好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B.J. Thomas - Billy Joe Thomas

毎日いたたまれないニュースばかりなので、鬱積した気分を吹き飛ばそうと野性味溢れながらも凛々しい男性ヴォーカルを取り上げることにしました。その人の名はB.J.トーマス。彼が1972年に発表した『Billy Joe Thomas』が今回のお題です。

ビリー・ジョー・トーマス+1(紙ジャケット仕様)ビリー・ジョー・トーマス+1(紙ジャケット仕様)
(2010/07/21)
B.J.トーマス

商品詳細を見る

1. That's What Friends Are For
2. Rock And Roll Lullaby
3. Happier Than The Morning Sun
4. Roads
5. Sweet Cherry Wine
6. A Song For My Brother
7. A Fine Way To Go
8. Just As Gone
9. I Get Enthused
10. Are We Loosing Touch
11. We Have Got To Get Our Ship Together
12. The Stories We Can Tell
13. Mighty Clouds Of Joy (Bonus Track)

1971年リリースの『Most Of all』との2in1。

Most Of All/Billy Joe ThomasMost Of All/Billy Joe Thomas
(2009/10/20)
B.J. Thomas

商品詳細を見る


映画『Butch Cassidy and the Sundance Kid(邦題:明日に向かって撃て)』(1969年公開)の主題歌「RAINDROPS KEEP FALLIN' ON MY HEAD(雨にぬれても)」の大ヒットのおかげでエンタテイナーの道が約束されていたにもかかわらず、R&Bやカントリーといった自らのルーツ・ミュージックに根ざした音楽を追究することを選んだB.J.トーマス。その後も全米9位を記録した「I Just Can't Help Believing 」収録の『Everybody's Out Of Town』(1970年発表)、16位まで上昇した「No Love At All」を含む『Most Of All』(1971)など順調な活動を続けて行きます。
1972年には今回取り上げた『Billy Joe Thomas』をリリース。スティーヴィー・ワンダー、キャロル・キング、バリー・マン、ジミー・ウェッブ、ジョン・セバスチャン、デュアン・エディなど豪華なゲストを招いた意欲作でした。有名どころを相手にしても決して気後れすることなく、シンガーとしての自信がみなぎっています。

アルバムのオープニングを飾るのは「That's What Friends Are For」。ポール・ウィリアムスの作品で、彼が1974年に発表したアルバム『Here Comes Inspiration』に収録されていました。バック・ヴォーカルにポール・ウィリアムス本人と実弟のメンター・ウィリアムスが参加。「友だちとは音楽のようなもの」と友への信頼と絆が描かれた歌です。なお、この曲はシングル・カットされ、全米74位まで上昇しました。


ポール・ウィリアムスのヴァージョンです。


バリー・マンとシンシア・ワイル作の「Rock And Roll Lullaby」。シングル・カットされて全米15位のヒットを記録しています。バリー・マンがピアノ、デュアン・エディがギターで参加。
バリー・マン自身のヴァージョンは2000年の『Soul & inspirations』に収録されていました。


ライヴ映像です。


ROCK AND ROLL LULLABY
俺が出会った頃
彼女はまだ16歳でひとりぼっちだった
それで二人は一緒に育った
俺の母親であり子供でもあるような存在の彼女
今じゃ事態は悪くなり、彼女は怯えてしまった
俺が泣く度に
彼女は俺の不安をなだめ
ロックン・ロールの子守唄で
俺の涙を乾かしてくれる

そして彼女はSha nana na na na nana と歌う
大丈夫よってね
Sha nana na na na nana
強く抱きしめたまま
歌ってくれよ、ママ
nana na na na
大丈夫よってね
優しくはっきりと歌ってくれ
ああ、ママ
あのロックン・ロールの子守唄を聴かせてくれ

俺たちは心細い日々も何とかやってきた
だが神よ、夜は長かった
ママが歌うとき
二人はよりよき朝を夢見てきた
今じゃその言葉がまったく思い出せない
やってみるだけの意味がなさない
だって溢れる愛はロックン・ロールの子守唄から
みなぎっているって分かってたからさ

彼女が Sha nana na na na nana と歌う時
すべて大丈夫さ
Sha nana na na na nana

強く抱いてくれ
聴こえるよ、ママ
ママ 俺のママ
あの良き日の
ロックン・ロールの子守唄のように
俺の心を揺り動かすものは他にない

スティーヴィー・ワンダー作の「Happier Than The Morning Sun」。スティーヴィー本人もハーモニカで参加していました。恋人のおかげで朝の太陽より幸せな気分を満喫しているとの内容の歌です。


スティーヴィー・ワンダーのヴァージョンは『Music Of My Mind』(1972年発表)に収録されています。


こちらはニック・デカロのヴァージョン。1974年リリースの『ITALIAN GRAFFITI』に収録。


少々音質が悪くで恐縮ですが、ジミー・ウェッブ作の「A Song For My Brother」はライヴ映像でご覧くだされば幸いです。木製飛行機を追いかけていた子供時代の楽しい思い出を感慨深く語った歌。この曲はアート・ガーファンクルがアルバム『Watermark』(1978年発表)の中に、「Wooden Planes」のタイトルで収録していました。


日本盤ボーナス・トラックとして収録された「Mighty Clouds Of Joy」。1971年にシングルとして発売され、全米34位を記録しました。アトランタ・リズム・セクションのバディ・ブーイとロバート・ニックスの共作で、「聖なるジーザス、あなたの愛で我らを掌握させたまえ」といった内容のゴスペルです。


1992年発表の「Back Against The Wall」とのメドレーでご覧ください。


この他にもキャロル・キングとトニー・スターンの共作で、キャロル・キング本人と当時の夫だったベーシストのチャールズ・ラーキーが参加した「Fine Way To Go」、エルヴィス・プレスリーの「Always On My Mind」の作者として知られるウェイン・カーソン・トンプソン作で、バリー・マン(バック・ヴォーカル)チップ・テイラー(バック・ヴォーカル)とアル・ゴーゴニ(ギター、バック・ヴォーカル)らが加わった「Just As Gone」、ジョン・セバスチャン作で、自身もアコースティック・ギターで花を添えた「Story We Can Tell」(ジョン・セバスチャンは1974年の『Tarzana Kid』でセルフ・カヴァー)など興味深い楽曲が粒ぞろい。このアルバムの邦題は『ビリー・ジョー・トーマス~スーパー・セッション』と名付けられましたが、その名に恥じぬ完成度の高い一枚でした。
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです。いやなニュースが続きますね。そんな中、この曲は本当に一服の清涼剤ですね。私は、バリー・マンのソロアルバムで初めて聞いたのですが、いい曲でしたね。このブログを見て、あのアルバムが無性に聴きたくなりました。
gatemouth様、ご訪問ありがとうございます。
世の中は震災や原発以外にも暗い話題が多いですね。先行きが期待出来ないゆえに不安が募ります。
そんな状況の中で、エネルギッシュながらも情感溢れるB.J.の歌声はおっしゃる通り一服の清涼剤ですね。そんな風にして彼は心に響く歌を歌い続けてきたので、今なおリスナーの支持を得られているのでしょう。
昨年リリースされたボサノバのカヴァー集ではゆったりとしたテンポにアレンジされた、「Rock'n Roll Lullaby」が聴けます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/290-4290f886
<< Olivia Newton - John - "COME ON OVER" | TOP | Leonard Corhen - Dance Me To The End Of Love >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。