好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Joni Mitchell - RIVER

失礼ながらまたもやPurple_Hazeさんの記事に被せます。取り上げるはジョニ・ミッチェルの「RIVER」。1971年に彼女が発表したアルバム『Blue』に収録されていた一曲です。

BlueBlue
(1994/10/26)
Joni Mitchell

商品詳細を見る

1. All I Want
2. My Old Man
3. Little Green
4. Carey
5. Blue
6. California
7. This Flight Tonight
8. River
9. A Case Of You
10. The Last Time I Saw Richard



BLUE
クリスマスがやって来る
人々はツリー用の樅の木を切り
トナカイの飾りの準備をし
そして喜びと平和の歌を歌っている
ああ私に氷の張った川があれば
その上を滑って行けるのに
だけどここには雪が降らない
まわりは緑のまま
お金を貯めよう
そうすればこんな苛立たしい状況とおさらば出来るんだわ
ああ私に氷の張った川があれば
その上を滑って行けるのに
ああ私に長い川があればいいのに
そしたら自分の足に飛ぶことを教え込むだろう
ああ私に川があれば
その上を滑って行けるのに
だけど私は大切なあの人に悲しい想いををさせてしまったみたい

彼は懸命に私を救おうとしてくれた
私を安らぎを与えてくれた
荒々しく愛してくれた彼
私を身も心もとろけるほどに
ああ私に氷の張った川があれば
その上を滑って行けるのに
私は扱いにくい女
我がままで泣いてばかり
私は自分からサヨナラを告げ
今まで会った中で最高の彼を失った

ああ私に氷の張った川があれば
その上を滑って行けるのに
ああ私に長い川があればいいのに
そしたら自分の足に飛ぶことを教え込むだろう
私は彼にサヨナラを言わせてしまった

クリスマスがやって来る
人々はツリー用の樅の木を切り
トナカイの飾りの準備をし
そして喜びと平和の歌を歌っている
ああ私に氷の張った川があれば
その上を滑って行けるのに

この歌にはクリスマスを迎える直前に恋人を失ってしまった女性の空しく諦観の込められた気持ちが描写されています。少々きわどい表現もあり、聖夜のイメージにそぐわないような血の通ったなまめかしさが窺えました。結婚、離婚、不倫を経験し、恋に溺れて傷つきながら大人の女性へと成長して行ったジョニ・ミッチェル。この歌でも赤裸々な心情の告白が綴られているようです。

恋多き女ジョニ・ミッチェル。浮き名を流した相手はジャクソン・ブラウン、レナード・コーエン、デヴィッド・クロスビー、グラハム・ナッシュ、ジェイムズ・テイラー、ジャコ・パストリアス・・・・・・と数知れず。この時期は誰と恋に落ちていたのでしょうか。なお、表題曲「Blue」はデヴィッド・ブルーを、「The Last Time I Saw Richard」は最初の夫であるチャック・ミッチェルのことを歌ったとされています。

すっかりクリスマス・ソングの定番となってしまった「River」。枚挙に暇がないほどのアーティストによって取れ上げられています。最近ではジェイムズ・テイラーのヴァージョン(2006年発表の『A Christmas Album』に収録)が最もポピュラーではないでしょうか。


カナダ出身のシンガー・ソング・ライターであり、リリス・フェアの提唱者としても知られるサラ・マクラクランのヴァージョンもなかなか評判が良いようです。2006年発表の『Winter Song』に収録
http://www.youtube.com/watch?v=JEfJyirgkPI

当代きってのエンターテイナーであり、ソング・ライターでもあるバリー・マニロウが円熟した味を漂わせていました。2002年リリースの『A Christmas Gift of Love』に収録されていましたが、今回はライブ映像でお楽しみいただければ幸いです。


現代のジャズ界を代表するシンガー、ダイアン・リーヴスのヴァージョン。1999年発表の『Bridges』に収録されています。


ビリー・ホリディの再来と騒がれたマデリン・ペルーが、2006年の『Half the Perfect World』の中でK.D.ラングを迎えてしっとりとしながらも滋味溢れたデュエットを披露しています。


この歌はジャズ・シンガーの中で人気が高いようで、ホリー・コールも1997年発表の『Dark Dear Heart』で取り上げていました。

比較的新しいところでもうひとつ。ハービー・ハンコック&コリーヌ・ベイリー・レイが2007年リリースの『River - Joni Letters』の中で取り上げています。ジャズの巨人とイギリスのシンガー・ソング・ライターの組み合わせが絶妙の雰囲気を醸し出していました。


他にもハートがジョン・ポール・ジョーンズ(レッド・ツェペリン)をプロデューサーに起用したアルバム『The Road Home』(1995)で、リンダ・ロンシュタットが『A Merry Little Christmas』(2000)でそれぞれカヴァー・ヴァージョンを発表しています。ことにリンダのバージョンはジョニ・ミッチェルのオリジナルに忠実ながらも弦楽四重奏を配し、哀切の想いを情感を込めてしなやかに歌い上げていました。

今回も他人の褌で相撲を取るような格好になり誠に申し訳ございませんでした。触発された、感化されたと巧みな言い訳を並べても仏の顔も三度まで。今後とんでもないしっぺ返しが来るように思われます。どうかお手柔らかに。
スポンサーサイト

コメント

数多くの人たちがCoverしてますが
今回のChristmas Song特集からは
あえて外しました
Christmas Carolが中心ですからね
いい唄です
「心」に残ります♪

God bless you...
Azumi様、コメントありがとうございます。
クリスマス・キャロルの特集を毎回楽しみに拝読、拝聴しています。
ジョニ・ミッチェルの「River」は失恋の痛手が描かれた歌で、本来のクリスマス・ソングと少々趣を異にすると思います。それでも人々の心に残るのは誰でもが経験し、陥りそうな普遍性がそこにあるからでしょう。
本当にいい歌です。
ご紹介ありがとうございます。
恥ずかしながらRiverにこんなに沢山のカヴァーがあったとは
知りませんでした。
これだけの名曲だから当然ではありますよね。
どれも良かったのですが、マデリン・ペルーのカヴァーが個人的には気に入りました。
ハーヴィー・ハンコックはうっかりしてました、灯台下暗しですね。
Purple_Haze様、コメントありがとうございます。
この曲は多数のアーティストによって取り上げられていますが、静寂感や虚無感を演出するにはジャズ風のアレンジがよく似合っているのかもしれません。
リンダ・ロンシュタットとハートの音源・映像はYouTubeにないようですね。リンダのヴァージョンは胸に迫るものがあるだけに残念です。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/257-6e66c5f2
<< Karla Bonoff - The First Noel | TOP | John Lennon - GOD >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。