好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Joanie Sommers - One Boy

大型連休中なので堅苦しい話はやめて、キュートな歌声で癒されたいと思います。ご登場を願うのはジョニー・ソマーズ。以前にも彼女が歌う、「Johnny Get Angry」を記事にしましたが、今回はその時に少しだけ触れた「One Boy」を改めて取り上げます。

内気なジョニー内気なジョニー
(2008/06/25)
ジョニー・ソマーズ

商品詳細を見る

1. Johnny Get Angry
2. A Nightingale Sang In Berkley Square
3. The Piano Boy
4. I Don't Want To Walk Without You
5. Mean To Me
6. Shake Hands With A Fool
7. One Boy
8. Since Randy Moved Away
9. (Theme From) A Summer Place
10. Seems Like Long, Long Ago
11. Little Girl Blue
12. I Need Your Love



ONE BOY
恋人は特別な人
肩を寄せ合い、語り合い、ともに歩む
恋人ってそういうものよ

恋人は信頼出来る人
笑いあったり、冗談を言い合ったり
一緒にコーラを飲んだり
恋人はひとりだけ
二人も三人もいらない

いつかあなたは気がつくわ
慕い合うことが人生なんだって
あなたに身も心も捧げてくれる誰かが必要になるわ

恋人はこの人と決めた人
永遠に一緒ね
恋人はひとりだけ、そんなものよ
あなたもそう思わないかしら

元々この歌は入隊するエルヴィス・プレスリーをモデルにしてロックン・ロールやアイドルに熱中する若者たちの姿を描いたミュージカル、『By By Birdie』(1960年初公演)の挿入歌だった曲です。1963年には映画化もされました。

映画の大まかなあらすじ
ロックン・ロール・シンガーのコンラッド・バーディ(ジェシー・ピアソン)が徴兵されることになりファンは悲嘆に暮れていた。バーディーを売り出した作曲家(ディック・ヴァン・ダイク)と彼の秘書(ジャネット・リー)は一計を案じ、「エド・サリヴァン・ショー」において選ばれたファンのひとりにバーディーがお別れのキスを送るという演出がなされることになる。幸運な少女に選ばれたのはアン・マーグレット扮するキム。しかし、彼女のボーイ・フレンドであるヒューゴ(ボビー・ライデル)にとっては面白くなく、ショーのクライマックスでバーディーを殴り倒してしまう。キムとヒューゴはもとさやに戻り、バーディーも入隊を断られて歌手活動を続行。めでたし。めでたし。なお、エド・サリヴァンが本人役でショーの司会者として出演していた。

映画の中でアン・マーグレットが歌うシーン。1961年に舞台でデビューした彼女は『Pocketful of Miracles(ポケット一杯の幸福)』で映画初出演を飾り、1971年の「Carnal Knowledge (愛の狩人)」でゴールデン・グローブ賞の助演女優賞を授賞しています。また、ザ・フーが1965年に発表したロック・オペラ『Tommy』を映像化した同名映画(1975年公開)では主人公であるトミー・ウォーカー(ロジャー・ダルトリー)の母親役を演じ、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞を獲得しました。彼女は歌手としても才能を発揮し、これまでに13枚ものアルバムをリリースしています。


このミュージカルからは「One Boy」の他にも「One Last Kiss」というヒット曲が生まれています。こちらは主役のジェシ・ピアソンが歌う映画の一場面。


1960年にボビー・ヴィーが歌って全米112位を記録したヴァージョン。


ジョニー・ソマーズの「One Boy」は全米54位止まりでしたが、日本では大ヒットし、森山加代子、中尾ミエ、伊東ゆかりといった女性シンガーがこぞってカヴァー・ヴァージョンを発表したそうです。私は若者ではありませんが、この人たちと同時代の人間ではないので詳細がよく知りません。当時の状況をよく知っておられる方のご教示をお願いしたいところです。

伊東ゆかりさんのヴァージョンです。


拙ブログでは邦楽のシンガーを取り上げることは稀ですが、藤村美樹さんは別格です。


今回はこのあたりでお開きにします。お後が宜しいようで。
スポンサーサイト

コメント

先日は僕のブログにコメントありがとうございました。
Backstreetsさんは本格的な音楽ブログをされてるんですね!!

今回の「One Boy」は知らない曲でしたが、アン・マーグレットと藤村美樹さんに反応しちゃいました(笑)

アン・マーグレット、そんなに出演作を観たわけじゃないけど、とっても可愛くて僕好みの女優さんなんです。歌手としてそんなにアルバムを出していたとは知りませんでした。

藤村美樹さん、歌唱力ではキャンディーズ一だったのではないでしょうか・・・?この「One Boy」も素晴らしい!僕はキャンディーズが大好きなので、スーちゃんへの哀悼の意も込めて今度じっくりブログに書くつもりです。またよかったら見て下さいね~。
私もミキさんが良いと思います
賛成 ♥
ペイル様、ご訪問ありがとうございます。
美貌と演技力と歌唱力まで兼ね備えた女優アン・マーグレット。天は二物も三物もお与えになられたようです。そんな彼女も舞台で転落して大怪我を負うというアクシデントに見舞われたことがありました。映画「Tommy」では復帰に賭ける彼女の強い意気込みが功を奏してゴールデン・グローブ賞授賞へと繋がったのだと思います。
藤村美樹さんはごく短期間だけ復帰され、一枚のシングルとアルバムを残して再びシーンを離れられました。シンガーとして才能があっただけに本当に残念です。
拙いブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。
SNAKE様、ご訪問ありがとうございます。拙いブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。
藤村美樹さんが引退された時の潔さに拍手を送りましたが、もし復帰されても拍手で迎えたいと思います。
"One Boy"、可愛い歌ですね。
恋をすると他の人なんて考えられないですよね。訳を読んでみて思いました。
元は映画の挿入歌だったんですね。
伊東ゆかりさんの日本語バージョンもいいですね。
元キャンディーズのミキさんが歌うバージョンも素敵でした。
saya様、ご訪問ありがとうございます。
以前に情けない恋人が自信をつけてくれることを懇願した「Johnny Get Angry」を取り上げたことがありますが、この時代の歌は恋をすると他の人のことは考えられないといった内容のものが多いですね。
こうしたシンプルな歌詞が人の心を捕らえる時代はつくづく良かったと思いました。
藤村美樹さんがリード・ヴオーカルを取った曲を集めた編集盤がリリースされたら良いのになあと思う今日この頃です。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/287-a5f8a8e0
<< Connie Stevens - Sixteen Reasons | TOP | Jackson Browne - Before The Deluge >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。