好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rita Coolidge - The Lady's Not For Sale

拙ブログとリンクしていただいているPurple_Hazeさんが、リタ・クーリッジの『Fall Into Spring』を記事にされていました。今回は安易な選択ながらリタのサード・アルバム『The Lady's Not For Sale』を取り上げることにします。

ザ・レディース・ノット・フォー・セール(紙ジャケット仕様)ザ・レディース・ノット・フォー・セール(紙ジャケット仕様)
(2010/04/01)
リタ・クーリッジ

商品詳細を見る

1. MY CREW
2. FEVER
3. BIRD ON THE WIRE
4. I'LL BE YOUR BABY TONIGHT
5. A WOMAN LEFT LONELY
6. WHISKEY WHISKEY
7. EVERYBODY LOVES A WINNER
8. DONUT MAN
9. INSIDE OF ME
10. THE LADY'S NOT FOR SALE

お得な3in1。

Lady's Not for Sale/Fall Into SpriLady's Not for Sale/Fall Into Spri
(2010/04/06)
Rita Coolidge

商品詳細を見る


1972年にリリースされた『The Lady's Not For Sale』。翌年結婚することになるクリス・クリストファーソンの影響からか、前2作で窺われたスワンプ/ルーツ色に加えてカントリー風味がほどよく漂っています。
これまでのアルバムにも豪華なメンバーがリタのもとへ駆けつけていましたが、本作にはブッカー・T・ジョーンズ、マーク・ベノ、ジェリー・マッギー、カール・レイドル、リー・スクラー、ラス・カンケル、スニーキー・ピート、ジョン・セバスチャン、アル・クーパーなど強者が集結。気心の知れた仲間に囲まれて、時にゆったりと穏やかに、時に力強く情感を込めて選び抜かれた珠玉のナンバーを個性豊かに歌い上げていました。ジョー・コッカーのマッド・ドッグス&イングリッシュメンに参加し、エモーショナルな歌声で注目を集めたリタ・クーリッジですが、のびやかで優しく艶のある歌唱はさらに洗練され包容力と深みが増しています。

オープニング・ナンバーはブッカー・T&プリシラ・ジョーンズ夫妻の共作、「My Crew」。別れても再会する機会があることを信じる切ない想いが伝わってきます。
http://www.youtube.com/watch?v=kigc9vMpDps

リタの実姉であるプリシラ・ジョーンズのヴァージョンは1979年の『Flying』に収録。
http://www.youtube.com/watch?v=x4YdBfZScr0

シングル・カットされた「FEVER」。恋人に夢中になる様子を描いた歌ですが、クリス・クリストファーソンへの想いと重ね合わせて歌っているかのようです。


この曲はジョン・ダベンポート&エディ・クーリーの作で、リトル・ウィリー・ジョンがファースト・レコーディング(1956年の『Fever』に収録)のようですが、ペギー・リーの歌唱(1958年リリース)が有名。なお、ジョン・ダベンポートとはエルヴィス・プレスリーの「Don't Be Cruel」(1956年)、ジェリー・リー・ルイスの「Great Ball Fire」(1957年)、ジミー・ジョーンズの「Handy Man」(1959年リリースで、ジェームズ・テイラーやデル・シャノンのカヴァーでもお馴染み)などの作者であるオーティス・ブラックウェルの変名です。


レナード・コーエン作の「BIRD ON THE WIRE」。片思いに苦しむ孤独な男の心情を歌ったとされる歌ですが、女性を主人公にしてもその悲しさがありありと滲み出ています。コーエンの歌は女性シンガーがカヴァーしたほうが似合うのかもしれません。以前にレナード・コーエンの記事でこの「Bird On The Wire」を取り上げたことがあるので参照していただければ幸いです。


リンダ・ロンシュタットもアルバム、『Hand Sown...』(1969)で取り上げていたボブ・ディランのナンバー、「I'LL BE YOUR BABY TONIGHT」。一度でいいからリタのような美人に、「私が今夜あなたの恋人になってあげるわ」と言われたいものです。


ボブ・ディランのヴァージョンは1967年の『John Wesley Harding』に収録されていますが、YouTubeに彼の映像・音源がないので、今回はロバート・パーマーのヴァージョンを紹介します。1990年の『Don't Explain』に収録。


シングル・カットされた「 WHISKEY WHISKEY」。オリジナルはトム・ガントで、1971年の彼のアルバム『Yankee's Rebel Son』に収録されていました。クリス・クリストファーソンも1979年の『Shake Hands With The Devil』でレコーディング。また、1992年にリリースされたライヴ盤、『Live At The Philharmonic』(1974年録音)ではリタとクリスのデュエットが聴けます。





WHISKEY, WHISKEY
彼は雨が降る直前の陽光のよう
冷たい風が吹くこの静かな夜のよう

彼にはちょっぴり女のようなところがあり
いつになったら変わってくれるのか分からない
彼は私の一筋の希望であり
そして膨大な苦痛でもある

だからウイスキー、ウイスキー
私の旧友
またあんたの厄介になりにきたのさ
慈悲の癒し
どうか優しくしておくれ
私の心から
このやるせない気分を振り払ってほしいんだ

