好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leah Kunkel - LEAH KUNKEL

 梅雨明けしたので、抜けるような青空、さんさんと輝く太陽、爽やかな風がよく似合う音楽をとあれこれ思いを巡らせたところ、今回はリア・カンケルに登場していただくことにしました。前回のスティーヴン・ビショップと関わりの深い女性アーティストです。

Leah Kunkel / I Run With TroubleLeah Kunkel / I Run With Trouble
(2006/08/29)
Leah Kunkel

商品詳細を見る

1. Step Right Up
2. Under The Jamaican Moon
3. Souvenir Of The Circus
4. If I Could Build My Whole World Around You
5. Down The Backstairs Of My Life
6. Losing In Love
7. Step Out
8. Don't Leave These Goodbyes
9. I've Got To Get A Message To You
10. Fool At Heart
11. Let's Begin
12. The Only Man On Earth
13. Temptation
14. Hard Feelings
15. Never Gonna Lose My Dream Of Your Mind
16. Someone On Your Mind
17. Dreaming As One
18. Heart Of Stone
19. Fast Asleep
20. I Run With Trouble

 セカンド・アルバム『I Run With Trouble』との2in1です。

 拙ブログではリア・カンケルについて幾度も言及してきました。彼女はママ・キャスことキャス・エリオットの実妹であり、ラス・カンケルの夫人だった人です。1948年にメリーランド州のボルティモア(ワシントンD.C.という説もあり)で誕生したリア。1969年のにコットン・キャンディの名でダンヒル・レコードから「Billy」という曲でデビューするも不発に終わりました。


 デビューと前後してリアはラス・カンケルと結婚。以後はバック・アップ・シンガーに転身します。ジャクソン・ブラウンの『Jackson Browne (Saturate Before Using)』(1972年発表)収録の「From Silver Lake」におけるカウンター・ヴォーカル、スティーヴン・ビショップの『Careless』(1976年)、『Bish』(1978年)、ジェイムズ・テイラーの『JT』(1977年)、アート・ガーファンクルの『Fate For Breakfast』(1979年)などのアルバムに参加して実績を積んで行きました。また、キャス・エリオットはリアの書いた楽曲を積極的に自らのアルバムに収録しており、実の姉のサポートも心強いものだったでしょう。
 こうして着々と舞台は整えられ、ラス・カンケルのプロデュースのもとで1979年にリリースされたリア・カンケルのソロ・アルバムが、今回紹介する『Leah Kunkel』です。

 アルバムのオープニングを飾る軽快でメロディアスな「Step Right Up」。ピーター・マッキャンの作品です。当時のレーベル・メイトだったヴァレリー・カーターを彷彿させる面がありますが、後にコヨーテ・シスターズを結成するレニー(ルネィ)・アーマンドと共通する雰囲気も窺えました。ラス・カンケル(d)、リーランド・スクラー(b)、ジム・ホーン(flutes)らに加えてスティーヴ・ルカサー(TOTO)がギターで参加。なお、作者であるピーター・マッキャンのヴァージョンは1979年リリースの『One On One』に収録されています。


 こちらがピーター・マッキャンのヴァージョンです、


 スティーヴン・ビショップとの共作である「Under The Jamaican Moon」。リア・カンケルが歌詞を担当したとされています。以前に取り上げたニック・デカロのヴァージョンは叙情をそそるムーディな作りになっていましたが、少々ディスコ・サウンドを意識したかのようなリア・カンケルのヴァージョンはリズムが強調されていました。また、リアのさりげなく歌う様子からはクールで妖艶な大人の女性のイメージが伝わってきます。


UNDER THE JAMAICAN MOON
あなたは私とともに夏の夜を楽しんだ
私は雰囲気に酔いしれていた
それでいいのかよく分からなかった
ジャマイカの月の下で
世界中がおぼろげな光に包まれる
ねぇ、さぁ今なら馬鹿げたことも大丈夫

あなたが町のイースト・サイドに
戻ったと聞いたわ
二人が初めて出会った場所ね
でもあなたの心はここにある
あなたが求める愛も
ジャマイカの月の下で
世界中がおぼろげな光に包まれる
ねぇ、さぁ今なら馬鹿げたことも大丈夫

