好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Beatles - You Like Me Too Much

 今回はジョージ・ハリスンがビートルズ在籍時代に発表した曲、「You Like Me Too Much」を取り上げることにしました。秋の夜長が感傷的な方向へ誘うのか、満を持して吹くかのような北風が肌を刺すせいなのか、妙に感傷的になり、心の中にしかいない人のことを思い浮かべてしまう今日この頃です。

ヘルプ!ヘルプ!
(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る

1. Help! (2009 - Remaster)
2. The Night Before (2009 - Remaster)
3. You've Got To Hide Your Love Away (2009 - Remaster)
4. I Need You (2009 - Remaster)
5. Another Girl (2009 - Remaster)
6. You're Going To Lose That Girl (2009 - Remaster)
7. Ticket To Ride (2009 - Remaster)
8. Act Naturally (2009 - Remaster)
9. It's Only Love (2009 - Remaster)
10. You Like Me Too Much (2009 - Remaster)
11. Tell Me What You See (2009 - Remaster)
12. I've Just Seen A Face (2009 - Remaster)
13. Yesterday (2009 - Remaster)
14. Dizzy Miss Lizzy (2009 - Remaster)



YOU LIKE ME TOO MUCH
今朝、君はここを飛び出して行ったけれど
夜には戻って来るはずさ
「私を優しく扱ってくれないと
もうこれきりっよ」なんて言いながらね

君が俺を捨てるなんてありえない
そうだろう
君は俺のことをすごく好きだし
俺も君が好きだから

前にも俺のもとを去ろうとしたけど
君にそんな度胸はない
俺を淋しくさせようとぷいと出て行く
君のすることはせいぜいそのくらいさ
 
本当に君が好き
信じてくれたら嬉しいよ
置き去りにされたら俺は後を追う
本来いるべきところに君を連れ戻すよ
君とサヨナラするなんて耐えられない
俺が悪かったと認めるよ

君を手放しやしない
わかるだろう
君は俺のことをすごく好きだし
俺も君が好きだから

 1965年8月6日にリリースされたアルバム、『HELP!』はキー・ボードがこれまでにも増して導入され、サウンドに厚みが加えられています。従来通りギターの音色はビートルズ・サウンドを形成するにあたって重要な役割を果たしていますが、鍵盤楽器を随所に取り入れたことでの新鮮な響きが印象的。この「You Like Me Too Much」ではポール・マッカートニーとプロデューサーのジョージ・マーティンが1台のグランド・ピアノで別々の音階を弾くイントロに始まり、ジョン・レノンがエレクトリック・ピアノで終始伴奏のリズムを刻んでいました。 

 ジョージがパティ・ボイドにプロポーズしたのは1965年12月。時期的には彼女のことを歌っていると思われます。歌詞の内容から察するに相思相愛の信頼関係が窺えるものの、ジョージの本音としては心配でたまらなかったのかもしれません。1960年代後半に一世を風靡したツィッギーに影響を与えたと言われる美人モデルのパティ。ジョン・レノンやミック・ジャガーやエリック・クラプトンも彼女に惹かれて口説き落とそうとしていたらしく、ジョージにすれば友人であっても油断禁物といったところだったのでしょう。でも、結局はお互いの浮気が災いして1974年に離婚する運命を辿ります。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは^^
同じ"Help!"に収録されている"I Need You"に続くジョージの自作曲ですね。
ギターではなく、ピアノ基調の曲ですね。
ジョージとパティが離婚したのは、1974年のことだったんですね・・・。それから4年後の1978年にオリビアとの間に一人息子のダーニを授かり、再婚するんですね。
明日はジョージの命日ですね。私も明日はジョージの曲を紹介しようと思っています。
saya様、訪問していただき誠にありがとうございます。
アルバム『Help!』にはジョージの自作が2曲も含まれており、キーボードを導入したサウンド面ともども新境地を開くといった風情です。
パティはジョージとの離婚後、エリック・クラプトンと再婚しましたが、またもお互いの浮気が原因で1989年に別れてしまいました。人生はなかなかうまくいかないものです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/374-bae01eda
<< The Beatles - Bad Boy | TOP | Ry Cooder - Mutt Romney Blues >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。