好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crystal Gayle - Don't It Make My Brown Eyes Blue

前回のトム・ウェイツを繋がりで、今回はクリスタル・ゲイルを取り上げます。二人にどういう関係あるというと、トム・ウェイツが担当したフランシス・フォード・コッポラ監督の映画『One From The Heart』(1982年公開、フレデリック・フォレスト、ナスターシャ・キンスキーらが出演)のサウンドトラックにクリスタル・ゲイルも参加。3曲をウェイツとのデュエットで、3曲をソロで歌っていました。

クリスタル・ゲイルは1951年にアメリカのケンタッキー州に生まれたカントリー・シンガーです。長い黒髪としなやかで伸びのある歌声をトレード・マークとして1970年にデヴューし、1977年には「Don't It Make My Brown Eyes Blue(邦題:瞳のささやき)」が大ヒットして日本でもその名が知られるようになりました。なお、実の姉はアメリカを代表するカントリー・シンガーのロレッタ・リンです。




Don't It Make My Brown Eyes Blue
こんなに憂鬱な気分になってどのくらい経つのかしら
あなたに何があったのかわからない
誰かいい人ができたのね
私の鳶色の瞳がブルーになってしまうわ

あなたがいなくなれば私は元気になれると思う
でも今は一晩中泣き明かすだけ
だから嘘だと言って
私の鳶色の瞳がブルーになってしまうわ

秘密を打ち明けないで いっそのこと嘘を言って
言い訳なんかしないで アリバイがあるのね
ただ愛してるって言って これ以上悲しい思いをさせないで
何か私に言葉をかけて さよなら以外なら何でもいい

あなたに冷たくしたことはなかった
大切な人だってわからなかった
でも、今はわかっているの
このままじゃ私の鳶色の瞳がブルーになってしまうわ
このままじゃ私の鳶色の瞳がブルーになってしまうわ
このままじゃ私の鳶色の瞳がブルーになってしまうわ


画像は出てきませんが、1978年のヒット「Hello I Love You」をお聴きください。


スタンダードも歌います。曲目は「Cry Me A River」。1980年代以降の彼女はカントリーのみならずポップスやゴスペルなど次第に歌うジャンルの幅を広げて行きました。1999年にはホギー・カー・マイケルの作品集をリリースしています。


映画『one From The Heart』のサントラから「Old Boyfriends」です。


情感を漂わせながらも決して大げさではなく清々しい魅力を放つクリスタル・ゲイル。落ち着いた大人の雰囲気を感じさせるシンガーの一人です。

We Must Believe in Magic/When I DreamWe Must Believe in Magic/When I Dream
(2007/05/29)
Crystal Gayle

商品詳細を見る


ワン・フロム・ザ・ハート(エクスパンディッド・ヴァージョン)ワン・フロム・ザ・ハート(エクスパンディッド・ヴァージョン)
(2004/03/24)
クリスタル・ゲイル トム・ウェイツトム・ウェイツ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

本来はC/Wの部類に入るのですが
Jazzを唄わせても巧い
C/W界の人がJazzを唄うと
泣きの部分がいいですよね
今度取り上げようかと
考えているところです♪

God bless you...
Azumi様、コメントありがとうございます。
美人で歌が巧い。天はニ物を与えたという言葉がよく似合う女性のひとりですね。カントリーにとどまらず、スタンダードやゴスペルに目を向ける姿勢も好感が持てます。
Azumi様の記事を楽しみにしております。
♪Don't It Make My Brown Eyes Blue♪
は16/07/2008に取り上げておりました
C/W畑の人がJazzを唄うを
取り上げてみますね♪

God bless you...
Azumi様、追加コメントありがとうございます。
そうですか。早速拝読させてもらいます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/39-d67e4e3f
<< kenny Rankin - Professional Dreamer | TOP | Tom Waits - Blue Valentine >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。