好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

George Harrison - I'd Have You Anytime

ジョージ・ハリスンの生涯を巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化したドキュメンタリー作品、『GEORGE HARRISON/LIVING IN THE MATERIAL WORLD』が11月19日より劇場公開されています。ビートルズのメンバーとして活動したジョージ・ハリスンの姿はもとより、一人の人間としての彼の足跡を追った誠に興味深い作品。12月23日にはDVDとブルーレイが発売されるとのことです。

ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド Blu-rayジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド Blu-ray
(2011/12/23)
ジョージ・ハリスン、エリック・クラプトン 他

商品詳細を見る


そこで今回はジョージ・ハリスンを取り上げることにしました。お題は「I'd Have You Anytime」。1970年11月27日にリリースされたアルバム、『All Things Must Pass』のオープニングを飾る曲です。

All Things Must Pass (30th Ann) (Dig)All Things Must Pass (30th Ann) (Dig)
(2001/10/08)
George Harrison

商品詳細を見る

Disc:1
1. I'd Have You Anytime
2. My Sweet Lord
3. Wah-Wah
4. Isn't It A Pity
5. What Is Life
6. If Not for You
7. Behind That Locked Door
8. Let It Down
9. Run Of The Mill
10. I Live For You (Bonus Track)
11. Beware Of Darkness (Bonus Track)
12. Let It Down (Bonus Track)
13. What Is Life (Bonus Track)
14. My Sweet Lord (2000) (Bonus Track)
Disc:2
1. Beware of Darkness
2. Apple Scruffs
3. Ballad Of Sir Frankie Crisp (Let It Roll)
4. Awaiting On You All
5. All Things Must Pass
6. I Dig Love
7. Art Of Dying
8. Isn't It A Pity (Version Two)
9. Hear Me Lord
10. It's Johnny's Birthday
11. Plug Me In
12. I Remember Jeep
13. Thanks For The Pepperoni
14. Out Of The Blue



I'D HAVE YOU ANYTIME
俺を入り込ませてくれよ、ずっとここにいたんだ
おまえの心の中に入れさせてくれ
おまえのことを知らせてくれ
おまえに俺のことを分からせてやりたいのだ
おまえのところへ俺を押し流してくれ

俺のものはすべておまえのもの
おまえの目に映るすべてはおれのもの
俺の腕の中でおまえを抱きしめられて嬉しい
いつだっておまえを支えてやりたいのだ

俺に告白させてくれ 戯れさせてくれ
俺の想いを受け止めてくれ
おまえのことを知らせてくれ
おまえに俺のことを分からせてやりたいのだ
俺をだんだんと好きになってくれればいい
俺を入り込ませてくれよ、ずっとここにいたんだ
おまえの心の中に入れさせてくれ

この曲はジョージ・ハリスンとボブ・ディランとの共作で、1968年10月、ジョージがニューヨーク郊外にあるウッドストックにあるディランの自宅を訪れた際に作られたとされています。ビートルズ時代の「Something」を何となく彷彿させるような曲調ですが、よりなまめかしく神秘的な雰囲気が窺えました。
リード・ギターはエリック・クラプトン。イントロの音色が甘美で悩ましく、官能的な世界へ誘うかのようなムードを漂わせています。
ビートルズがライヴを行わず、レコーディングのみに集結するバンドと化していた1968年から69年にかけて、ジョージはビリー・プレストンを始めとするアップル・レコード所属のアーティストのバックアップに尽力し、また、多彩なミュージシャンとの交流を積極的に重ねていました。ボブ・ディランを通じてザ・バンドのメンバーと親交を深めたのもこの時期のことです。
ザ・バンドの土臭く人間味のあるルーツ・ミュージックに触れたことによるものか、ジョージはアメリカ南部の音楽に興味を抱き始め、1969年12月、エリック・クラプトンやデイヴ・メイスンらとともにアメリカの夫婦デュオ、デラニー&ボニーのイギリス・ツアーのバックバンドに加わりステージにカムバック。レオン・ラッセル(Key)、ボビー・ウィットロック(Key)、カール・レイドル(b)、ジム・ゴードン(ds)、ジム・ケルトナー(ds)、ボビー・キーズ(t.sax)、ジム・プライス(tp)らスワンプ・サウンドの中核をなす腕達者なミュージシャンらと共演、あるいは親交を結ぶ機会を得ました。そして、この時に培われた人脈の協力によって、『All Things Must Pass』が制作されたのです。
なお、プロデュースはフィル・スペクターが担当。こんな強者が揃えばアーシーなサウンドに向かうことは免れないところですが、ジョージ本来の個性はもとより「音の壁」と称されるスペクター独特の厚みのある音作りが巧みに融合し、まろやかで親しみのある仕上がりになっていました。

