好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Claudine Longet - THE LOOK OF LOVE

京都は連日体温並みの気温の日々が続いております。こんな状況では暑苦しい音楽を聴くのをやめ、涼しげな歌声と音で癒されるのが一番でしょう。

恋の面影恋の面影
(2002/02/06)
クロディーヌ・ロンジェ

商品詳細を見る

1. The Look Of Love
2. Man In A Raincoat
3. Think Of Rain
4. How Insensitive
5. Manha de Carnaval
6. I Love How You Love Me
7. Creators Of Rain
8. When I'm Sixty-Four
9. Good Day Sunshine
10. The End Of The World

さて、ご登場を願う方はクロディーヌ・ロンジェ。彼女が1967年に発表した『THE LOOK OF LOVE』を今回のお題としました。暑い夏には彼女のウィスパリング・ヴォイスで涼を取るのが打ってつけです。

前回の記事で取り上げたクリス・モンテス同様、トミー・リプーマがプロデュース、ニック・デカロがアレンジを担当。クロディーヌ・ロンジェにとってA&Mからの3枚目となるこのアルバムもこれまでの2枚と同じく、フレンチ・ポップスとボサ・ノヴァが見事に融合されたA&M風ソフト・ロックを踏襲したアルバムでした。

それではYouTubeの画像・音源を使って全曲を紹介して行きましょう。映画『007カジノロワイヤル』(1967年公開)の主題歌としてお馴染みの「The Look Of Love(恋の面影)」。バート・バカラック、ハル・デイヴィッドの共作です。映画ではダスティ・スプリングフィールドが歌っていました。クロディーヌ・ロンジェのヴァージョンはストリングスのアレンジとブラシでリズムを刻むパーカッションの音色が印象的です。


当時の夫だったアンディ・ウィリアムスとの共演映像です。女優でもあるクロディーヌ・ロンジェの魅力が溢れる演出が窺えました。
http://www.youtube.com/watch?v=Ezd9nUACnLw

ダスティ・スプリングフィールドのヴァージョンです。1967年リリースのサントラ『Casino Royale』に収録。
http://www.youtube.com/watch?v=NNQUxxiwRvc

ワーウィック・ウェブスター作の「Man In A Raincoat」。控えめなブラス・セクションが効果的に使われています。


ファースト・レコーディングはプリシラ・ライトによるヴァージョンです。1955年に全米18位を記録。
http://www.youtube.com/watch?v=alyK8SgUTCc&feature=related

クロディーヌ・ロンジェのアンニュイな魅力が漂う「Think Of Rain」。


アントニオ・カルロス・ジョビン作曲のボサ・ノヴァ、「How Insensitive」。ストリングスとパーカッシヴなリズムが、流れるような雰囲気を醸し出していました。


この曲を取り上げているアーティストは枚挙に暇がありませんが、今回はジョビンとスティングの共演を宜しければお聴きください。1996年にリリースされた『Red Hot + Rio:Pure Listeng Pleasure』に収録。このアルバムはエイズ基金の創設者へのトリビュート・アルバムで、アストラッド・ジルベルト、ジョージ・マイケル、坂本龍一など錚々たるメンバーによるブラジリアン・ポップスのカヴァー集でした。
http://www.youtube.com/watch?v=wseEgn6PM8Q&feature=related

アントニア・マリア作詞、ルイス・ボンファ作曲の「Manha de Carnaval」。映画『Orpheu Negro(黒いオルフェ)』(1955)の挿入歌として知られる曲です。カーニヴァルを思わせる情熱的なオープニングと抑制されたクロディーヌの歌声との対比が興味深く、エンディングには再びエキサイティングな演出がなされていました。こうしたドラマティックな展開は女優でもある彼女にとって相応しいと思われます。


この曲も数多くのアーティストがレコーディングしていますが、以前アストラッド・ジルベルトのヴァージョンを紹介したことがあるので今回はジョーン・バエズのヴァージョンをアップしておきます。1963年リリースの『Joan Baez In Concert, Part 2』などに収録。
http://www.youtube.com/watch?v=Cd_1YLh0aFA

バリー・マン、ラリー・コルバー共作の「I Love How You Love Me」。クロディーヌの品の良い歌声とセリフが心に優しく響きます。


フィル・スペクターがプロデュースしたパリス・シスターズのヴァージョンが1961年に全米5位のヒットを記録していますが、今回はボビー・ヴィントンが68年にリリースしたヴァージョンと聴き比べてくだされば幸いです。
http://www.youtube.com/watch?v=-KgzoheDZ9Q

スモーキー作の「Creators Of Rain」。フォーク・テイストが漂うバラード曲です。


オリジナルはフォーク・デュオのスモーキー&ヒズ・シスター。1967年リリースの『Smokey And His Sister』に収録。
http://www.youtube.com/watch?v=RR7uJA8QZBo

