好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE - She Comes In Colors

前回はザ・ローリング・ストーンズの「She's A Rainbow」を記事にしましたが、今回はこの曲に影響を与えたと思われる曲を取り上げることにします。その曲は「She Comes In Colors」。まさにタイトルは「She's A Rainbow」の冒頭の歌詞と酷似。LOVEのほうがストーンズよりも先に発表されており、盗作疑惑にまつわる論争が巻き起こったと聞きました。

Da Capo (Exed)Da Capo (Exed)
(2002/07/15)
Love、Arthur Lee 他

商品詳細を見る

1. Stephanie Knows Who
2. Orange Skies
3. Que Vida!
4. Seven and Seven Is
5. The Castle
6. She Comes In Colors
7. Revelation
8. Stephanie Knows Who
9. Orange Skies
10. Que Vida!
11. Seven and Seven Is
12. The Castle
13. She Comes In Colors
14. Revelation
15. Seven and Seven Is

LOVEは1965年にアーサー・リーを中心としてロサンゼルスで結成されました。アーサー・リーは1945年3月7日、テネシー州の生まれの黒人。彼が5歳の時に一家はロサンゼルスに移住し、その地で音楽に目覚めてギター、ハーモニカ、ピアノ、ドラムスなどあらゆる楽器を独学で身に付けたとのことです。
R&Bやジャズに影響を受けたアーサー・リーはハイ・スクール入学後、バンドを組んで本格的な音楽活動に乗り出し始めました。やがてレコードをリリースする機会に恵まれ、1963年にブッカー・T&MG's風のインストゥルメンタルを演奏するアーサー・リー&The LAG'sでシングル、翌64年にもロックン・ロール・バンド、ジ・アメリカンフォーを結成してシングルを発表するもののどちらも鳴かず飛ばず。どうすれば起死回生が出来るかと考えあぐねたアーサー・リーはやがてビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・キンクスなどのブリティッシュ・インベイジョンの波の衝撃性を感じながらも、それらに対抗するかのように登場した地元ロサンゼルスで人気を博しつつあったザ・バーズのフォーク・ロック・スタイルにも感銘を受け、オリジナリティの重要性を痛感していたのです。
1965年、アーサー・リーは新たにバンドを結成。彼のもとにハイスクール時代の同級生であるジョン・エコールズ(g)、ザ・バーズのローディを務めた経験のあるブライアン・マクリーン(g, vo)、ジョニー・フレッケンスタイン(b)、ドン・コンカ(ds)などが集結しました。
バンド名をグラス・ルーツと名付けた彼らはライヴ活動を開始。ABC-TVの番組『Shiveree』の制作担当者であるジェリー・ホプキンがマネージャーに付き、同年夏にエレクトラ・レコード初のロック・バンドとして契約に至ります。レコーディングの途中でベーシストがケン・フォーシィーに、ドラマーがアルバン・”スヌーピー”・ピステラに交替し、バンド名もダンヒル・レコードが売り出し中の同名のバンドが先に登録商標を取っていたために変更を余儀なくされるなどのアクシデントもありましたが、1966年3月にデビュー・アルバム『LOVE』をリリース。全米57位まで上昇し、シングル・カットされた「My Little Red Book」も52位を記録しました。

バート・バカラック/ハル・デヴィッド共作の「My Little Book」。ライヴ映像でご覧ください。


この曲は映画『What's New, Pussycat?』(1965年公開)の挿入歌でもありました。そちらのほうはマンフレッド・マンのヴァージョンが使われています。


幸先よいスタートを切ったLOVE。フォーク・ロックを基調としながらも独特の音楽性はむしろガレージ・サウンドを彷彿させ、個性派の登場を印象づけました。翌67年1月には今回紹介する「She Comes In Colors」が収録されたセカンド・アルバム『Da Capo』をリリース。新たにマイケル・スチュワート(ds)、ティジェイ・キャントレリィ(horns)を補充し、アルバン・”スヌーピー”・ピステラがキーボードに配置転換され7人組のラインナップとなっています。プロデューサーにドアーズを手掛けたポール・ロス・チャイルドが起用されたことによるものか、サウンドが洗練されて表現力も増し、フォーク・ロックのみならずラテン、ジャズ、クラシックなど様々な要素が垣間見えました。また、ローリング・ストーンズ風の音作りも試みられたようで、ポール・ロス・チャイルドはLOVEの面々にストーンズのレコーディング風景を見学させて参考にさせていたとのことです。
フルート、チェンバロ、サックスなどの楽器を導入して全体的にソフト・ロック的な雰囲気が漂っていますが、冒頭で言及したようにローリング・ストーンズの「She's A Rainbow」が収録された『Their Satanic Majesties Request』に共通するサイケデリックな要素も窺われました。これもフラワー・ムーブメント華やかなりし時代の傾向の賜物でしょうか。

