好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Danny O'keefe - Good Time Charlie's Got The Blues

 しばらくA&Mに所属していたソフト・ロック系のアーティストの記事が続いていましたが、今回は久々にシンガー・ソング・ライターの作品を取り上げます。さて、登場していただくアーティストの方はダニー・オキーフ。地味な存在なので、「誰やねん」と思われる方が多いかと存知ますが、ジャクソン・ブラウンがアルバム『Running ON Empty』でカヴァーしていた、「The Road」の作者と言えばお分かりになるでしょうか。でも、「そんな曲知らんわ」と言われれば返す言葉もありません。

オキーフオキーフ
(2013/06/12)
ダニー・オキーフ

商品詳細を見る

1. Good Time Charlie's Got The Blues
2. Shooting Star
3. The Question (Obviously)
4. Honky Tonkin'
5. The Road
6. Grease it
7. An American Dream
8. Louie The Hook vs. The Preacher
9. The Valentine Pieces
10. I'm Sober Now
11. Roseland Taxi Dancer
12. Know You Really Love Me

 ダニー・オキーフは1943年、ワシントン州スポーケインで生まれ、ウェナチーで育ちました。父親が果樹園で働く季節労働者だったからなのか、一家はミネソタ州セントポールズやミネアポリスなどを転々。そんな暮らしの中で思春期を迎えたダニーはカントリーミュージックやジャズに興味を持ち、1960年代半ばには自らギターを片手にコーヒーハウスで歌うといった音楽活動を始めます。時にはニューヨークに出たり、シアトルに腰を落ち着けたりと多忙な日々を送り、1966年には念願かなってデモ録音を集めたアルバムのリリースに漕ぎ着けました。その後、カリオペというバンドに参加してベースとヴォーカルを担当。68年にはブッダ・レコードからアルバム『Steamed』を発表しています。

 アルバムに収録されていたボブ・ディランの「Like A Rolling Stone」のカヴァー・ヴァージョンとメンバーのポール・ゴールドスミスのペンによると思われる「I Wanna Thank You」。


 バンド解散後、ダニー・オキーフはロサンゼルスに向かいました。バッファロー・スプリングフィールドのマネージャーであるチャールズ・グリーンのもとでチャンスを窺う毎日。幸いにもアトランティック・レコードの社長を務めるアーメット・アーティガンが噂を聞きつけ、ダニーは「Good Time Charlie's Got The Blues」を披露します。アーティガンはこの曲をたいそう気に入り、すぐに契約へと事が運ぶかのように思われましたが、人世はそんなに甘くありません。いつまでたっても色よい返事がダニーのもとへ届かなかったのです。業を煮やしたダニーはアーティガンにデモ・テープを送付。積極的な売り込みの甲斐あってか、ついにアトランティック傘下のコティリオンと正式契約に至りました。
 1971年、アーメット・アーティガンのプロデュースのもと、マッスルショールズ・サウンド・スタジオを中心に
レコーディングが行われ、「Good Times Charlie's Got The Blues」を収録したアルバム『Danny O'Keefe』をリリース。しかし、社長であるアーティガン直々の采配のもとで制作されたにもかかわらず、このアルバムはさほど話題になりませんでした。
 翌72年、レーベルを同じアトランティック傘下のサインポストに移し、プロデューサーをアルフ・マーディンに代えたアルバム『O'keefe』を発表。ダニー・オキーフの魅力がいかんなく発揮されたこのアルバムは、ジェイムズ・テイラー、カーリー・サイモン、キャロル・キングなどのシンガー・ソング・ライターが脚光を浴びる中、私的な物語をシンプルな演奏に乗せて歌うダニーの姿も世間の注目を集めることになったのです。


GOOD TIME CHARLIE'S GOT THE BLUES
みんなが去って行ってしまった
留まってくれるものと信じていたのに
もうまわりには親しい人がいない
誰もが街を捨てて出て行ったのだ

