好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paul McCartney - Loveliest Thing

 前回はフィル・ラモーン氏のプロデュースによるポール・サイモンの「50 Ways To Leave Your Lover」を記事にしました。今回も引き続きラモーン氏が関わった楽曲を取り上げさせていただきますが、ポールはポールでもポール・マッカートニーにご登場を願います。お題は「Loveliest Thing」。1989年にリリースされたCDシングル「Figure Of Eight」に収録されていた曲で、後にアルバム『Flowers In The Dirt』にボーナス・トラックとして収められました。

フラワーズ・イン・ザ・ダートフラワーズ・イン・ザ・ダート
(1995/11/08)
ポール・マッカートニー

商品詳細を見る




LOVELIEST THING
この世で君は一番美しい人
俺から逃げようたって無理さ
そんなことはさせないぜ
今までどうしてこんなぐあいに
物事に対応できなかったんだろうか
でもそんなことも今日まで
こんな風になるべきだったんだ

今日は朝まで寝ずにいよう
君がこっそりと逃げないように
許可なく
怪しまれず
何の許可も得ることなく

君の笑顔は他の誰よりも素敵だ
ああ、君が一番さ
そう、俺はすべて見て来たんだ
君が想像できないくらいの
情熱的な言葉を言ってあげよう
もしここにいてくれるのなら
ああ、どうかここにいてくれよ

君は早起きだったよね
でも涙を流さずに去って行くなんて
考えもしなかった
ただ君を愛せれば良かったのに
願いをかけよう
思いがけなく君がここに戻って来てくれて喜ぶ俺を
ああ、やっと君が戻って来てくれて嬉しいってことになるように

 ポール・マッカートニーが得意とする少しメランコリックで哀愁を帯びたメロディ。悲しくも切ない失恋の歌ですが、主人公の男性は彼女を束縛し過ぎているのではないでしょうか。これでは彼女に見切りをつけられても当然かもしれません。また、ひょっとすれば最初から男性のたんなる片思いで、妄想の中の出来事だったとも受け取れます。いずれにしてもただ強引に歯の浮くような台詞や美辞麗句を並び立てても駄目で、相手を思いやる気持ちが大切なことは言うまでもありません。
 このようにシンプルながらもドロドロとした様相の窺える歌詞ですが、あまり情感を込めない淡々としたポールの歌唱のせいか、嫌みのない印象を受けました。ポールとフィル・ラモーンによる共同作業のたまものでしょうか。最後の溜息に何とも言えない男のペーソスを覚えます。

 フィル・ラモーンさんはポールのアルバム『Ram』(1971年発表)にエンジニアのひとりとして参画。1985年にはポールがリリースしたシングル「Spies Like Us」(ジョン・ランディス監督による同名映画の主題歌。ダン・エイクロイド、チャビー・チェイスらが出演)でポール、ヒュー・パジャムとともに共同プロデューサーとして名を連ねていました。その後もポールのアルバム制作のために何度かレコーディング・セッションを行うものの結局1枚の作品にまとめられることなく、録音された楽曲は1986年8月に録音されたこの「Loveliest Thing」同様、CDシングルの中の1曲として分散されて陽の目を見るという状況に至ります。
 
スポンサーサイト

コメント

こんにちは^^
失恋の内容とはいえ、ポールらしい素敵な曲ですね。
確かにちょっとドロドロした感じですよね^^;
1986年の曲なんですかー。
saya様、訪問していただき誠にありがとうございます。
たとえ歌詞の内容がドロドロとした人間関係が描かれようとも、ポール・マッカートニー節と言える哀愁を帯びた切ないメロディが後味の良い歌に変えてしまいます。これも彼一流の音楽のマジックというものなのでしょうね。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/389-e81333a7
<< Jennifer Wanes - Jennifer | TOP | Paul Simon - 50 Ways To Leave Your Lover >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。