好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dave Mason - SPLIT COCONUT

台風が過ぎ去った後、少しばかりしのぎやすい日々が続いておりましたが、ここに来てようやく従来の夏が戻ってきたようです。そこで、今回は暑い夏にぴったりのジャケットが描かれたアルバムを取り上げることにしました。

スプリット・ココナッツ(紙ジャケット仕様)スプリット・ココナッツ(紙ジャケット仕様)
(2010/04/14)
デイヴ・メイスン

商品詳細を見る

1. Split Coconut
2. Crying, Waiting, Hoping
3. You Can Lose It
4. She's A Friend
5. Save Your Love
6. Give Me A Reason Why
7. Two Guitar Lovers
8. Sweet Music
9. Long Lost Friend

デイヴ・メイスンの『Split coconut』はCBS移籍第3弾として1975年にリリースされました。椰子の木の下でアロハ・シャツを着たメイスン。ギターを弾きながらくつろぐといった風情ですが、トロピカルな雰囲気が醸し出されたアルバム・ジャケットとは裏腹に情念の炎が燃やされ、傷つきやすい繊細さが演出されていました。

オープニングを飾るのはほぼインストゥルメンタルのファンキーなナンバー、「Split Coconut」。今回はライヴ・ヴァージョンをお聴きください。


デヴィッド・クロスビー&グラハム・ナッシュがコーラスで参加した「She's A Friend」。ウエスト・コースト・サウンド風の爽やかな曲調に仕上げられています。


ジム・クリューガーにギター・ソロを任せてヴォーカルに専念した「Give Me A Reason Why」。むせび泣くようなギターの音色に切ない歌声。子供から問いかけられた疑問に落ち着いて答える様子がよく表されています。


GIVE ME A REASON WHY
与える理由を教えて
奪う理由を教えて
愛する理由を教えて
ダディ、憎む理由を教えてよ
笑う理由を教えて
泣く理由を教えて
生きる理由を教えて
ダディ、どうしてなのか教えてほしい
お願いだから どうしてなのか理由を教えてよ

大きな青い瞳で私を見つめながら
説明に窮することを尋ねて来る
ダディ、神様って誰なの、何を考えてるの
いい質問だねって私は答えるだけ
お話ししてよ、でなければ歌を歌って
あまり短くしないように
長すぎるのも駄目だよ
正しいことと間違ったことはどう違うのか教えて
やがて、みんなわかるようになるさ
そのうち、すべてわかるようになる

銀色の鳥のように空を羽ばたき
破られた約束に涙を流しながらも
自分の夢を追い続ける
新しい世代の礎を築きながら
いつか現実となろう素晴らしいことを考える

子供から父親への質問と行った体裁を取っていますが、誰もが心に思う疑問や矛盾が示されているのは間違いないでしょう。他人に施しを与えたり、奪い取ったり。人を愛したり、憎んだり。人間は何のために生きているのかを考えると漠然とし、納得する答えを見出すのは容易いことではありません。正しいことと間違ったことは立場によって異なるものであり、人はごまかしながら生きているのが実情。人を殺めること、金品を強奪することは論外としても、欲望のままに他人の迷惑を顧みない行為などを自己の利益のために正当化するする人々も少なくないのです。しかし、そんな不条理で理不尽な現実社会の中で懸命に生き抜くのが、人間に課せられた宿命といえるかもしれません。

ブレイク前のマンハッタン・トランスファーがヴォーカル・サポートで参加している「Long Lost Friend」。アルバムを締めくくるように、デイヴ・メイスンの情感がこもったギター・ソロも堪能出来ます。


ほのぼのとしたアコースティックなナンバーとリズムを強調した楽曲が適宜に配され、充実したバンド・サウンドが表現されています。アルバム・ジャケットに似つかわしいレゲエのリズムをバックにトロピカルなムードを漂わせた「 Crying, Waiting, Hoping 」(バディ・ホリー作)やソウル色の濃い「Sweet Music」といった曲も収められ、ヴァラエティに富んだ印象も受け取れました。
ウエスト・コーストの乾いた風とイギリスの湿った大気がほどよく融合されたようなデイヴ・メイスンが織りなすサウンド。ギターのテクニックはもちろんのこと、魂のこもった味のあるヴォーカル、巧みな曲作りといった類い稀な才能でリスナーを決して飽きさせない魅力が溢れた一枚でした。
スポンサーサイト

コメント

異論を承知で書いちゃうと個人的にDave Masonの最高傑作だと勝手に思ってます。
単純にこのアルバムが一番好きと言うのが理由なんですが。
当時のっけのSplit Coconutを聴いて一発でノックアウトされましたが、このライヴテイクは多分初耳です。
Two Guitar Loversも大好きな曲です。
アメブロでdivshareが貼れなくなってから過去記事のTBも出来なくなっちゃったのでURLを貼っておきます。

http://ameblo.jp/ve25116/entry-10587742337.html
思い出話を交えながら、度の記事も詳しく書かれていて、
とても面白いブログですね。

デイヴ・メイスンとてもいいですよね。
直球勝負してこないひねくれた感じが好きです。
ギタリストとしてぶいぶいいわせてたのに、
ギタリストともシンガーともいえない微妙な立ちですよね。
そう書くと悪口みたいですが、微妙な感じが病みつきです。

また遊びに来てみます。
Purple_Haze様、訪問いただきありがとうございます。
CBS時代のデイヴ・メイスンのアルバムは傑作揃いです。とりわけ『Split Coconut』はレイドバックした雰囲気とシリアスな面が巧みに融合されていて、興味深い作品に仕上げられていました。ギタリストであるPurple_Hazeさんにとってはジム・クリューガーとのツイン・ギターの掛け合いは印象に残るものだったことでしょう。
クリューガーはもう鬼籍に入りましたが、デイヴ・メイスンにはこれからもロックを奏でてほしいものです。
ちゃぶまる様、訪問いただきありがとうございます。
若い頃のデイヴ・メイスンはバンドを出たり入ったりと、スティーヴ・ウィンウッドやエリック・クラプトンらを手こずらせたようですが、自分のバンドを持つようになってからはそんな気まぐれも解消し、充実した音楽活動に専念するようになったように思います。契約を巡ってレコード会社との訴訟問題を抱えた時期もありましたが、そうした波乱を帯びた人生経験が、メイスンを成長させたのかもしれません。
拙いブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/304-1e78b52f
<< Robin Ward - Wonderful Summer | TOP | The Beach Boys - Come Go With Me >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。