好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Parade - Sunshine Girl

 隣国の大気汚染が懸念されております。春先には偏西風に乗って大量の汚染粒子PM2.5が日本を覆い尽くすとか。近年、やはり隣国からの黄砂が風物詩として定着している感がありますが、両者がデュオを組んでの来襲となれば堪ったものではありません。さらに花粉を加えてトリオ編成となればと想像するだけで悪寒が走り、くしゃみが出そうです。
 さて、前回はロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズを記事にしました。このバンドのメンバーであるマレイ・マクレオドは同時期にザ・パレードというバンドでも活動。今回は彼らが『The Parade』のオープニングを飾る「Sunshine Girl」をお題とします。パレードはスモール・サークル・オブ・フレンズ同様の3人組。このように音楽で人を癒し、和ませてくれるトリオなら大歓迎です。

パレード(紙ジャケット仕様)パレード(紙ジャケット仕様)
(2012/04/18)
パレード

商品詳細を見る




SUNSHINE GIRL
お互いに触れ合い、彼女は俺の心の奥深くに触れた
胸を揺さぶられるぐらいの衝撃を覚え、夜は更けぬまま
彼女の瞳に口づけをすると
俺の前に跪き、ワインを注いだ
そして彼女が話し出すと火がついたように
心は激しく燃え上がった

君はサンシャイン・ガール、俺の傍にいてくれ
サンシャイン・ガールよ、傍にいて
今宵は俺の傍にいてくれ

本当に理想的なことさ
想うは君のことばかりなんて初めてのこと
聞こえるのはぱちぱちと鳴る火の音
その時突然、夜が更けて行った
夜明けの薄暗さの中に陽光が差す
俺は彼女の手を取り、朝を駆け抜けて行った

 パレードのメンバーは俳優経験のあるマレイ・マクレオド、スモーキー・ロバーズ、そしてフィル・スペクター門下でスタジオ・ミュージシャンやプロデューサーの修行をしたジェリー・リオベルの3人。1967年3月にリリースしたデビュー・シングル、「Sunshine Girl」は全米20位まで上昇するヒットとなりました。以後も数枚のシングルを発表し、1968年にファースト・アルバムが発売される予定だったものの直前にお蔵入り。バンドも1968年に解散の憂き目に遭います。
 時は流れて1988年。母国アメリカはもとより、世界に先駆け日本独自でCDとしてパレードは陽の目を観ることになりました。これも後に「渋谷系」と言われることになるアーティストの方々の功績なのでしょうか。日本全国を席巻するほどのブームを巻き起こしたホイチョイ・プロダクション制作の映画が関西で話題にならなかったように、京都在住の私には「渋谷系」なる文化や現象が今ひとつ捉えきれないままです。

 アルバムからもう1曲、「I Can See Love」。


i can see love
今日は何だかいい気分、雲は流れて去って行く
そして空は澄んでいる
ああ、そうだ、今の俺には見えるんだ
俺の立っているところから愛が見えるんだ

手を伸ばせば君がそこにいる
雲の中に入り傍に立つのは君
今、俺の夢が漂いながれる場所へ
俺を連れて行く愛が分かるんだ

太陽が沈み、夜が主張するかのようにやって来る
俺はこんな風な自由を信じている
今、君の瞳は俺を見つめる
ああ、そうだ、俺には見えるんだ
俺の立っているところから愛が見えるんだ

部屋に明かりが差す
そうさ、俺の立っているところから愛が見えるんだ
手を伸ばせば君がそこにいる
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/383-3d76bf69
<< The Sandpipers - Misty Roses | TOP | Roger Nichols & The Small Circle Of Friends - Don't Take Your Time >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。