしょうか。
 ジャクソン・ブラウンに限らず、聖書は欧米人の日常生活に浸透していると聞きます。ヴィクトル・ユーゴー原作の『レ・ミゼラブル』(Les Misérables)に基づくミュージカルのフィナーレで歌われた歌詞には、「人々は神の庭において再び自由に生きるだろう/鋤の後ろを歩き/剣を捨て去り/鎖は切れて/すべての人々が報酬を得るだろう」とイザヤ書2:4からの引用がなされ、続いて、「改革運動に加わらないか/我とともに強い心を持ち、立ち上がらんことを/バリケードの向こうに君たちが見たかった世界があるのか/人々が歌うのが聴こえるか/なあ、遠くのドラムの音が聴こえるか/人々がもたらすのは未来/そのとき明日がやって来る」と歌われていました。ジャクソン・ブラウンが「レ・ミゼラブル」を参考にしたかどうか分かりませんが、ここでのバリケードの意味と共通するものがあるような気がします。

 それでは、ライヴ・パフォーマンスを幾つか紹介しましょう。まず、2005年にリリースされたライヴ・アルバム『Solo Acoustic Vol.1』に収録されていたヴァージョンです。


ジャクソン・ブラウン-ソロ・アコースティック第一集ジャクソン・ブラウン-ソロ・アコースティック第一集
(2005/10/26)
ジャクソン・ブラウン

商品詳細を見る


 2006年に開催されたフェラルディルフィア・フォーク・フェスティヴァルに出演した時の映像。デヴィッド・リンドレーの哀愁を帯びたフィドルの音色が、この歌の切なさとひとすじの希望を印象づけているかのようです。髭を蓄えたジャクソン・ブラウンの容貌は、ウォルト・ホイットマンやアレン・ギンズバーグを彷彿させました。

 
 2007年にTVショーに出演した際のソロ・パフォーマンスのようです。


 こちらも1997年にスペインのTVショーに出演した際の映像と思われます。


 マーク・ゴールデンバーグらお馴染みの面々を率いて、2009年にニュー・ハンプシャー州で公演を行った際の映像と思われます。


 2010年にグラストンベリー・フェスティヴァルに出演した際の映像です。

 
 2011年にスペインのサンセバスティアンにおけるライヴ・パフォーマンスのようです。バンドのメンバーがいつもと違うようで、マーク・ゴールデンバーグらの姿がありません。

スポンサーサイト

コメント

「The Barricades Of Heaven」、大好きな歌です。

歌詞がよく分かりませんでしたが、訳詩のお陰で何となく理解できたような気がしています。

「The Barricades Of Heaven」、この意味が前から興味がありましたが、内省的な歌のようですが、これもやはり「今のような世界、生き方でいいのかい?」というメッセージなのかもしれませんね!?
takaboh様、訪問していただき誠にありがとうございます。
多感な時期の感性を失わないようにとのメッセージは理解出来るのですが、未だに「天国のバリケード」という意味がよくつかめません。聖書が日常生活の基盤にない者には無理なのでしょうかねぇ。
それはさておき、この歌の持つ瑞々しさは「These Days」あたりを彷彿とさせます。本当に美しい曲ですね。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/398-d2b8a723
<< Paul Parrish - SONGS | TOP | Jackson Browne - Off Of Wonderland >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。