好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brian Wilson - Summertime

 ザ・ビーチ・ボーイズの大阪公演が無事終了しました。突然の豪雨で彼らの姿を目にする前に中止となった伏見桃山城キャッスルランドにおける「ジャパン・ジャム」の惨劇から33年。呪縛から解き放たれたような、忘れ物が見つかったような、胸のつかえが取れたような、ようやく気分が晴れた次第です。
 さて、公演当日。はやる気持ちを押さえながら淀屋橋へ向かう京阪電車の中で、枚方を過ぎた辺りから稲妻が走るのを何度か目にした時にあの悪夢が甦り、今回は屋内とはいえどもまた何か惨事が引き起こされるのではないかとの不安が心によぎりました。終点の淀屋橋から地下鉄に乗り換え朝潮橋に到着。大阪の空に夕立の気配はなく、京都と同じような蒸し暑い空気の中を会場である大阪市中央体育館へと足早に進みます。焦らなくとも開場までにはまだ少し時間があったのですが、前日の幕張での公演で早々とパンフレットが売り切れたとブログで報告されている記事を幾つか目にし、一目散にグッズ売り場へ。しかし、考えることは皆同じなのか、既に長蛇の列。押すな押すなと並んでいるうちに、「パンフレットは完売しました」と係員の乾いた声が響くのが耳に入りました。
 昨今の来日パンフレットといえば、「どうせ一度しか見ないだろう」との記念にもならない代物が多いようですが、今回のビーチ・ボーイズのものはレアな写真が満載された豪華絢爛版だったとの話。残念無念の気分を堪えながら入場すると、持ち物検査がなされなかったことに拍子抜け。管理の甘いプロモーターだと思うもそんな雑念を払いのけ、暫し開演を待ちながら気持ちの整理を行いました。
 小一時間が過ぎて場内の灯が消されると、ほどなくオープニング・アクトのアメリカが登場。「You Can Do Magic」、「Daisy Jane」、「 I Need You」、「Ventura Highway 」、「California Dreamin'」 、「Sister Golden Hair」、「A Horse With No Name」などの代表曲がそろい踏みでしたが、立ち上がる観客はなく、少々肩すかしを食わされた格好ながらも落ち着いた雰囲気の中で彼らを観られたことは有り難いことです。
 30分の休憩を挟みメイン・アクトのビーチ・ボーイズが眼前に。心配していたブライアン・ウィルソンも元気な姿を見せてくれました。今度は打って変わって始めから総立ちの状態。「Surfer Girl」、「Don't Worry Baby」、「God Only Knows」などお馴染みの曲が次々と飛び出し、途中休憩を挟まず、無駄なお喋りが殆どないノンストップの演奏が進められて行きます。観客は小柄な初老の男女が多かったので、私の座席からステージ中央部の視界が遮られることはありませんでしたが、元々丈夫でない我が身には1時間45分のパフォーマンスは少々きつく感じられました。
 
 ライヴの詳しい模様は他の方々にお任せするとして、拙ブログではステージで演奏されることがなかった曲を今回のお題とさせていただきます。その曲は2010年にリリースされたブライアン・ウィルソンのソロ・アルバムに収録されていた「Summertime」。夏が過ぎ行く前に取り上げておきたい1曲です。

