好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jackson Browne - Tender Is The Night

 前回登場していただいたアメリカのジェリー・ベックリーが、「Sister Golden Hair」の歌詞はジャクソン・ブラウンの影響を受けたものだと話しているのを耳にしたことがあります。真偽のほどはさておき、内向的な主人公が、恋する相手になかなか気持ちを打ち明けられない様子を描いた「Sister Golden Hair」はジャクソン・ブラウンのラヴ・ソングと相通じるものを窺わせました。
 という訳で、今回は久々にジャクソン・ブラウンを取り上げます。お題は「Tender Is The Night」。彼が1983年に発表したアルバム、『Lawyers In Love』に収録されていた楽曲です。

愛の使者愛の使者
(2005/09/21)
ジャクソン・ブラウン

商品詳細を見る

1. Lawyers In Love
2. On The Day
3. Cut It Away
4. Downtown
5. Tender Is The Night
6. Knock On Any Door
7. Say It Isn't True
8. For A Rocker



TENDER IS THE NIGHT
通りの中の暗闇と
明かりが煌煌と灯された家々の間
心の静寂と
街に忍び寄る夜のざわめきの間
誰かが誰かに声を掛け
誰かが角を曲がり
姿が視界から消えて行く
誰かを探しているんだ
この夜のどこかで

夜は優し
愛する人をしっかりと抱きしめる時
その仕草は優し、そんな優しさが夜にはある

二人が夢見た暮らしと
現実の狭間
俺はもう再びもとに戻れない
二人が喧嘩した後では
表に出ると、人々の笑顔が目に入る
俺たちもあんなふうに過ごしてきたのだ
かけがえのない愛を追い求めている
この夜のどこかで

夜は優し
ネオン・ライトの祝福
恋の狩人にも優し、そんな優しさが夜にはある

君は今夜こそ俺を恋しくなるだろう
降参する準備が出来ているなら
誰が正しいかなんてどうでもいい
君が二人の思い出を忘れないでいるなら
今宵にもうひとつの世界が広がるのさ
優しくなれそうな気がするなら

優しく 甘く 傷つきやすい・・・ 

真昼の燃えるような太陽が激しい光を浴びせる時
交わされた言葉や事の顛末などを
憶えている奴は誰もいない
優しさは人々が求めるただの言葉
君は勝ち、俺も勝ち、でも他人から見れば二人の負けさ

優しいね
夜は優し
優しいよな
ネオン・ライトの祝福
恋の狩人にも優し
愛する人がしっかりと抱きしめてくれる時
優しいものさ
見知らぬ人にも不倫をしている奴にも
優しいね
その仕草に優しさが表れている
優しいよな
愛する人が強く抱きしめてくれているから

 タイトルをフランシス・スコット・フィッツジェラルドの小説『Tender The Night(夜はやさし)』から借用したかのような「Tender Is The Night」。小説の内容は精神が不安定な妻に翻弄され、離婚したあげくに果てに人生が崩壊して行く主人公の姿が描かれていましたが、この歌の主人公も愛する人との破局と新しい恋人を求める様子が叙情詩のように綴られています。
 アルバムのレコーディング当時、ジャクソン・ブラウンは再婚した妻であるリン・スウィーニーと既に別居状態に陥り、離婚の調停の真っ最中。ジャクソン・ブラウンの口からリンとの離婚を歌ったものだとのコメントを聞いたことがありませんが、愛情の崩壊が少なからず反映されているのかもしれません。また、この「Tender The Night」とともにアルバムに収録された「Cut It Away」は傷心から立ち直ろうという意志が示された歌で、リンとの結婚生活が破綻したことが如実に表されていたと理解して良いでしょう。ジャクソン本人は否定していますが、1980年にリリースされた前作『Hold Out』はリンに捧げられたラヴ・ソング集だったとの解釈がなされていました。しかし、3年足らずの短い時間で不幸な結末を迎えたことを報告しなければならない残酷な運命が待ち受けていたのです。
 家庭内の問題を抱えると、プロのミュージシャンと言えどもレコーディングを始め音楽活動に少なからず支障を来す恐れがあります。でも、長年の友人であり、「Tender The Night」の共作者でもあるギタリストのダニー・コーチマーが語るに、ジャクソンは私的な問題を振り払うかのように仕事に集中する毎日を送っていたとのことでした。気難しがり屋の一面のあると言われるジャクソン・ブラウンですが、責任感も強い人間であることも察せられます。

 こちらはプロモーション・ビデオ(ビデオ・クリップ)です。ジャクソン・ブラウンの相手役として出演している女性は、彼の新しい恋の相手であるダリル・ハンナ。彼女はハリソン・フォード主演の映画『Blade Runner』(1982)のレプリカント役で注目を浴び、トム・ハンクスと共演した『Splash』(1984)で人魚に扮してブレイクした女優です。
 なお、ジャクソン・ブラウンとダリル・ハンナはクラレンス・クレモンズの「You're Friend Of Mine」」のビデオ・クリップでも仲の良いところを見せつけていました。


 こちらは演奏風景のビデオ・クリップ。


 1986年3月のドイツにおけるライヴ映像です。


参考文献:『Jackson Browne - His Life And Music』マーク・ビーゴ著、水木まり訳、蒼氷社 2007年

ジャクソン・ブラウン―ヒズ・ライフ・アンド・ミュージックジャクソン・ブラウン―ヒズ・ライフ・アンド・ミュージック
(2007/11)
マーク ビーゴ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/369-f708b360
<< Jackson Browne & Timothy B. Schmit - Let It Be Me | TOP | America - AMERICA >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。