彼の微笑みでなんとか一日が始められるのよ
お天道様の光に照らされますように

やっと分かったの
冷たい冬の風で目が見えなくなっていたんだと
彼は目の奥に本音を隠していた
気がつかなかった私はなんてお馬鹿さんだったのかしら


マーク・ベノ作の「DONUT MAN」。人のために尽くした男の物語です。


クリス・クリストファーソンとキャロル・ビューが共作した表題曲、「The Lady's Not For Sale」。


THE LADY'S NOT FOR SALE
彼女は幼き頃より
レディーになることに憧れていた
でも緑青きところを
彼女は分かっていながら傷つけてしまった

彼女は羽を広げようとしながらも
決して大地を飛び立つことはなかった
16の時に彼女はおかれた境遇がとてもいやになって
覚醒して都会に出た

でも彼女は自分のやり方で
家に戻ろうとした
失敗する度に懸命に努力した
だから彼女に家庭を与えてあげて
さもなくばひとりにしておいてあげてよ
彼女は売り物じゃないんだから

彼女は自分の魂を見せることを恥ずかしがらないわ
歌ひとつのために魂を売ってしまうだろう
でもその奔放さは彼女がふしだらな女であることを意味しない
道を外しても大丈夫よ

ああ、だから彼女を放っておいてあげて
彼女はある男に会いたがっているの
素敵な人に巡り会わせてあげて
彼女は優しい家庭がほしいのよ

ああ、だから彼女に家庭を与えてあげて
さもなくばひとりにしておいてあげてよ
彼女は売り物じゃないんだから

クリス・クリストファーソンのヴァージョンはデビュー作、『Kristofferson』(1970年)がCD化された際にボーナス・トラックとして収録されました。


リタ・クーリッジとクリス・クリストファーソンはボブ・ディランも出演したサム・ペキンパー監督の映画、『Pat Garrett & Billy the Kid』(1973年)で共演し、結婚後はソロ活動と並行して『Full Moon』(1973年)、『Breakaway』(1974年)、『Natural Act』(1979年)といったデュエット・アルバムを発表。仲睦まじいところを見せてくれていました。「デルタ・レディ」と呼ばれ、情感溢れるヴォーカルとアーシーなサウンドを展開していたリタ・クーリッジですが、徐々にAOR路線に転じ、1977年には「Higher And Highe」(全米2位)、「We're All Alone」(全米7位)などのヒットを連発させました。一方クリスは俳優として個性豊かな渋みのある演技で脚光を浴び、マーティン・スコセッシ監督の『Alice Doesn't Live Here Anymore 』(1974年)、バーブラ・ストライザンドと共演した『A Star Is Born』 (1976年)、三島由紀夫原作の『The Sailor Who Fell from Grace with the Sea』 (1976年)、サム・ペキンパー監督のアクション映画『Convoy』 (1978年)、マイケル・チミノ監督の問題作『Heaven's Gate』 (1980年)などに次々と主演級で出演して行きます。しかし、成功の代償が大きかったのか、1980年頃にクリスとリタは離婚。クリスのアルコール依存症が原因とされていますが、突然舞い込んだ栄光のおかげで日々の生活が急変し、二人の関係にすきま風が吹き始めたことは想像に難くありません。
この『The Lady's Not For Sale』からは当時の私生活の充実が反映されているのか、おおらかでリラックスした印象が伝わってきます。ともあれリタとクリスの共同作業の原点が示されているように思われ、興味深い一枚でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントしないわけには・・・
タイトル曲のLady's Not For Sale は当時凄くよく聴いたのでよく覚えています。LPの中ジャケに2番の歌詞が小さく印刷されていて、絶対この歌詞はクリスがリタのことを書いたのだと思いました。リードギターはなぜかAl Kooper だったのですが、これが思いのほか?良かったです。
mackk様、訪問していただき誠にありがとうございます。
おっしゃる通り、タイトル曲の「Lady's Not For Sale」は何となくリタ・クーリッジをモデルにして書いたと思われる部分がありますね。こうしてクリス・クリストファーソンはリタの心をつかんで行ったのでしょう。
アル・クーパーはもともとギターのほうが本職で、ボブ・ディランのアルバム『Highway 61 Revisited』のレコーディングに使ってもらおうと売り込みをかけた際、マイク・ブルームフィールドという先客に恐れをなしてキー・ボード担当にまわったとう逸話がありました。
リンダほど熱心に聴いていなかったのか、イマイチの印象でした。今度、改めて聴いてみます(ってこんな感想ばかりですね)^^;

ジャケットは、好きなんですけど・・・
kuwa様、訪問していただき誠にありがとうございます。
リタ・クーリッジの野性的な容姿とエモーショナルな歌唱は魅力的ですが、リンダ・ロンシュタットと比べると少々華やかさに欠ける印象がありますね。また、業界やミュージシャンの間で評価が高くとも、自身のアルバムはなかなか商業的な成功を収めることができませんでした。聴く度に味わいが増して行くタイプなんでしょうね。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/313-31d0bb44
<< The Rolling Stones - She's A Rainbow | TOP | Linda Ronstadt - Alison >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。