好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Monkees - Valleri

 ザ・モンキーズのデイビー・ジョーンズさんが2月29日に心臓発作のため逝去されました。享年66歳。今回はモンキーズが1968年4月22日にリリースした『The Birds, The Bees & The Monkees』の中から「Valleri」を取り上げます。この曲は先行シングルとして同年3月2日に発表されて全米3位を記録。モンキーズ最後のトップ10ヒットとなりました。

Birds Bees & the MonkeesBirds Bees & the Monkees
(1994/09/20)
Monkees

商品詳細を見る

1. Dream World
2. Auntie's Municipal Court
3. We Were Made For Each Other
4. Tapioca Tundra
5. Daydream Believer
6. Writing Wrongs
7. I'll Be Back Up On My Feet
8. The Poster
9. P.O. Box 9847
10. Magnolia Simms
11. Valleri
12. Zor And Zam
13. Alvin (Prev. Unissued)
14. I'm Gonna Try (Prev. Unissued)
15. P.O. Box 9847 (Prev. Unissued Alternative Mix)
16. The Girl I Left Behind Me (Prev. Unissued Early Version)
17. Lady's Baby (Prev. Unissued Alternate Version)

 ファースト・アルバムやセカンド・アルバムは殆どの楽器演奏をスタジオ・ミュージシャンに任せていたモンキーズですが、1967年5月に発表されたサード・アルバム『Headquarters』においてほぼ自らの力でレコーディングを行うまでに腕を上げていました。同年11月のアルバム『Pisces Aquarius Capricorn & Jones Ltd.』ではスタジオ・ミュージシャンの力を借りながらも完成度の高い仕上がりを窺わせ、メンバーのペンによるオリジナル曲も多数収められていたのです。
 そんな中、ミュージシャンとして各々が成長するにつれて彼らは音楽的、さらにはバンド運営でも意見が衝突するようになりました。次第に不和が生じて分裂状態。フィフス・アルバムとなる新作は個別に腕利きのミュージシャンを集めてレコーディングを行うといった方法を取ります。そうして出来上がった『The Birds, The Bees & The Monkees』。初期を思わすデイビー・ジョーンズの甘いラヴ・ソングからマイク・ネスミス作のサイケデリック色を帯びた実験的な楽曲までヴァラエティに富んでいましたが、散漫な印象は避けられませんでした。また、この年の3月で「モンキーズ・ショー」の放映も終了。貴重なプロモーションの機会を失ったのが災いしたのか、初めてヒット・チャートの首位の座に就くことなく3位に甘んじるという結果に終わったのです。



VALLERI
ヴァレリ、愛しているよ 俺のヴァレリ
俺が知っているあの娘
彼女はとても気分よくさせてくれるんだ
ああ、俺はあの娘なしではもう生きて行けないぜ
たとえ耐え忍んで生きようとも
俺はヴァレリの名を呼ぶ
愛しているぜ、俺のヴァレリ

彼女は俺の家の玄関辺りで遊んでいたあの小さな女の子
でも今じゃ以前とは見違えるほど
俺はヴァレリの名を呼ぶ
愛しているぜ、俺のヴァレリ

ヴァレリ、愛しているぜ
俺には君が必要なんだ

 トミー・ボイス&ボビー・ハート作の激情が込められたラヴ・ソングですが、「彼女は俺の家の玄関辺りで遊んでいたあの小さな女の/でも今じゃ以前とは見違えるほど」という歌詞からは幼なじみというシチュエーションが窺われるのと同時に、昨今はやりの「年の差」カップルをも想像させました。

 こちらはエンディングがフェードアウトしないヴァージョン。



 「Valleri」は公式に発表されるかなり以前に、『モンキーズ・ショー』の中で披露されていました。こちらはその映像です。マイク・ネスミスが懸命にスパニッシュ風のリード・ギターを弾いていますが、アルバムにはジェリー・マッギーとルイ・シェルトンの名が記されていました。



 アルバムの中からもう1曲、デイビー・ジョーンズとスティーヴ・ピッツの共作「Dream World」です。60年代のポップスを特徴づけるストリングスやホーンのアレンジが施されていました。本作では同じコンビによる「The Poster」という曲が収録されており、相棒の力を借りているとはいえデイビー自ら楽曲作りに取り組む意欲が示されていたと言えるでしょう。こちらもギターはジェリー・マッギーが担当しています。



 成功を夢見る4人組のロック・バンドの周囲で起こる出来事をコメディ・タッチで描いた「モンキーズ・ショー」。日本ではTBS系列で1967年10月から1969年1月にかけて放映されていました。デイビー・ジョーンズの吹き替えは高橋元太郎さんが担当。アイドル・グループのスリー・ファンキーズ出身で小柄な体格の高橋さんはデイビーのキャラクターによく似合っていました。もっとも私はスリー・ファンキーズをリアルタイムで経験した世代ではないので、その活躍ぶりを実際に目にしたことがありません。
 高橋さんはその後、『水戸黄門』シリーズのうっかり八兵衛役で人気を集めました。食いしん坊でひょうきんな「うっかり八兵衛」は高橋さんの当たり役と言えるでしょう。でも、私には高橋元太郎さんといえばデイビー・ジョーンズの姿が浮かぶのです。
 
