好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carole Kingキング来日公演

11月15日に大阪厚生年金会館で行われたキャロル・キングのライヴに行ってきました。最近の土日のコンサートは開始時刻が早めに設定されているようで、午後5時からの開始。当然終了時刻も7時過ぎ頃となり、コンサート終了後の余韻を残したまま外で仲間と夕食を取るも良し。京都から足を運ぶ者に取っても大変ありがたいことです。
さて、「Living Room Tour」と銘打たれたキャロル・キングのコンサート。ステージにはソファが置かれていました。決して彼女が座ることはありませんでしたが。
私の席は前から4列目。発売日当日にチケット・ぴあの店頭で購入したのですが、これほど良い席が取れたのは早朝から並んだミック・ジャガーの来日公演(1988年)以来です。でも、最後部に空席がちらほら。隣の席に座っておられた男女2人組の方々が同じ会場で行われた前日(14日)の公演の話をされておられたので、「観客の入りはどうでしたか」と問うと、「両端はようけ空いとったわ。2階もガラガラやったみたいやで」との回答。やはり12,600円という価格がこたえたのでしょうか。
そうこうしているうちに、ライブが開始されました。ピアノとギター、あるいはピアノとギターとベースといったシンプルな編成。バンド・サウンドを期待していた人に取っては少々物足りなさが残るかもしれませんが、歌心がストレートに伝わってくるような気がします。今のところスタジオ録音では最新作である『ラヴ・メイクス・ザ・ワールド』の曲を織り交ぜながら、彼女の代表曲が次々と飛び出す選曲。年齢層の高いと思しき観客の皆様に取ってはさぞかし喜ばしかったことでしょう。また、途中で20分間の休憩が挟まれていたこともありがたかったのでは。66歳となったキャロル同様、観客の皆様の体力と集中力を考えれば有効的な措置です。少なくとも私に取っては・・・。
ギターとベースを担当していたGary Burrという人が歌うコーナーが設けられていたのですが、そこではキャロル自身がアコースティック・ギターを手に取り、「どう、イーグルスみたいでしょ」とか言ってコーラスに徹していました。彼女がギターを弾く姿はちょっと受け入れがたい光景です。でも、これも余興というところで納得。キャロル・キングの「Living Room」なのですから。Burr氏は「You've Got A Friend」でもソロで歌うパートを任されておりました。
選曲の中で意外だったのがモンキーズに提供した「Pleasant Valley Sunday」。まさかここで聴けるとは思ってもいませんでした。ともあれ、感動的な一夜だったことには間違いないと言ったところです。
スポンサーサイト

コメント

キャロルキング、前回の来日公演は見に行きました。
その時、とても良かったので
今回も見に行きたかったのですが、
あまりにもチケット代が高いのであきらめました。
You've Got A Friend、聴きたかったです。
BRUCE06様、コメントありがとうございます。
チケット代金は1万円札でお釣りがくるぐらいにとどめておいてほしいものですね。
キャロル・キングにジャクソン・ブラウンと来日が続いたおかげで、すっかり懐が寂しくなりました。年の瀬を迎えてしんどおすわ。ほんまに。
最終日は満席だったようですが僕が行った日も空席が目立ちました。
でも12600円のS席じゃなくて10500円のA席にしてたのが、休憩の合間にS席に空席がずらりとあったのでこっそり移動したので後半はけっこう良い席で見れてラッキーでした。
去年の武道館も良かったけどワンマンでじっくり見れたのはやっぱ良かったです。
Purple_Haze様、こちらにもコメントいただきありがとうございます。
昨年はメアリー・Jとファーギーとのジョイント。彼女たちがキャロル・キングの前座で景気をつけてくれるのならいざしらず、三者均等の時間配分ということで見送りました。それだけに今回の単独公演はとてもありがたいものでした。
自分はキャロル・キングとジャクソン・ブラウンの両公演とも行けなかったので両方とも行かれたBackstreetsさんがすごくうらやましいです。(^^)

自分もモンキーズは好きですので「Pleasant Valley Sunday」のセルフ・カヴァーは聴いてみたかったですね~♪

またこれからもおじゃまさせていただくと思いますのでよろしくお願い致します。
BYRD様、コメントありがとうございます。
キャロル・キングとジャクソン・ブラウンが続けて来日したおかげで、厳しい年の瀬を迎えております。CDも買い控えないといけませんねぇ。
ずぼらで気まぐれな性格故にブログの更新が停滞すると思いますが、今後とも宜しくお願い申し上げます。
Backstreetsさま

こんにちは。過去記事にて失礼します。
キャロルのライヴ、行かれたのですね。
'70年代の大物は、お歳もお歳なので、
今のうちに聴きに行かねば、という焦りが出てきます。
が、今回はチケ代を渋ってしまいました。
こんな時代ですし、興行主も価格設定を検討すべきかもしれませんね。

当日の模様が伝わる親切な文章に感激しました。
久々に『つづれおり』を棚から引っ張り出してみます。
こちらでははじめまして^^
キャロルは今でも現役なんですね。
私のところでもUPしている60's前半のリトル・エヴァの「ロコモーション」やドリフターズの「アップ・オン・ザ・ルーフ」を書きましたね。そして、70'sに入って、ソロになって、「つづれおり」を発表したのですよね。
見てないのですが、「ユー・ガット・メール」の"Anyone At All"はよかったですね。
今年もよろしくお願いします^^
シャケ様、コメントありがとうございます。
キャロル・キングのチケットが高かったのは原油価格が高騰していた時期の契約だったのかもしれませんね。でも、おっしゃる通りプロモーターもアーティストもこのご時世ではもう少々価格に配慮していただきたいものです。
ずぼらで気まぐれな性格ゆえに更新が停滞し続けるかもしれませんが、今後とも宜しくお願い申し上げます。
saya様、コメントありがとうございます。
芸能人は若く見えると言いますが、60代後半なのにキャロル・キングはいつまでも若々しいですね。
「Up On The Roof」はローラ・ニーロのカヴァーもとても良いですよ。
ずぼらで気まぐれな性格ゆえにブログの更新が停滞し続けることもあると思いますが、今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/3-8d66fe88
<< あれから28年 | TOP | Jackson Browne来日公演 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。