好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linda Ronstadt - Cry Me A River

しつこいようですが、今回もスタンダード集を取り上げます。
リンダ・ロンシュタットは何枚もスタンダード・アルバムをリリースしているのですが、2004年に発表された『Hummin' to Myself』はあまり注目されないまま市場から姿を消そうとしております。2000年の『A Mary Little Christmas』を最後にアサイラムを離れ、ジャズの老舗レーベル「ヴァーブ」に移籍して出されたこのアルバム、リンダのジャズとこれまで以上に真剣に向かい合おうという気持ちが滲み出ているようでした。

CRY ME A RIVER
今になってあなたは孤独だと言うのね
一晩中泣き続けただなんて
そうよ 私のことを思って川のように泣けばいいわ
私のことを思って川が出来るぐらい泣けばいいのよ
私だってあなたを思って川のように涙を流したんだから

今になって自分が悪かっただなんて言うのね
とても不誠実だったと
そうよ 私のことを思って川のように泣けばいいわ
私のことを思って川が出来るぐらい泣けばいいのよ
私だってあなたのことを思って川のように涙を流したんだから

あなたのせいで私は気も狂わんばかりだった
あなたは一粒の涙も流さなかった
憶えているかしら
私はあなたが言った言葉を全て憶えているわ
愛なんて卑しいことと言ったわね
私とのことは終わったと言ったわね

今さら私を愛しているというのね
それなら証明してちょうだい
さあ、私のことを思って川のように泣けばいいわ
私のことを思って川が出来るぐらい泣けばいいのよ
私だってあなたのことを思って川のように涙を流したんだから


考えてみれば、「いい気味だわお泣きなさい」と言いながらも「私を愛していることを証明してちょうだい」なんて怖い歌ですね。リンダのような女性を前にしてこんな言葉を告げられたらどうしよう。まぁ、そんな状況に陥ることはないからいいかな。

今回はアルバムからアーサー・ハミルトン作の「Cry For A River」、サミー・フェインが書いたタイトル曲「Hummin' myself」、ゴードン・ジェンキンス作の「Blue Prelude」の3曲を聴いていただけたら幸いです。


Discover Linda Ronstadt!


やはりジュリー・ロンドンのオリジナルも紹介しておかないといけません。


ジョー・コッカーも歌っています。アルバム『Mad Dogs & Englishmen』より。


ハミン・トゥ・マイセルフハミン・トゥ・マイセルフ
(2004/11/10)
リンダ・ロンシュタット

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

リンダは私もブログで取り上げたりしていますが、本当に上手い歌手です。ジャズ・スタンダードも全部聴きましたし、スパニッシュのアルバムも彼女に似合った素晴らしい作品でした。
もうみんな忘れてしまったのでしょうか??
しつこいようですが

そんなことないですよ
Standard Numberが基本ですから♪

Linda Ronstadt
元はCountry系なんですが
Standardを唄わせると
いいんですよね
ちょっと言葉では言い表せない♪
(何せ文書能力・Vocabulary限り無く零に近いもので)

God bless you...
Azumi様、コメントありがとうございます。
先ほどは間違って下書きを公開してしまいましたのにコメントをいただき誠に申し訳ございませんでした。
この数回スタンダードばかりを取り上げてしまいました。スタンダード・ナンバーが基本と言っていただけるとありがたいです。
リンダのこのアルバムはアサイラム時代のジャズ・スタンダード3部作よりも円熟味が増して良いですね。
fighter-k様、コメントありがとうございます。
先ほどは間違って下書きを公開してしまいましたのにコメントをいただき誠に申し訳ございませんでした。
リンダのアサイラム時代の作品はほとんどが廃盤状態。寂しい限りです。国内盤が全てリマスターされて再発されることを切望します。
全3作が、オーケストラだったのに対し、この「ハミン・トゥ・マイセルフ」はコンボがバックでしたね。

リンダの最新作、アン・サヴォイとの作品も良いですよ。

bornin様、コメントありがとうございます。
年齢を重ねてさらに歌が上手くなったこともあるのですが、コンボがバックのほうがよりリンダの魅力が伝わるような気がします。
カントリーに戻ったアン・サヴォイとのアルバムも良かったですね。次作の展開が楽しみです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/26-1b28af12
<< Gram Parsons - Wild Horses | TOP | Love is a many splendored thing >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。