ブライアン・ウィルソン・リイマジンズ・ガーシュウィンブライアン・ウィルソン・リイマジンズ・ガーシュウィン
(2012/05/09)
ブライアン・ウィルソン

商品詳細を見る




SUMMERTIME
夏が来ると
暮らしも落ち着き
魚が飛び跳ね
綿花も育つ
父さんはしこたま金を稼ぎ
母さんは器量よしに見える
だから良い子よ、泣くのはおよし

ある朝いつか
おまえは歌い出し
翼を広げ
大空に羽ばたいて行くだろう

けれどもその朝がやって来るまで
災難に遭うようなことはない
父さんと母さんがおまえの傍にいるから

 夏は暑くて当たり前ですが、お盆を過ぎても猛暑は一向に収まりません。今夏は電力不足が予想されるので冷夏になれば良いと言った御仁もおられましたが、不順な気候によって農作物の生育が悪化して供給不足から価格の高騰を招き、さらに夏物衣料、エアコンなどの家電、飲料水などの消費が落ち込みます。プールや海水浴場やビア・ガーデンは閑古鳥。こうしたことが景気下落の要因となり、雇用や収入にも悪影響を及ぼしかねません。
 話が脱線しかけました。さて、「Summertime」は1935年にジョージ・ガーシュウィンが、エドワード・デュポーズ・ヘイワードの小説『Porgy』をオペラ化した『Porgy and Bess(ポーギーとベス)』の中で歌われる楽曲です。物語は1920年代のアメリカ南部サウスカロライナ州チャールストンの黒人居住区を舞台とし、奴隷制度が廃止されても一向に差別が改善されす、地位向上もままならぬ閉塞感や絶望感が描かれていました。
 歌の中では綿花が育てば金になると歌われていますが、南北戦争後、綿花栽培は世界市場の変化に対応できぬまま競争力を失い、価格は下落の一途を辿って行きました。原価割れという厳しい現実に向き合う中で、南部の農民の多くは他の作物に転向する器用さはなく、敢えなく土地を手放す農家も続出していたのが現状です。また、黒人で自分の土地を所有している者は少なく、殆どが雇われの身であり、せいせいが小作人だったと推測されるでしょう。どのみち黒人農家には大金を稼ぐことは夢物語だったと思われます。それでも後半の歌詞では子供の成長を願いながら未来を託すような内容となっており、ささやかな希望を見出す前向きな意志が窺えました。

 2600を超えるカヴァー・ヴァージョンが存在するとされる「Summertime」ですので、とても全部は紹介しきれません。申し訳ございませんが、個人的にお気に入りのものを何曲か紹介させていただきます。
 まず、「レディ・デイ」の呼称で知られるビリー・ホリデイ。麻薬やアルコールに溺れながらも人種差別と闘った彼女の壮絶な人生が凝縮されているような哀感が漂い、救いようのないほどのやるせなさが伝わってきました。1936年にリリース。


 ソウル/R&Bのトップ・スターとして黒人のみならず白人にも人気を博したサム・クック。彼に影響を与えられたアーティストは枚挙に暇がありません。サム・クックの歌声にも黒人がおかれていた立場が滲み出ているように受け取れました。1957年の『Sam Cooke』などに収録。


 こちらはオルタネイト・ヴァージョン。


 インストゥルメンタルを1曲。マイルス・ディヴィスのトランペットがフィーチャーされたヴァージョン(1958年の『Porgy And Bess』に収録)が有名ですが、ジョン・コルトレーンの奏でるサックスも味わい深いものです。1961年の『My Favorite Things』に収録。


 シンプルなアコースティックな風合いが印象的なピート・シーガーのヴァージョンは1962年リリースの『American Favorite Ballads - Songs and Tunes, Vol. 5 』に収録。


 ロカビリー・サウンドにアレンジされたリック・ネルソンのヴァージョンは1962年リリースの 『Album Seven by Rick』に収録。


 ジャズとロックとソウルのアーティストによるコラボレーション。ハービー・ハンコック(ピアノ)、ジョニ・ミッチェル(ヴォーカル)、スティーヴィ・ワンダー(ハーモニカ)の共演です。激しい感情を表に出さず、淡々と歌い上げてることによって却ってやりきれない苦しさや痛みが浮かび上がって来るようです。1998年にリリースされたハービー・ハンコックのアルバム『Gershwin's World』に収録。