ある者は貨物列車で、ある者は飛行機で
太陽を求め、雨から逃げる
この町は人生を浪費すると奴らが言っていた
その通りと思うよ、俺も人生を無駄にしているからね

心の声が俺に語りかける
33歳にもなりゃガキじゃない
遊びほうけてりゃ女房にも逃げられちまう
度が過ぎりゃ、人世を棒に振るってな

薬で痛みを和らげられるが
雨を止ませる術なんてありゃしないぜ
できればここで落ち着きたいのだが
誰もが街を捨てて出て行くんだよ

勝ち組になる奴もいりゃ、負け組になる奴もいる
放蕩者にも悩みがあるのさ

(注)"good time charley" とは個人名ではなく、「放蕩者」、「遊び人」、「楽天家」といった意味。

 果樹園で働くダニー・オキーフの父親は息子を士官学校に通わせ、季節労働者ではなくステータスの高い職業に就かせたかったようです。思春期のダニーが、音楽にうつつを抜かし、シンガー・ソング・ライターやロック・ミュージシャンを夢見ることなどもってのほかだったことでしょう。そんな父親への反発もあってか、せっかく入学したミネソタ大学を中退して自ら音楽の道を選択。しかし、鳴かず飛ばずのまま気がつけば30歳を過ぎ、ミネソタと都会を行ったり来たりの生活から抜けきれません。友人たちが成功を求めて町を出て行ったのに対し、自分は留まって怠惰な毎日を繰り返すことが描かれたこの「Good Time Charlie's Blues」は、ダニー自身の閉塞感と将来の不安が入り交じった心境が反映されていたのでしょう。

全米第9位を記録するヒットとなったシングル・ヴァージョンは、一部歌詞が異なります。
Everybody's goin' away
Said they're movin' to L.A.

みんな去って行ってしまった
ロサンゼルスに引っ越すとか言ってたよ


 こちらは2012年のライヴ映像です。


 エルヴィス・プレスリーのヴァージョンはアルバムのタイトルを意識したかのような『Good Times』(1974年発表)に収録。


 B.J.トーマスのヴァージョンは『Help Me Make It (To My Rockin' Chair) 』(1975年) に収録。


 アール・クルーはブッカー・T・ジョーンズをプロデューサーに起用し、チェット・アトキンスをゲストに迎えたアルバム、『Magic in Your Eyes』(1978年)の中でこの曲を披露していました。今回はライヴ映像をご覧ください。


 この他にもウェイロン・ジェニングス(1973年の『Lonesome, On'ry & Mean 』に収録)、ウィリー・ネルソン(1984年の『City of New Orleans』に収録)、ホリー・コール(2012年の『Night』に収録) など多数のアーティストによって歌い継がれています。


 アルバムからもう1曲。冒頭で述べた「The Road」です。この歌にはツアーに出たミュージシャンの厳しい生活が描かれていました。


THE ROAD
ハイウェイとダンス・ホール
心地よい歌がおまえを遠くに連れて行く
おまえは月についての詩を書き
星空を夢見る
古いモーテルの部屋の憂鬱
父親の車に乗った娘たち
おまえは素晴らしいものについて歌い
傷跡を笑い飛ばす
朝はコーヒー、午後はコカイン
おまえは天気について語り
しくじりを笑い飛ばす

長距離電話でおまえに
近況を話し
喪失感を忘れ
獲得した品々を大袈裟に語る

そしておまえがそんな話を伝えるのを止めるのは
慣れちまったときだな
それは旅の途中にあるひとつの町の出来事に過ぎないのさ

女たちがおまえに会いに来る
おまえの名前が今も彼女たちの心をときめかせても
彼女たちから受け取るものは殆どない
そして彼女たちはおまえのことをよく知っていると言う
おまえも彼女たちを憶えていると言う
しかし、そんなことはたんなる社交辞令
旅先で出会う顔は
どれも同じに見えてきた

金ではなく
ほんのひと時のため
モーテルの部屋を肩をいからせて歩き
何マイルもぐるぐると旅を続けるおまえ
ネオンの下のギャンブラー達が
ギターの音色に惹かれてやって来る
月明かりについてのおまえの歌はもっともだが
星についての歌はいただけない

 ジャクソン・ブラウンのヴァージョンはミュージシャンの孤独感と疲労感が滲み出ているかのようです。1977年発表の『Running On Empty』に収録。


 ダニー・オキーフの作品はこの他にも「Magdalena」(1973年発表の『Breezy Stories』に収録)をレオ・セイヤーが『Endless Flight』(1976)で、 「Angel Spread Your Wings」(同じく『Breezy Stories』収録)をジュディ・コリンズが『Judith』(1975)で、「Quits」(1975年の『So Long Harry Truman』収録)をアンディ・ウィリアムスが『The Other Side Of Me』(1975)で、クリス・ヒルマンが『Clear Sailin'』(1977)で、それぞれ取り上げていました。
 
 現在もインディペンデント・レーベルから新作をリリースしながら活動を続けるダニー・オキーフ。時代に迎合せず、流されず、自らが選んだ道をしっかり歩んでいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/396-f774232e
<< Jackson Browne - Off Of Wonderland | TOP | We Five - My Favorite Things >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。