ジョージとボブ・ディランとの強い絆を示す一曲で今回はお開きです。アルバム収録曲からディラン作の「If Not For You」。1971年8月1日に催されたバングラデシュのコンサートのリハーサル映像でお楽しみください。



ちなみにボブ・ディランの伝記映画『No Direction Home』(2005年放映)、ザ・バンドの解散コンサートの模様を記録した『The Last Waltz』(1978年公開)を監督したのも『GEORGE HARRISON/LIVING IN THE MATERIAL WORLD』と同じくマーティン・スコセッシです。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは。お久しぶりです。
「If Not For You」をふたりがデュエットで歌ったバージョンというのは、私はこの映像でしか知りません。もったいない! すごくいいのにさ。確かコンサートの本番でもやらなかったかと思います。

Backstreetsさんと時を同じくして、私もジョージの歌を訳しました。くだんの映画が公開中なものですから、ふと思い立ち訳してみました。名古屋に住んでいたら見に行っていたかもしれません。私が選んだのは「Apple Scruffs」です。「I'd Have You Anytime」と同様、『オール・シングス・マスト・パス』に入っている歌です。

「I'd Have You Anytime」はいい曲です。リードギターは前からクラプトンかなーと思っていましたが、やっぱりそうなんですね。

最近寄る年波か、あったかくしないと風邪を引きやすくなりました。
寒さにお気をつけて。
バルカローレ様、訪問していただき誠にありがとうございます。
ボブ・ディランとジョージ・ハリスンの共演によるヴァージョンはディランのアルバム、『The Bootleg Series Volumes 1–3 (Rare & Unreleased) 1961–1991』にて陽の目を見ました。1970年5月にレコーディングされたとのこと。二人のデュオではなく、ジョージはギターでディランをバックアップしています。

「I'd Have You Anytime」のリード・ギターは発売直後からエリック・クラプトンによる演奏との噂があったようですが、『All Things Must Pass』のリマスター盤がリリースされてクラプトンであることが明らかにされました。当時は契約の関係でクレジットできなかったとのことです。

今年の11月は温かい日が多かったのですが、12月はさすがに油断出来ないようです。バルカローレさんもお体に気をつけてお過ごしください。
"I'd Have You Anytime"、イントロのギターはエリック・クラプトンなんですね。
他の方のブログでも聴きましたが、いい曲ですねー。
"What Is Life"、ジョージのソロで一番好きな曲なんですよー。ボーナストラックは、トランペットが入ったインストゥルメンタルバージョンでしょうか?
クリフ・リチャードの"Congradulation"の替え歌である"It's Johnny's Birthday"から"Out Of The Blue"は、「アップルジャム」と呼ばれるセッションの様子で、おまけっぽい感じですね。
saya様、訪問していただき誠にありがとうございます。
格好いいトランペットの音色が入った "What Is Life" のボーナス・トラックはインストというより、「カラオケ・ヴァージョン」というほうが相応しいように思えます。YouTubeにアップされており、思わず歌い出したくなりました。
LPでは3枚目の両面に収められていた「アップルジャム」はオマケと言えばオマケなのかもしれませんが、気の合う者同士がリラックスした中で思う存分に腕を振るっています。ことに "Out Of The Blue" はデレク&ドミノスにジョージ・ハリスンが参加したようなセッションで、とても興味深いものでした。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/319-767024d2
<< John Lennon - How Do You Sleep | TOP | The Beatles - Here, There And Everywhere >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。