好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wilson Brothers - ANOTHER NIGHT

早くも秋雨前線が南下し、猛暑を追いやってしまったようですが、京都では蒸し暑い日が続いております。涼しくなるのは結構なことですが、過ぎ行く夏に寂しさを覚えざるを得ません。そんな夏の終わりには少しばかり物悲しさが漂うアルバムで癒されたいと思います。今回はウィルソン・ブラザーズが1979年に唯一残した『Another Night』を取り上げることにしました。

アナザー・ナイトアナザー・ナイト
(2006/07/26)
ウィルソン・ブラザーズ

商品詳細を見る

1. Feeling Like We're Strangers Again
2. Another Night
3. Thanking Heaven
4. Shadows
5. Just Like A Lover Knows 
6. Lost And A Long Way From Home
7. Can We Still Be Friends
8. Ticket To My Heart
9. Take Me To Your Heaven
10. Like Yesterday

ミシガン州に生まれ、アーカンソー州で育ったウィルソン兄弟。兄のスティーヴは1941年、弟のケリーは1960年にこの世に生を受けました。二人の年の差は9歳。これだけ年の離れた兄弟デュオは稀な存在と言えるでしょう。
二人は早くからバンド活動を始め、1974年頃には曲作りも行うまでに成長。数々のバンドを渡り歩いた後、ナイトホークスというバンドに在籍していた時期にイングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーがウィルソン兄弟らのオリジナル曲、「If The World Ran Out Of Love Tonight」(1978年リリースの『Some Things Don't Come Easy』に収録)を取り上げました。この曲はカントリー・チャートでトップ10入り。ヒットがきっかけとなってプロデューサーのカイル・レーニングに見初められ、ウィルソン兄弟は晴れてレコード・デビューのチャンスを掴むことになります。
レコーディングはナッシュヴィルで行われ、エリアコード・615のケネス・バトリー(ドラムス)を始めとする腕利きミュージシャンがサポート。後にロサンゼルスでオーヴァー・ダビングが施され、表題曲となる「Another Might」以外はTOTOのスティーヴ・ルカサーがギターで参加し、情感を込めた演奏で場を盛り上げています。また、リー・リトナー&ジェントル・ソウツのサックス奏者、アーニー・ワッツも艶のある印象的な音色で花を添えてくれました。
アメリカ南部で育ったウィルソン兄弟。そのことが影響しているのか、洗練されたメロディアスなサウンドの中にもR&Bやカントリーの要素が隠し味のように配され、彼ら独特のAOR、ブルー・アイド・ソウル風の雰囲気を醸し出しています。兄弟自らアレンジをも手掛けた明るく爽やかながらも憂いのある音作りは音楽的な環境はもとより、持って生まれた才能と下積み時代の経験から培われたセンスが発揮された賜物と言えるでしょう。

それではアルバムの中から何曲か紹介します。表題曲はホリーズのナンバー、「Another Night 」。


ホリーズのオリジナル・ヴァージョンは1975発表の『Another Night』に収録。
http://www.youtube.com/watch?v=0cvxgxbxWW0

トッド・ラングレン作の名曲、「Can We Still Be Friends」。


トッドのヴァージョンは1978年発表のアルバム、『Hermit of Mink Hollow』に収録。
http://www.youtube.com/watch?v=NK1_7eKtkDg

ちょっぴりネッド・ドヒニーの曲調を連想させる、「Ticket To My Heart」。 恥ずかしいぐらいに恋する女性への想いが綴られた歌でした。ソウルフルなコーラスが火のついた心をさらに燃え上がらせているように聴こえます。


天使のような女性に恋する気持ちが描かれた、「Take Me To Your Heaven」。


こちらはスティーヴィー・ウッズのカヴァー・ヴァージョン。1981年の『Take Me To Your Heaven』に収録。彼はAOR/ブラック・コンテンポラリーのシンガーとして80年代に活躍した人です。
http://www.youtube.com/watch?v=T0xPZ2Y6_Ac

去って行った恋人と過ごした夏の日々を思い返す「Like Yesterday」。やはり、ひと夏の恋は成就しないほうが多いようですね。


LIKE YESTERDAY
あの夏を憶えているかい
夢中だった永遠の夏
海辺で過ごしたあの日々
なんて楽しかったんだろう
君は唯一の人
かけがえのない存在だった
でも二人が砂の中に残したものは
波に洗い流されてしまった
俺たちが過ごしたあの眩い時は
海の藻屑の如く消え失せてしまったようだ
昨日のように

恋に落ちるなんて不思議なことだと思わないか
気がついて振り返っても
すべてが終わってしまっていたのさ
嘆いてみても無駄なこと
否定することは出来ないけれど
君が俺にとって大切な人だと切に思っていた

もう君は遠い人
季節が巡っても
思い出だけは留まっている
それらはiいつか消えてしまうのだろうか
昨日のように

ベッドに横たわって君の顔を思い浮かべる
どうしてこんな風に終わってしまったのだろうか
君を取り戻すためなら
どんなことでもする

カイル・レーニングの人脈が功を奏し、ウィルソン・ブラザーズは新人アーティストとして恵まれたデビューを果たしましたが、セールス的には芳しい成果を上げることができませんでした。しかし、ジャズやソウルの要素を含む都会的でお洒落なテイストの音楽が好まれた1070年代末から1980年代初頭の日本。ご多分に漏れずウィルソン・ブラザーズも人気を博し、来日公演も行われました。
その頃まだ大学生だった私もウィルソン・ブラザーズをよく聴いていたものです。当時は綺羅星の如く次から次へとAOR系のアーティストが登場しましたが、その多くがシャンパンの泡のように消えてしまいました。と同時に、私自身の眩い時期が消滅していたことも悟ったのです。
時の経過とともにCDがレコードに取って代わり、ウィルソン・ブラザーズ唯一のアルバムもしまい込んだままの状態が続き、再びプレイヤーに盤をのせる機会がありませんでした。1999年に待望のCD化がなされ、懐かしさのあまり購入したもののあの時の輝きが感じられずじまい。思い出は色褪せたものと落胆しました。ところが幾つかの夏を重ね、CDの整理をしていた時にふと目に留まった『Another Night』。人生の光と影の中で、うなだれた様子で思い悩むような若者の姿が映し出されたアルバム・ジャケットを眺めていると昔の記憶が一瞬走馬灯のように駆け巡ったのです。
久々に聴いたウィルソン・ブラザーズ。そこからは新鮮な響きが伝わり、思い出が昨日のことのように甦ってきました。新たな感動といえば聞こえが良いのですが、人間の気分というものはその時々で変化し、どうしようもないものです。

男の兄弟は大人になると、口をきかないほど仲が悪くなるのが常だとよく言われます。確かにビージーズやエヴァリー・ブラザーズのように一時期関係が破綻した例が少なくありません。ウィルソン・ブラザーズがたった一枚の作品を残してシーンから消えて行ったのも、そんな事情があったのでしょうか。それともたんに売り上げ不振でレコード会社から解雇を告げられたことが原因なのでしょうか。
その後のウィルソン・ブラザーズの動向はつかめず、存在すら忘却の彼方。数年前にスティーヴの訃報を耳にしましたが、詳細は未確認。どなたか詳しい方がございましたら、お知らせいただけると幸いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/307-541f4235
<< Linda Ronstadt - Back in The U.S.A. | TOP | Robin Ward - Wonderful Summer >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。