好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Neil Young - Only Love Can Break Your Heart

 8月にリリースされたリッキー・リー・ジョーンズの新譜、『The Devil You Know』はカヴァー集です。彼女は既に何枚かのカヴァー・アルバムを出しているのですが、今作も興味深い選曲がなされていました。その中でひときわ目を引いたのはニール・ヤング作の「Only Love Can Break Your Heart」。彼が1970年8月に発表したアルバム『After The Gold Rush』に収録されていた曲です。今回はリッキー・リー・ジョーンズといきたいところですが、ニール・ヤングのオリジナル・ヴァージョンをお題とさせていただくことにしました。

After the Gold RushAfter the Gold Rush
(2009/07/20)
Neil Young

商品詳細を見る

1. Tell Me Why
2. After the Gold Rush
3. Only Love Can Break Your Heart
4. Southern Man
5. Till the Morning Comes
6. Oh, Lonesome Me
7. Don't Let It Bring You Down
8. Birds
9. When You Dance You Can Really Love
10. I Believe in You
11. Cripple Creek Ferry



ONLY LOVE CAN BREAK YOUR HEART
まだ若くて自分の力で何とかしていた時
ひとりぼっちでいるってどんな気分だった?
俺はいつも自分がやってたゲームのことを考えていたよ
自分の人生で最高の瞬間にしようと一生懸命に

でもねぇ、愛って奴だけは人の心を引き裂けるんだよな
最初からまっ正直に事にあたらなきゃね
そうさ、愛って奴だけは人の心を引き裂けるんだよ
自分の世界が粉々になるとしたらどうなる?

俺には一度も会ったことのない友がいる
奴は俺の夢の中に頭を隠してるのさ
誰か奴を呼び出してくれよ
そして奴がちゃんと出て来れるかどうか確かめてくれ
奴は一皮むけるようにならなくちゃね

でもねぇ、愛って奴だけは人の心を引き裂けるんだよな
最初からまっ正直に事にあたらなきゃね
そうさ、愛って奴だけは人の心を引き裂けるんだよ
自分の世界が粉々になるとしたらどうなる?

俺には一度も会ったことのない友がいる
奴は俺の夢の中に頭を隠してるのさ

そうさ、人の心を引き裂けるのは愛だけなんだ

 この曲はグラハム・ナッシュとジョニ・ミッチェルの関係が終わったことを描いたとされています。すなわち夢の中の友とはナッシュを指し、失恋した彼に現実を受け入れよと諭しながら慰めていたと解釈できますが、本来はニール・ヤング自身の経験に基づいて創作されたとも言えるでしょう。周囲を顧みることなく自信過剰のままに誰かを愛しても苦しみや痛みが待ち構えていると説き、億劫なもうひとりの自分に対しては自立心を促すかのようなメッセージが受け取れます。少しセンチメンンタルなメロディーに乗せ、こんな風に説教がましくなく人生や愛をシンプルに語れるあたりがニール・ヤングの魅力であり、リスナーの心をとらえて離さない所以なのかもしれません。

 カーラ・ボノフでお馴染みのナンバー、「Walking The Room」の作者であるジャッキー・デシャノンのカヴァー・ヴァージョンです。1972年のアルバム、『Jackie』に収録されていました。
 ジャッキー・デシャノンはフォーク・ロックの元祖と言える存在なのですが、日本ではその名があまり知られておりません。決して美声でなく少し癖のある歌い方が美貌とミス・マッチしている印象さえ窺えますが、優れたソング・ライターでもあり、キム・カーンズに取り上げられた「Bette Davis Eyes」は1981年に全米で9週連続1位の記録的な大ヒットを打ち立てました。


 1995年にデビューしたアイルランド出身の兄妹からなるザ・コアーズのヴァージョン。2002年の『Live in Dublin』 に収録されています。 伝統的なケルト音楽と現代的なポップスが融合されたサウンドには定評があり、2000年のアルバム『In Blue』、シングル・カットされた「Breathless」は全英チャート1位を獲得しました。2006年より活動が休止されている状況が残念です。


 リッキー・リー・ジョーンズのヴァージョン。けだるい歌声が独特の雰囲気を醸し出しています。



Devil You KnowDevil You Know
(2012/09/13)
Rickie Lee Jones

商品詳細を見る


 画像が悪いのですが、ニール・ヤングとポール・マッカートニーが共演したライヴ映像がありました。宜しければご覧ください。


 この他にもロンドン出身のグループ、セント・エティエンヌが1991年にダンス・ミュージックにアレンジされたヴァージョン(1991年リリース)を発表し、『After The Gold Rush』のレコーディングに参加し、ニール・ヤングのツアーにも同行した経験のある二ルス・ロフグレン(ブルース・スプリングスティーンの片腕としても活躍)も2008年のソロ・アルバム『The Loner - Nils Sings Neil 』で取り上げるなど多数のカヴァー・ヴァージョンが存在しています。

スポンサーサイト

コメント

Backstreetsさん、お久しぶりです♪

このニール・ヤングの曲を色々な人が歌っているとは知りませんでした。

この曲、劇的な曲ではないと思うのですが、何か引かれるものがありますね。
Toshinosuke様、訪問していただき誠にありがとうございます。
シングル・カットされた「Only Love Can Break Your Heart」は全米33位まで上昇するヒットになりました。オープニングを飾る「Tell Me Why」、表題曲の「After The Gold Rush」、そして攻撃性を秘めたかのような「Southern Man」などに囲まれても引けを取りません。本文でも述べましたが、哀愁を帯びたメロディ、説教じみずに愛や人生を語るあたりがリスナーのみならず、多くのアーティストにも共感を得られる理由のひとつかもしれません。
こんにちは

Jackie De Shanonnは、才能あるソングライターですね。60年代の映像とか見るとアイドルのような感じなのに英国のアーティストも作品を多数取り上げていて、日本で話題にならないのが不思議です。自分も「3人のゴースト」の"Put A Little love In Your Heart"から知りました。またいろいろ教えてください。
HY様、訪問していただき誠にありがとうございます。
才色兼備といった雰囲気のジャッキー・デシャノン。おっしゃる通り日本で評価が低いのが残念です。また、他人に提供した曲がヒットし、自身が歌った曲は他人の作品という不思議な傾向を持った人でもあります。
こちらこそ今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。
Backstreets様、始めまして。
当方のブログ「Weekend In 心は L.A.」に来訪ありがとうございました。
Fusion,Jazzを中心に聞いているのですが、学生時代に聞いた70から80年代のロックも時々ふっと聞いてしまうことがあります。CSN&YやNeil Youngは、なんだか落ち着きますよね。

この素晴らしいブログ、リンクさせてもらいましたので、お伝えします。
これからも時々、覗かせていただきます。
AKI様、訪問していただき誠にありがとうございます。
おっしゃる通り、CSN&Yやニール・ヤングを聴いていると、今でも落ち着きますね。大袈裟な表現かもしれませんが、多感な時代の音楽体験はその後の人生を左右するほど素晴らしいものです。
拙いブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/371-652f558c
 8月にリリースされたリッキー・リー・ジョーンズの新譜、『The Devil You Know』はカヴァー集です。彼
<< Art Garfunkel - Hang On In | TOP | Jackson Browne & Timothy B. Schmit - Let It Be Me >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。