 幼き日の私に洋楽の魅力を教えてくれたモンキーズ。デイビー・ジョーンズさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

私も訃報を、入院中に携帯からのヤフーニュースで知りました。
もう、デイ・ドリーム・ビリーバーは聴けないのですね。。。

マイク・ネスミスは、後にカントリーミュージックへと方向が移り、何枚かアルバムも買いましたが、嗜好が合わなかったんですね・・・
ベスト盤しか持っていなかったので、オリジナルアルバムをアマゾンで大人買いしました(笑)
kuwa様、訪問していただき誠にありがとうございます。
足を怪我されて大変でしたね。お大事になさってください。
本文でも触れましたが、音楽的な自我に目覚めるに連れてメンバーの間で意見の相違が起こったようです。マイク・ネスミスは完璧主義者らしく、他のメンバーの技量に物足りなさを覚えたのかもしれません。
デイビー・ジョーンズの逝去で皮肉にもモンキーズが久々に注目され、少々やりきれない思いがします。だけど、彼らのオリジナルアルバムが、現在BOXでしか入手できない現状が残念。ボーナス・トラック満載のデラックス盤の再発を望む次第です。
デイビー・ジョーンズさんの訃報、日本のテレビでこんなにも大きく取り上げられていることに驚いている ここ数日です。
改めて、自分も含め、あの頃に小・中学生だった方々に強烈な印象を与えたモンキーズだったんだなぁと思った次第です。
ディビー・ジョーンズさん、昨年来日してたんですよね。90年代には日本のCMにリンゴと出てたのも印象的でした。

R.I.P.
skydog様、訪問していただき誠にありがとうございます。
おっしゃる通り、あの頃に小中学生だった人々がモンキーズから強烈な印象を受けたのは疑いのないことと思われます。好評を博した「アンディ・ウィリアムス・ショー」やグループ・サウンドの流行とも相まって、洋楽が身近に感じられた時代だったのかもしれません。
昨年はモンキーズ結成45周年を記念してマイク・ネスミス抜きで再結成ツアーを行っていたようですが、「ビジネスに関する内部の問題」により途中で中止に追い込まれたそうです。デイビー・ジョーンズにとってさぞかし心残りであり、他のメンバーも後悔の念に苛まれていることでしょう。
私もラジオのニュースで聞いて、びっくりしました。
モンキーズといえば、「デイドリーム・ビリーヴァー」(今seven&iのCMで、忌野清志郎による日本語バージョンが流れていますよね)や「アイム・ア・ビリーヴァー」とかがありますけど、この「すてきなヴァレリ」も「ヴァーーーーレリ♪」っていうコーラスがかっこいいですね。ドラムもすごいです。
デイビーさん、ご冥福をお祈り致しますm(_ _)m
saya様、訪問していただき誠にありがとうございます。
かっこいい曲でしょう。本文でも書きましたが、正式にレコーディングされたヴァージョンがモンキーズの演奏でないのが残念です。でも、日本公演のステージではマイク・ネスミスが華麗にリード・ギターを弾いていたとのこと。彼はミュージシャンとして一歩抜けた存在だったのでしょう。
大変御無沙汰してます。すっかりエキブロ以外チェック出来ずにおりました。
モンキーズの熱烈ファンの私にとって、ディビーの逝去は大変ショックでした。実はその前の週に、偶然にもマイクについての記事を書いたばかりでしたので。
「Valleri」のギターソロはルイ・シェルトンと思われますが、マイクもライブでは苦労してコピーしてましたね。
私はこのアルバムが大好きで、「Dream World」「We Were Made For Each Other」「I'll Be Back Up On My Feet」が大好きでした。
ちなみにアップされている曲順、私が所有しているレコード、CDとはっちょっと違うようですね。
240様、ご多忙のところ訪問していただき誠にありがとうございます。
デイビー・ジョーンズのみならず内外のアーティストの訃報が相次いでおります、多感な時期に出会った人々との別れは特に切なく、「諸行無常」を感じざるを得ません。
レコーディングでは腕利きたちに活躍の場を奪われた格好のマイク・ネスミスですが、ミュージシャンとしてのテクニックやアーティストとしての才能は秀でた存在だったようですね。モンキーズ・ショーの終盤で出演しなかった回があったのもそうした自負やプライドによるものだったのかもしれません。
兄が所有していたLP(ビクター盤)は確か "Valleri" が1曲目でした。CDでも曲順が変化しているのは興味深いところです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/335-d65d24b5
<< The Beach Boys - Good Vibration | TOP | Bonnie Raitt - SOULS ALIKE >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。