好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Rolling Stones - Country Honk

 今年はザ・ローリング・ストーンズ結成50周年。サントリーが、ストーンズのアイコンとして有名な“Lips & Tongue"をデザインしたアルコール飲料を発売したり、『レコード・コレクターズ』8月号が、「ローリング・ストーンズ・ベスト・ソングズ 100」と題する特集を組んでいました。拙ブログでも、個人的にお気に入りの曲についてあれこれ世迷い言を述べてきましたが、今回も少しばかり語らせていただくことにします。

レット・イット・ブリードレット・イット・ブリード
(2010/11/24)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る

1. Gimme Shelter
2. Love In Vain
3. Country Honk
4. Live With Me
5. Let It Bleed
6. Midnight Rambler
7. You Got The Silver
8. Monkey Man
9. You Can't Always Get What You Want

 ストーンズの「Honky Tonk Women」と言えば、シングルでリリースされたこのヴァージョンがよく知られています。


 しかし、今回のお題として選んだのは「Country Honk」。1969年発売のアルバム『Let It Bleed』に収録のカントリー風にアレンジされたヴァージョンです。


COUNTRY HONK
さぁ行くぞ
俺はジャクソンのとある酒場に座って
大酒をあおっているところさ
通りでは夏の太陽が照りつける
ジャクソンには俺と情を通じた女がわんさといるんだが、
いくら飲んでもおまえを忘れることが出来ない

場末の酒場の女たちよ
なぁ、おい、俺にホンキー・トンク・ブルースを聴かせてくれよ

ニューヨークでバツイチ女と寝た
俺はその女と一悶着を起こしちまった
その貴婦人ときたら薔薇の花で着飾らせ
鼻をかませて恍惚とさせた

場末の酒場の女たちよ
なぁ、おい、俺にホンキー・トンク・ブルースを聴かせてくれよ

[訳注]
The lady she all dressed me up in roses
She blew my nose and then she blew my mind
その貴婦人ときたら薔薇の花で着飾らせ
鼻をかませて恍惚とさせた

 直訳すると「俺をすっかりバラの花で着飾らせ」という意味になりますが、シングル・ヴァージョンの歌詞では "The lady then she covered me with roses" (貴婦人は俺に薔薇のようなキスマークをつけた)と記されており、同様の意味に解釈したほうが良さそうです。
 次の「鼻をかませて恍惚とさせた」は少々意味不明。"Blew my nose" を直訳すると「鼻をかませて」となりますが、"nose"には男性器の意味があり、ここは皆様の想像にお任せし致します。情事の後に喧嘩し、また色仕掛けで陥落させられるとは。ほとほと男は意志が弱く、頭と下半身が別の生き物であるとつくづく思い知らされてしまいました。ああ、情けなや。

 車の警笛音から始まり、リラックスしたミック・ジャガーの歌声とアコースティック主体のサウンド。シングル・ヴァージョンよりもさらに猥雑なムードを醸し出しています。2006年4月にストーンズが中国公演を行おうとした際、当局から歌詞の内容が槍玉に挙げられ、「Honky Tonk Women」、「Let's Spend The Bight Together」、「Brown Sugar」、「Beast Of Burden」、「Bitch」など5曲が検閲された経緯がありました。性的表現や麻薬を連想させる箇所を指摘されたようです。「Honky Tonk Women」は暗喩、隠喩で煙幕を張っていますが、直接的な表現もあり、あの国では許可されなかったのでしょう。中国の方々の多くはよほどの英語力を備えておられるのかもしれません。

 ストーンズは「Country Honk」をステージで演奏したことがあるのでしょうか。さすがにライヴ映像が見つからなかったので、シェリル・クロウがゲスト参加した「Honky Tonk Women」を宜しければご覧ください。


 元ザ・バーズのグラム・パーソンズ率いるフライング・ブリトー・ブラザーズ(FBB)のヴァージョン。グラムがFBBを脱退したためにお蔵入りしましたが、1974年リリースの編集盤『Honky Tonk Heaven』で陽の目を見ました。グラム・パーソンズ名義の編集盤『Sleepless Nights』(1976年)にも収録されています。
 1968年にバーズがイギリス公演を行った際にストーンズとの親交が深まり、ことにグラム・パーソンズとキース・リチャーズは義兄弟の契りを交わしたかのような親密な関係に発展しました。バーズを脱退し、FBBを解雇されたグラムが、キースのプロデュースでソロ・アルバムを発表するのではという噂が囁かれたこともあります。
 アルバム・ヴァージョン『Country Honk』のレコーディングにはグラムの紹介で、後にFBBのメンバーとなるバイロン・バーラインがフィドルで参加。ソングライティングにもグラムが関わっていたとの話もありました。


スポンサーサイト

コメント

初めてお邪魔します(礼&笑い)
レット・イット・ブリードは彼らの最高傑作だと思います!
女性コーラスもうまく使っていて、今でもたまに聴きたくなります!
ケーキを崩した裏ジャケットもいいよね~?!(笑い)
kashin様、訪問していただき誠にありがとうございます。
自らのルーツに戻りながらも斬新な音作りを心掛けた『Let It Bleed』。レコーディングの途中で脱退したブライアン・ジョーンズが、平常心を保っていればさらに才覚を発揮できたと思われ本当に残念です。
拙いブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/365-6fbff7f9
<< Brian Wilson - Summertime | TOP | Jackson Browne - From Silver Lake >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。