 ポール・マッカートニーによるヴァージョン。今年の2月に発表されたジャズ/スタンダード集『Kisses On The Bottom』を巡り、ファンの間で賛否両論が巻き起こりました。ビートルズ時代からポールはスタンダードを得意としており、この「Summertime」も難なく歌いこなしています。1991年に再発(最初のリリースは1988年)された 『Снова в СССР』に追加収録されていました。


 お開きはやはりジャニスの歌声で。人生は無情であり、未来への希望は虚しいと思えるほどの非痛な叫びに聴き取れます。1968年にビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー名義で発表された『Cheap Thrills』に収録。


 この他にもヘレン・メリル(1957年の『The Nearness of You 』に収録)、アンディ・ウィリアムス(1962年の『 "Danny Boy" and Other Songs I Love to Sing』に収録)、ランディ・バックマン(2004年の『Jazz Thing』に収録)、オリヴィア・ニュートン・ジョンの(2004年の『Indigo - Women of Song』に収録)など興味深いカヴァー・ヴァージョンは枚挙に暇がありません。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。ご無沙汰しております。私もやっと胸のつかえがとれました♪
summertimeの競演。素晴らしいです。じっくり堪能させて頂きます。
Facebookの方で、URLを知っていればご覧になれる当日の幕張の様子をアップしておきましたので、よろしければ♪

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.355340024540527.80397.100001935969335&type=3&l=8ef8c3a0de
skydog様、訪問していただき誠にありがとうございます。
33年前のお詫びの印というわけではないのでしょうが、アメリカを引き連れて来てくれて、とても素晴らしいコンサートになりました。
幕張の様子を見せていただきました。緑に囲まれた環境の良い会場ですね。
こんばんは。
大阪公演も素晴らしい内容のようですね。FBの仲間が昨日の香港公演をレポートしてくれましたが、休憩を挟み3時間近くのステージだったようで、お祭り騒ぎだったみたいです。
過去の歴史を踏まえた上での来日という事実を考えると、やっぱりあの公演はすごく貴重な、ひょっとしたら自分の音楽人生の中でも有数の出来事だったのかもしれません(大袈裟ですかね)。
ブライアンの「Summertime」、初めて聴きましたが、う~ん、個人的にはやっぱりポップスのブライアンが好きかな。
240様、訪問していただき誠にありがとうございます。
日本以外の国ではビーチ・ボーイズ単独なので長丁場のステージとなり、今回サポート役に徹していたブルース・ジョンストンが、「Disney Girls」を歌う日もあったと聞きます。外された曲がかなりあったようですが、アメリカの姿を拝めたのは貴重なことだったと思います。
黒人、白人を問わず「summertime」をカヴァーするアーティストは枚挙に暇がありません。アメリカ人にとってガーシュウィンの存在は大きいものだと痛感させられます。
どうも、ビーチボーイズは世代的にも上なので、縁がありませんが(それでもペット・サウンドは、持っていますが)
アメリカがオープニング・アクトですか??
それだけでも、見たいなぁ~^^;すいません。
kuwa様、訪問していただき誠にありがとうございます。
アメリカのライブが終了した休憩時間、私の近くに座っていた私と同年代と思しき夫婦らしきカップルの傍に彼らの友人と思われる男性がやって来て会話が交わされ、「アメリカ、良かったなぁ。もちろんビーチ・ボーイズが目当てやけど、アメリカだけでも十分なぐらいやで。俺はアリーナの前のほうの席が取れたんやけど、周囲には若い子が多く、ノリがもうひとつやった。あいつらアメリカのことを知らんのやろな」と言っているのを耳にしました。ビーチ・ボーイズの演奏時間が少々削られたようですが、アメリカのパフォーマンスはそれを補って余りあるほどの素晴らしいものでした。
こんばんは。
テンプレートが替わって、全体に涼しい雰囲気になりましたね。
ビ−チボーイズのコンサートは、昔と変わらないノリノリで終了したのでしょうか?!彼らの頭の柔らかさは良いですね!
サムクックのオルタネイト・ヴァージョンは嬉しいです