ビートルズ・ナンバー「When I'm Sixty-Four」。ジョン・レノン、ポール・マッカートニー共作となっていますが、実際はポールが父親に敬意を払って作った曲とのこと。コミカルな原曲のイメージに忠実ながらもクロディーヌの持つしなやかさが表現されていました。アコーディオンの音色が印象的。彼女のような美しい人なら、64歳になっても大歓迎という御仁が多いのではないでしょうか。


ビートルズのオリジナル・ヴァージョンは1967年リリースの『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』に収録。
http://www.youtube.com/watch?v=i3HAJ4DjMhY

再びビートルズ・ナンバー「Good Day Sunshine」。この曲もレノン=マッカートニー共作とクレジットされていますが、実際は殆どポールのアイデアによって作られた曲で、彼がソロになってもレコーディングしているお気に入りの一曲です。
クロディーヌ・ロンジェのヴァージョンはビートルズのオリジナルに忠実ながらもホーンの音色を始めとして全体的によりユーモラスな仕上がりになっていました。


ビートルズのオリジナル・ヴァージョンは1966年リリースの『Revolver』に収録。
http://www.youtube.com/watch?v=dHTPdbpogRE


シルヴァー・ディー作詞、アーサー・ケント作曲の「The End Of The World」。スキーター・デイヴィスが歌い、全米2位の大ヒットとなった曲です。切ないストーリーが描かれた作品ですが、クロディーヌ・ロンジェの歌唱はさらりとしながらも何か胸をえぐられるものがあります。


THE END OF THE WORLD
何故、太陽は輝き続けるの?
何故、波は岸に打ち寄せるの?
これがこの世の終わりだってことを誰も知らないのね?
あなたが私を愛してくれないから世界の終わりだってことを

何故、鳥は歌い続けるの?
何故、星は天上で光を放つの?
これがこの世の終わりだってことを誰も知らないのね?
あなたの愛を失った時に世界が終わったのよ

毎朝目覚めて、ふと思う
どうして何も変わらないのか
分からない 分からないのよ
どうしたらいつものような暮らしが続いて行くのか

何故、鼓動が私の胸を打ち続けるの?
何故、私の瞳から涙があふれるの?
これがこの世の終わりだってことを誰も知らないのね?
あなたから別れを告げられた時に世界は終わったのよ

スキーター・デイヴィスのヴァージョンは1963年発表の『The End Of The World」に収録。今回はライヴ映像でお楽しみください。
http://www.youtube.com/watch?v=Qgcy-V6YIuI

スポンサーサイト

コメント

この暑さをを和らげてくれる
まさしく一服の清涼剤ですよね♪

God bless you...
Azumi様、コメントありがとうございました。
夏の風に吹かれ、まどろみながら聴いていたい歌声です。
Backstreets 様

クロディーヌいいですよね~。
未発表集の「シュガー・ミー」も含めて、8枚のアルバムは全部好きですが、このアルバムももちろん大好きです。
「シンク・オブ・レイン」、「クリエイターズ・オブ・レイン」、「ホエン・アイム・シックスティー・フォー」などなど、いい曲ばかりですね。

クロディーヌは拙ブログでも以前取り上げましたので、よろしかったら覗いてみてください。
http://nusiclife.at.webry.info/200707/article_7.html

おやぢ様、コメントありがとうございます。
唯一無二のクロディーヌの個性。ニック・デカロの洒落たアレンジがよく映えます。
ビートルズ・ナンバーを飾り気なくさらりと歌いこなしているのが好印象。作者名が記されていない「Think Of Rain」はフランス訛りの英語が実に愛らしいですね。
気温35度が日常という厳しい夏で、まいりますね。当地も暑いですが、京都ではさらに暑い日々が続いていることと察します。どうぞご自愛くださいませ。

やはりこう暑いと、涼しげな歌声には癒されますね。
「THE LOOK OF LOVE」の軽やかなブラシがいいアクセントで、思わず聴き入ってしまいました。涼風が流れてくるような気分になりました。
それと「THE END OF THE WORLD」は切ないメロが大好きで、誰が歌っても楽しめるのですが、このひとの場合、サビ部分もサラリとしていて切なさが際立ちますね。
bob様、コメントありがとうございます。
暦の上では暑さが退散する処暑に入っていますが、日本全国いまだに大暑の状態が続いているようです。冷夏になるよりは良いのでしょうけど、さすがに参りましたね。
クロディーヌ・ロンジェの囁くような唱法は暑苦しさがなく涼しげ。感情も抑制されているだけに嫌みを感じません。また、ニック・デカロの洒落たアレンジが涼風を運んでくれているかのようにも思えます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/236-12051c96
<< The Lovin' Spoonful - HUMS OF THE LOVIN' SPOONFUL | TOP | Chris Montez - TIME AFTER TIME >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。