何度も何度も
あなたは鎖に繋がれた自分に気がつく
町は憂鬱と苦痛に苛まれ
永遠に変わることがない

狭苦しいところで
どのラジオも騒々しく鳴り響き
汚れたつなぎを着た汗だくの男たちが
通りを埋める
ジャマイカの月の下で
世界中がおぼろげな光に包まれる
ねぇ、さぁ今なら馬鹿げたことも大丈夫


 こちらはスティーヴン・ビショップのヴァージョン。2007年リリースの『Romance In Rio』に収録。


 ジャック・テンプチン率いるファンキー・キングスのメンバだったジュールズ・シアーのペンによる「Don't Leave These Goodbyes」。シンプルな演奏をバックに大人の恋が語りかけるように歌われています。地味ながら心に残る響きを醸し出しているキーボードはクレイグ・ダーギ。


DON'T LEAVE THESE GOODBYES
こんな悲しい時には
さりげない言葉も慰めにならない
どんなに追いすがっても
あなたの気持ちを変えることは出来ない

時々私がゆっくり話すのは
あなたに私を知ってもらいたいから
誤解しないでね
時間が長いか短いか
それはあなた次第
だけどひとつだけお願いがあるの
ふたりが愛を育んだ後で
嘘をついて
幾多の別れをあなたの人生の中に置き去りにしないでね

私が悪いとあなたは言う
でも、結果は同じ
誰かの心が傷つくものよ
愛が危うくなる時
私たちは良いところだけを見てしまい
他のところは見ないふりする
ふたりが愛を育んだ後で
嘘をついて
幾多の別れをあなたの人生の中に置き去りにしないでね

私たちは笑いながら
それそれがひとりきりでひと時を味わうの
私たちは笑い合う
そうすればあなたが行ってしまうことも殆ど忘れられる

でも、私たちはこの親切な友だちや愚かな人々が
溢れる中を切り抜けていくのよ
そうして安心な場所へ近づくの
あなたが必要とする力はあなたの顔に表れている
その力が案内するままについていってごらんなさい
ふたりが愛を育んだ後で
嘘をついて
幾多の別れをあなたの人生の中に置き去りにしないでね

 アート・ガーファンクルとのデュエットが聴ける音源。1978年にリアが、アートのバック・アップ・シンガーとして彼のツアーに同行していた頃にの録音のようです。


 アルバムの締めくくりはスティーヴン・ビショップのナンバーです。ビッシュのヴァージョンは『Bish』に収録。


 1970年代後半は多数の女性シンガーがロサンゼルスのロック・サーキットを賑わせた時代でした。リンダ・ロンシュタットが小悪魔、カーラ・ボノフが優美、ヴァレリー・カーターが繊細ならば、リア・カンケルの成熟した大人の女性の魅力が溢れているといったところでしょうか。
 余談ですが、リア・カンケルと別れたラス・カンケルはジェイムズ・テイラーと離婚したカーリー・サイモンと再婚。ところが長続きせずに再び別離。その後、アンドリュー・ゴールドと破局したニコレット・ラーソンと再々婚しますが、ニコレットが病に伏して死別という運命を辿っています。
スポンサーサイト

コメント

私も、この2IN1CD持っています(笑)あまり聞き込んでもいないのですが、バック・ボーカルとメインでのイメージの差が大きくて。。。
kuwa様、訪問していただき誠にありがとうございます。
リア・カンケルは他のアーティストのバック・アップ・シンガーとしてキャリアを積んだ人ですが、自分はメインでも歌えるという自負が常にあったのでしょうね。
なお、音楽評論家の金澤寿和さんのブログによると、SONYよりセカンド・アルバム『I Go Run With Trouble』の国内CD化が予定されていたもののリア本人から待ったが掛かって実現出来なかったそうです。もともと発売当時からリアとCBSの間でもめていたというアルバム。文字通り「トラブル」の渦中で発表された代物だったようです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/363-bc426e5a
<< Jackson Browne - From Silver Lake | TOP | Stephen Bishop - BISH >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。