曲調は「She's A Rainbow」よりも「Lady Jane」や「Ruby Tuesday」に似た優美な旋律を奏でる「She comes In Colors」。無難で好意的に解釈すれば、英米のロック・グループが音楽的に刺激し合って融合された成果と言えるのかもしれません。


SHE COMES IN COLORS
何かしようと心の中で思った
表情はすべてを物語る
俺にはおまえが考えていることが分かるんだ

ああ 俺の愛する人
彼女は華やかな色に包まれてやって来る
来ている服から
誰もが彼女とわかるはず

目に見えなかったら
俺に光はいらない
本当の俺が見えるとおまえは言う
俺のことを素晴らしいと思ったかい

俺がイギリスの街にいた時
雨がまっすぐに降ってきた
俺はあちこちとおまえを探し回った
俺の存在がなくなるまで

フルートの音色がフィーチャーされたラヴ・ソング、「Orange Skies」。


ラテン風味の「iQue Vida!」。


アルバムに先駆けて発売され、全米33位とまずまずのヒットを記録した「Seven And Seven Is」。アリス.クーパーがアルバム『Special forces』(1981年)、ザ・ラモーンズが『Acid Eaters』(1993年)で、Rushが『Feedback』(2004年)でそれぞれカヴァー・ヴァージョンを収録していました。


Rushのヴァージョンです。


アルバムは全米80位と前作と比べてやや後退しましたが、シングル「Seven And Seven Is」のヒットした余勢を駆って、1967年に『Forever Changes』を発表。しかし、評価は高かったものの全米154位止まりと商業的な成功を収められませんでした。アーサー・リーはメンバーがドラッグに溺れて活動に支障を来していたことを理由として、「おまえらたるんでるぞ」とばかりに全員を解雇。それ以降のラブはメンバー・チェンジを繰り返し、アーサー・リーのソロ・プロジェクトと化して行ったのです。また、1970年発表の『False Start』にゲスト参加したジミ・ヘンドリックスとバンドを組む話も囁かれたものの実現には至りませんでした。
その後のアーサー・リーは体調を崩したり、奇行に走るなどしてシーンから遠ざかっていた時期もありましたが、何度かオリジナル・メンバーを含むLOVEを再結成して活動を続けます。2003年にはイギリスのロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ盤、『The Forever Changes Concert』を発表。しかし、2006年8月3日、アーサー・リーは白血病でこの世を去りました。ちなみにオリジナル・メンバーでマリア・マッキーの異母兄であるブライアン・マクリーンとケン・フォーシィも2006年に他界しています。
スポンサーサイト

コメント

先日は私のブログのジェントル・ソウル記事のほうに
コメントどうもありがとうございます♪
私はサイケ系中心に聞いててSSW系などは詳しくないので
こちらのブログがとても勉強になります!

こちらにラヴが載っていて嬉しかったです!
ラヴは一時期ハマりにハマったバンドだったので。
ブライアン・マクリーンもアーサーと同じ2006年に亡くなってたとは今まで知らず、ショックです…!
同じ年に亡くなってしまうなんて、ひとつの時代が終わったようにも思えてきますね…e-263
もりたん様、訪問していただき誠にありがとうございます。
Love はサイケデリック・ロック、フォーク・ロック、ソフト・ロックなどのカテゴリーで語られるように多彩な音楽性を持ったバンドでしたね。The Byrds に触発されて結成されたと言われておりますが、当時は誰もがサイケデリックな雰囲気を漂わせていたのを幼心に憶えております。
評価は高くても商業的に大きな成功を収めることがなかった Love。アーサー・リーは妥協を許さぬ完璧主義者だったのかもしれません。亡くなる少し前のアーサー・リーが、CSで放送されている『ジュールズ倶楽部』に出演している映像が彼の死後に放送されたことがあり、感慨深く観ておりました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/315-2bef67c8
<< Emmylou Harris - The Road | TOP | The Rolling Stones - She's A Rainbow >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。