好きな音楽のことについて語りたいと思います。

The Byrds - We'll Meet Again

 某公共放送による年末恒例の歌合戦の後は、「ゆく年くる年」なる番組が放送されています。お気に入りの女性ヴォーカル・グループを目当てにその歌合戦を観たのは遥か昔の少年時代のこと。以来、年越しの時間にわざわざチャンネルをあわせることがなく、何年も「ゆく年くる年」を観ておりません。除夜の鐘が鳴り響く日本各地の寺院の様子や初詣に参拝する人々の姿が映し出されるのを観て厳かな気分になった記憶が、頭の片隅に僅かながら残っているだけです。
 さて、そんな話と関係ありませんが、当ブログも年末押し詰まった雰囲気を少しでも醸し出す選曲を心掛けることにしました。お題は「We'll Meet Again」。ザ・バーズが1965年にリリースしたアルバム、『Mr. Tambourine Man』のラストを飾る曲です。


Mr. Tambourine ManMr. Tambourine Man
(1996/03/07)
Byrds

商品詳細を見る

1. Mr Tambourine Man
2. I'll feel a whole lot better
3. Spanish Harlem incident
4. You won't have to cry
5. Here without you
6. Bells of Rhymney
7. All I really want to do
8. I knew I'd want you
9. It's no use
10. Don't doubt yourself babe
11. Chimes of freedom
12. We'll meet again
13. She has a way
14. I'll feel a whole lot better
15. It's no use
16. You won't have to cry
17. All I really want to do
18. You and me

国内盤も新装再発売。

ミスター・タンブリン・マンミスター・タンブリン・マン
(2013/03/06)
ザ・バーズ

商品詳細を見る




WE'LL MEET AGAIN
再び会いましょう、どこでいつかは分からないけれど
でもきっといつか会えるさ、ある晴れた日に
君はいつもの笑顔を絶やさぬように
青空が暗雲を追い払うまで
ある晴れた日に、ある晴れた日に
ある晴れた日に
再び会いましょう、どこでいつかは分からないけれど
でもきっといつか会えるさ、ある晴れた日に

君はいつもの笑顔を絶やさぬように
青空が暗雲を追い払うまで
ある晴れた日に、ある晴れた日に
ある晴れた日に

 生きていれば別れてもまた会えると歌う、「We'll Meet Again」。もともとイギリスの女性シンガー、ヴェラ・リンが1939年に発表した曲で、1943年には彼女が主演した同名ミュージカル映画の主題歌にもなりました。ザ・バーズは1964年に公開されたスタンリー・キューブリック監督、ピーター・セラーズ主演の映画『Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb(邦題:博士の異常な愛情)』のエンディングに使用されていたことにインスパイアされてレコーディングした模様で、「次回のアルバムをお楽しみに」といったメッセージも込められているようです。
 
 こちらがヴェラ・リンのオリジナル・ヴァージョン。


 映画『博士の異常な愛情』より。核爆弾が次々と爆発する衝撃的なエンディングです。


 この曲は出征して行く兵士の間で人気があったとのことです。家族や恋人を残して戦地に赴く彼らの心情と重なるところがあったのでしょう。ヴェラ・リンが兵士たちを慰問したと思しき映像が残されているので、宜しければご覧ください。


 この曲は数多くのアーティストによって歌い継がれております。男の哀愁と帰還出来ぬかもしれない心境が滲み出たジョニー・キャッシュの名唱をお聴きください。2002年発表のアルバム 『American IV: The Man Comes Around』に収録。


 ジュリー・アンドリュースも1974年に放送されたTVショーの中で歌っていました。


 1966年にリリースされたザ・タートルズのヴァージョンはバーズとはまた違った陽気なフォーク・ロックにアレンジされています。


 それではフランク・シナトラ御大の歌声でお開きにしましょう。1962年の 『Sinatra Sings Great Songs From Great Britain』に収録されています。年末を意識したと述べましたが、再会を望む歌によってまるでブログの終了を連想させるようなムードになってしまいました。今後も稚拙な内容ながら細々と続けて行く所存ですので宜しくお願い申し上げます。


 さて、再会と言えば年の瀬に政権が交代し、一度挫折した総理の再登板という稀有な出来事が起こりました。保守の側にいる方々からは概ね歓迎の声。ところが、リベラルの側にいる皆様はこの総理をタカ派と攻撃したり、「経済が良くなれば暮らしが良くなる時代ではない」との趣旨の批判をしたりと、彼を再び奈落の底に落とそうと手ぐすねを引いておられるようです。今の日本の現状を鑑みると日本人同士が争っている余裕などありません。原発およびエネルギー問題、自衛隊の国防軍への改組、憲法改正、領土問題など隣国との関係や国民的議論を要する難題はさておき、景気回復、震災に見舞われた東日本の復興、拉致問題の解決など全速力で取り組んで答えを出さねばならないことが幾つか待ち受けています。党の政策や総理の動きに厳しい目を向けるのは当然のことながら、同時に捲土重来に賭けるのも一考の余地があるのではないでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

バーズのLPを持ってるし、映画『博士の異常な愛情)』も観に行ったけど、両者がこの曲”We'll Meet Again”でつながっていたとは、気づきませんでした!
Backstreetさんありがとう。良いお年をお迎えください。
moondreams様、ご無沙汰しております。
国威高揚とも反戦歌とも受け取れる歌ですが、バーズは独自の解釈で爽やかに仕上げていました。初期のライヴではしばしば演奏されたそうです。
どうぞ良いお年をお迎えください。
新年あけましておめでとうございます。
Backstreetsさんにとって2013が良い年となりますようにお祈り申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。
新春のお慶びを申し上げます。
いつも東京近郊の神社の紹介をしていただきありがとうございます。京都とは少々雰囲気が異なり、興味深く拝読させてもらっています。
たっつん様にとって2013年が良い年となるようにお祈り申し上げます。
拙いブログですが、本年も宜しくお願い致します。
あけましておめでとうございます。
「We'll Meet Again」をこんなに多くのシンガーが歌っていたのですね。それぞれが個性的でどれもいいですね。
mikitaka08様、明けましておめでとうございます。
各人が独自の解釈で歌える曲の強みでしょうか。
どうぞ、本年も宜しくお願い申し上げます。
謹賀新年(礼&笑い)
今年も素敵な曲を紹介してください!
Kashin様、新春のお慶びを申し上げます。
拙いブログですが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
最初のYouTubeは、ジョージ・ハリスンも歌っているのかと思ったら、亡くなったミュージシャンの写真のスライドショーだったんですね。
ヴェラ・リンの静かなバージョンもいいですし、タートルズのもかっこいいですね。ピアノの音も良かったです。
saya様、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
国威高揚の歌にも反戦歌にもラヴ・ソングにも受け取れる「We'll Meet Again」。このあたりがアーティストにとっても、リスナーにとっても惹き付けられる一因になっているのでしょうね。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/378-0a87c122
<< Jackson Browne - I Am A Patriot | TOP | Stephen Bishop - The Christmas Song >>