わたくしめはジャニスによってこの曲を知りました

もっと長く生きていてほしかったですね!
yokoblueplanet様、訪問していただき誠にありがとうございます。
前回はオリンピックとザ・ローリング・ストーンズに因んで「London」をあしらったテンプレートにしました。今回はザ・ビーチ・ボーイズということで青空にでもしようかなと思いましたが、残暑が続くようなのですっきりしたものを選んだ次第です。
ビーチ・ボーイズの面々は70歳前後の翁。1時間45分のステージをほぼノンストップで展開することに頭が下がります。やはり健康が一番ということでしょう。
拙いブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。
かめぱぱ様、訪問していただき誠にありがとうございます。
洗練されたサム・クックの歌声や全身全霊が込められたジャニス・ジョプリンの叫びは今なお色褪せません。
私もリアルタイムでサム・クックやジャニス・ジョプリンを聴いていた訳ではありませんが、二人がもっと長生きしていれば、現在の音楽界が大きく変わっていたように思います。
拙いブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。
コメントを残すのは、随分ご無沙汰してしまっていますが・・・。
突然すみません。

大阪公演だったんですね!
同じ会場にいさせていただいていたとは。

実は私はその大阪でパンフレットをギリギリ買えました。
本当にギリギリで、私の次で売り切れました。

いやはや、本当に夢のような来日公演でした。
一生忘れないと思います。

「Summertime」集、良いですね〜。
確かに気づくと、色んな「Summertime」聴いてきましたね。
ベンジャミン様、訪問していただき誠にありがとうございます。
パンフレットが購入出来て良かったですね。管理の甘そうなあのプロモーターさんでは、「ファンの熱い要望に応えてパンフレットを増刷して通信販売」なんて考えにくいでしょう。
ザ・ビーチ・ボーイズの皆さんは年齢を重ねられても元気ですね。彼らに負けじとばかりに、観客の中の多くを占めていると思しき団塊の世代の方々の溌剌とされた様子も印象的でした。いつまでも健康でいることが一番大事かとつくづく思います。
e-343こんばんは。

Backstreetsさんは大阪のライブに行かれたのですね。

私は名古屋に行きました。
アメリカは「名前のない馬」しか知らなくて
それが聴ければ良しとしよう!と後半から場内に入りましたが
彼らの演奏・ハーモニー共にとても良く最初から観るべきだったと後悔しました。

名古屋でも最後まで席を立つ人がいなくて残念に思いました。
ライブは立って踊りながら観るのが好きです。
今回は張り切り過ぎて「ヘルプ・ミー・ロンダ」でジャンプした拍子に
足を痛めてしまいました。情けないです。

話が脱線してしまいました。
ビーチ・ボーイズの時にも立たないのかな・・・と不安になりましたが
登場直後からオールスタンディングで安堵しました。

彼らのバラードが特に好きなのでそれを楽しみにしていましたが
ライブではアップテンポな曲が特に良かったです。

本当に夢の様な時間でした。
shoppgirl様、訪問していただき誠にありがとうございます。
幕張の公演ではクリストファー・クロスが飛び入りし、名古屋公演ではブライアン・ウィルソンがベースを手にしたと聞きました。少々羨ましい気分です。
踊りたくなるようなライヴが最高ですが、アリーナで総立ちになるとステージが見えなくなることが懸念されます。前方の席が小柄な女性ばかりなら良いのですが、関取やプロレスラーを彷彿させるような厳つい男性が何人も並んだならば泣き寝入りするしかありません。元々丈夫なほうでなく、さらに体の衰えを感じるようになった昨今、バラード曲の時ぐらいはおとなしく座って聴き入りたいものです。
バラードといえば、「The Girl On The Beach」や「Disney Girls」が演奏されなかったのが残念でした。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/366-1a9face4
<< The Beach Boys - Cotton Fields | TOP | The Rolling Stones - Country Honk >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。