好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B.J. Thomas - EVERYBODY'S OUT OF TOWN

前回の記事はブルース・スプリングスティーンの『Darkness On The Edge Of Town』でした。今回は "Town" つながりという訳ではないのですが、B.J.トーマスが1970年に発表したアルバム『Everybody's Out Of Town』を取り上げます。短絡的な決め方で誠に申し訳ございません。

エヴリバディズ・アウト・オブ・タウン+4(紙ジャケット仕様)エヴリバディズ・アウト・オブ・タウン+4(紙ジャケット仕様)
(2010/07/21)
B.J.トーマス

商品詳細を見る

1. Everybody's Talkin'
2. Everybody's Out of Town
3. The Mask
4. I Just Can't Help Believing
5. Send My Picture to Scranton, PA
6. What Does It Take
7. Oh Me Oh My
8. Created for Man
9. Sandman
10. Bridge over Troubled Water
[Bonus tracks]
11. Life
12. I Believe in Music
13. Most Of All
14. No Love At All

お得な2in1。ボーナス・トラックの曲目が若干異なります。

Raindrops Keep Fallin' On My Head/Everybody's Out Of TownRaindrops Keep Fallin' On My Head/Everybody's Out Of Town
(2009/10/20)
B.J. Thomas

商品詳細を見る


大ヒット曲「Raindrops Keep Fallin' On My Head(雨にぬれても)」の勢いが覚めやらぬうちにと1970年5月にリリースされたアルバム『Everybody's Out Of Town』。メンフィス・サウンドの立役者でエルヴィス・プレスリーの『From Elvis In Memphis』(1969)を手掛けたチップス・モーマンをプロデューサーに迎え、カントリーやR&Bをルーツに持つB.J.トーマスの魅力がいかんなく発揮された一枚です。

オープニング・ナンバーはフレッド・ニール作の「Everybody's Talking」。ハリー・ニルソンのヴァージョンでお馴染みの曲ですが、さりげなく歌うB.J.の歌唱もまた違った趣が漂います。


1970年に全米26位まで上昇した「Everybody's Out of Town」。ハル・デヴィッド&バート・バカラックの作品です。少々SF的な内容ですが、大気汚染や公害問題に対する彼らのメッセージが込められていました。この曲と「Send My Picture to Scranton, PA」のアレンジとプロデュースはバカラック自身が担当。エンジニアとしてフィル・ラモーンが加わっています。


EVERYBODY'S OUT OF TOWN
人々はどこへ行ってしまった
ぶらつき歩く人は誰一人としていないようだ
窓の向こうに見えるのは
人影のない家々

ヘイ、みんな町を出てしまったみたいだな
このあたりにいるのは俺だけのよう

通りには何もない
交通がどこもかしこも止まっている
映画館で席を待つこともないのさ

ゲットーからもみんな移動してしまった
目立つ空き地 空室だらけのアパート
もう公害なんてないんだ
どこでも教室だらけさ

俺たち人間にはもう一度やり直す
準備が出来てるように思えるんだ
今度は言い訳なし
ノアにメッセージを送っておこう

ヘイ、誰か人を降ろしてもらったほうがいいんじゃないか
地球上の誰もが町を出て行ったんだから

ノアとは旧約聖書の『創成期』(第6章~9章)に登場するノアのことを指すのでしょう。人間の業に怒りを覚えた神は「神に従う無垢な人間」ノアに方舟を作らせ、彼の家族とすべての動物の雌雄一組ずつをその方舟に乗せて大洪水に対処させました。

バリー・マン&シンシア・ワイル作の「I Just Can't Help Believing」。全米9位のヒットを記録しました。彼女の行為や仕草があまりにも魅惑的で信じざるを得ないという恋心を歌っています。バリー・マンのオリジナルは1968年に発表(2000年リリースの『Soul & Inspiration』で再録)。エルヴィス・プレスリーも1970年のアルバム『That's The Way It Is』で取り上げていました。


ケニー・ロジャースとのデュエットで歌う映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=Ti-i3YxDTgI

エルヴィス・プレスリーのヴァージョンはライヴ映像でご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=ApBJMrYcTmM

お前の愛を勝ち取るにはどうすればいいのだ、と迫る「What Does It Take」。ジョニー・ブリストル、ハーヴェイ・フークァ、ヴァーノン・バロックの共作です。ジョニー・ブリストルのオリジナル盤の他、ジュニア・ウォーカー&ジ・オールスターズが1969年に全米4位となるヒットに押し上げ、トニー・ジョー・ホワイトが『Tony Joe』(1970)、サンタナが『Shango』(1982)、サックス奏者のキャンディ・ダルファーが『What Does It Take』(1999)で取り上げるなど、レコーディングしたアーティストは枚挙に暇がありません。


ジュニア・ウォーカー&ジ・オールスターズのヴァージョンです。
http://www.youtube.com/watch?v=h0xzcavGrj4&feature=related

サンタナのヴァージョンも時間がよろしければお聴きください。
http://www.youtube.com/watch?v=fbatSnN2Cn8

ジェイムズ・ドリス作の「 Oh Me Oh My」。愛する人のためなら道化さえ演じるという一途な想いが込められたラヴ・ソング。イギリスの人気女性シンガー、ルルがマッスル・ショールズで録音した『New Routes』(1970)、アレサ・フランクリンの『Young, Gifted And Black』(1972)、オーストラリア出身の女性歌手ティナ・アリーナの『Songs Of Love & Loss 2』などのアルバムにカヴァー・ヴァージョンが収録されています。


宜しければルルのヴァージもご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=E66uJQtxdHg

何の説明もいらない「Bridge over Troubled Water」。安直なカヴァーにも思われますが、少々ハスキーで抑え気味ながらもソウルフルなB.J.の歌声はアート・ガーファンクルの歌唱とはまた違った魅力を醸し出しています。


さて、ボーナス・トラックについても簡単に触れることにしましょう。まず、マック・デイヴィス作の「I Believe in Music」。作者本人のヴァージョン(1970年発売)のほか、1971年にヘレン・レディ、ダニー・ハサウェイ(『Donny Hathaway』収録)、ギャラリー(1972年に全米22位を記録)などの録音があります。少年時代の記憶なので定かではないのですが、日本では沢田研二さんが独自の訳詞を付けられ、当時の御三家(郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎)など多くの歌手によって70年代の歌謡番組でよく歌われる場面がありました。

http://www.youtube.com/watch?v=U0j3amaUAoY

ジェイムズ・コブとバディ・ブーイの共作「Most Of All」。彼らは後にアトランタ・リズム・セクションを結成します。B.J.のヴァージョンは70年にリリースされ、71年に全米38位まで上昇しました。今回はライヴ映像でお楽しみいただければ幸いです。


ジョニー・クリストファー、ウェイン・カーソン・トンプソン共作の「No Love At All」。「ほんの少しでも愛があるほうがないよりましさ」と言いながら明日を信じる男の歌です。作者のカーソン・トンプソンの72年のアルバム『Life Lines』のほか、女性カントリー・シンガーのリン・アンダーソンがカヴァーしていました。


リン・アンダーソンのヴァージョン。
http://www.youtube.com/watch?v=rUa4IThorog

活力あるファンキーな演奏をバックに南部テイスト溢れるサウンド。J.B.トーマスにとって、まさに水を得た魚のように才覚を絞り出せたアルバムだったに違いないでしょう。説得力のある彼の歌声からは歌に対する一意専心の想いを実感しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/264-8a75e144
<< Don Nix - LIVING BY THE DAYS | TOP | Bruce springsteen - The Promised Land >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。