好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jimmy Webb - Words And Music

 前回はジェニファー・ウォーンズの記事の中で、ジミー・ウェッブの「P.F. Sloan」について言及しました。そこで今回は「P.F. Sloan」が収録されたジミー・ウェッブのアルバム、『Words & Music』を取り上げさせていただきます。

Words & MusicWords & Music
(2006/04/04)
Jimmy Webb

商品詳細を見る

1. Sleepin' In The Daytime
2. P.F. Sloan
3. Love Song
4. Careless Weed
5. Psalm One-Five-O
6. Music For An Unmade Movie: I. Songseller
7. Music For An Unmade Movie: II. Dorothy Chandler Blues
8. Music For An Unmade Movie: III. Jerusalem
9. Three Songs: Let It Be Me/Never My Love/I Wanna Be Free)
10. Once Before I Die

 ジミー・ウェッブは1946年8月15日にオクラホマ州のエルクシティで誕生。父がバプティスト教会の牧師だったことからチャーチ・クワイアーの一員として歌い始め、ピアノやオルガンもマスターして行きました。
 1960年代前半、ウェッブ一家はロサンゼルス郊外のサン・バーナディノに引っ越し、ジミーはサン・バーナディノ・ヴァレイ・カレッジに入学して音楽を専攻します。しかし、母が急逝したショックと授業に興味をなくしたことが重なりカレッジをドロップ・アウト。モータウン傘下の音楽出版社 Jobete Music に就職し、採譜や雑用といった下働きをする毎日を送ることに。やがて才能を認められ、ソング・ライターとしての契約に至り、ザ・スプリームスの「My Christmas Time」を始め40曲ほどの楽曲を書く機会が与えられました。しかし、ヒット曲を生み出すまでには行かなかったのです。
 1966年、ジミーはジョニー・リヴァースと出会います。リヴァースはジミーが書いた「By The Time I Get To Phoenix」をいたく気に入り、自らのアルバム『Changes』に収録。さらに彼は自身が主宰するソウル・シティ・レコード所属のフィフス・ディメンションのための楽曲をジミーに依頼。ジミーは「Up Up Away」を提供します。この曲は全米7位を記録。才能が開花したジミーへのオファーは続き、リチャード・ハリスに「MacArthur Park」(アルバム『A Tramp Shining』収録)を提供し、この曲は1968年度のグラミー賞ベスト・アレンジメントに輝きました。また、グレン・キャンベルは「By The Time I Get To Phoenix」(1967年リリースの同名アルバムに収録)を取り上げてヒットさせ、同年のグラミー賞ベスト・アルバムを授賞。ジミーの名声は高まって行くのです。
 そんな中、巷ではシンガー・ソング・ライターに脚光が当たり始め、ジミーにもそのチャンスが巡ってきます。1968年、ジミーはファースト・アルバム『Jim Webb Sings Jim Webb』をエピックからリリース。デモ・テープに本人の許可なくオーバー・ダビングを施した急仕上げような構成が災いしたのか、ジミー本来の魅力を引き出すことが出来ませんでした。
 1970年、ジミーはリプリーズに移籍。心機一転、セカンド・アルバムとなる『Words And Music』を発表します。時代を反映するかのようなサイケデリックな雰囲気なアレンジあり、透明感溢れる歌声のバラードあり。ジミー・ウェッブ持ち前の個性が表現された作品に仕上がったと言えるでしょう。
 
 アルバムのオープニングを飾るのはギター・リフが印象的な「Sleepin' In The Daytime」。



SLEEPIN' IN THE DAYTIME
俺はまっ昼間に寝ているんだ
スモッグで灰色に染められた空なんて見るに耐えられないからさ
俺は真っ昼間に寝ている男さ
仕事に染まった奴等があくせくしてしてるのなんて見てらんねえ
でもな、夜の帳が下りりゃ
クールで、秘密めいていて、スウィートなもんだぜ
クリップル・ストリートのダンスの騒音なんて気になんない
昼間は寝てるに限るってなもんだ

俺は真っ昼間に寝てるんだ
木々が灰色に変わって行く様を見るのが辛くてな
俺はお天道様が出ている間は寝てるんだ
木々はまるで祈るかのように枯れた枝を空に向けている
月がほくそ笑みながら空へ昇り、
太陽が不満げに沈んで行く
痛みが、この街で痛みや悲しみを見ることがなくなるまで
昼間は寝てるに限るってなもんだ
そうすりゃどうにか生きて行けそうだ
昼間は寝てるに限るってなもんよ

俺はまっ昼間に寝てるんだ
川が茶色く濁って以来
俺はまっ昼間に寝てるんだ
油と薬品でカモメが窒息させられている
そして俺は死にかけたカモメたちを見たことがあるんだ
俺は真っ昼間に寝るとするよ
そうすりゃ何とか生きて行けるさ
昼間は寝てるに限るってなもんよ

 イントロのピアノの音色が美しくも切なく響く、「Careless Weed」。自然に生えて逞しく生きる雑草を、下積み時代の自分と重ね合わせるかのような描写が興味深いものです。



CARELESS WEED
風が吹き、農夫は種をまく
やがて種は芽を出し、また新しい種を実らせる
ヘイ、気取らない雑草よ
道路の脇に生え、俺に歌いかける
道路と川が導くところで根を下ろすために
欲を出さずにしっかり生きる
気取らない雑草よ

橋の下で育ち、垣根の並びで生きて行け
農夫が除草しようと鋤を入れる畑でも
神様がおまえを守る
悲しませるようなことはさせないだろう
ホーダウンの踊りとともに
気取らない雑草よ
川底の向こうから俺を呼ぶ
道路と川が導くところで根を下ろすために
愛や必要とされるものもなく生きる
気取らない雑草よ

俺はくわに寄りかかってじっと見つめている
どこにも行きゃしないよ、ここにいるのさ、雌馬とともに
その雌馬は子馬を産み、回転草がくるくる回り
最後まで転がり
風が行き先を読めるように跡を残す
OK 気楽な雑草よ
丘の向こうに伸び、俺に呼びかける
道路と川が導くところで根を下ろすために
欲を出さずにしっかり生きる
気取らない雑草よ

 前回のジェニファー・ウォーンズの記事でも紹介した、「P.F. Sloan」。不遇の人生を送ったP.F.スローンの復活を願うジミーの気持ちが溢れています。



 ライヴ映像です。


 妹であるスーザン・ウェッブとのデュエットによる3曲の組み合わせ。拙ブログで何度も紹介している「Let It Be Me」、1967年にアソシエイションのヴァージョンが全米2位まで上昇した「Never My Love」(アドリシ兄弟作)、そしてザ・モンキーズでお馴染みの「I Wanna Be Free」(トミー・ボイス&ボビー・ハート作)などが見事に溶け合い、輝きを増して響きます。



 ジミー本人が語るところによると、エピックからのファースト・アルバムは認められないということなので、実質この『Words And Music』がシンガー・ソング・ライターとしてのデビュー・アルバムと言えるのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/391-59bf20b3
<< The Sandpipers - Softly | TOP | Jennifer Wanes - Jennifer  >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。