好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tom Waits - CLOSING TIME

トム・ウェイツのアサイラム時代の作品が紙ジャケット仕様でリリースされました。そこで今回は1973年に発表された彼のファースト・アルバムである『CLOSING TIME』を取り上げます。

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)
(2010/03/10)
トム・ウェイツ

商品詳細を見る

1. Ol' 55
2. I Hope That I Don't Fall in Love with You
3. Virginia Avenue
4. Old Shoes (& Picture Postcards)
5. Midnight Lullaby
6. Martha
7. Rosie
8. Lonely
9. Ice Cream Man
10. Little Trip to Heaven (On the Wings of Your Love)
11. Grapefruit Moon
12. Closing Time

以前にトム・ウェイツの『Blue Valentine』を扱った時に彼の簡単なプロフィールを記しましたが、少しばかり補足したいと思います。
1949年12月7日にカリフォルニア州バモーナに生まれたトム・ウェイツ。彼が10歳の頃に両親が離婚、15歳の時には母と姉とともに隣国メキシコに近い観光地であるサン・ディエゴに引っ越しました。
幼き頃よりフランク・シナトラやルイ・アームストロングに親しみ、思春期になるとフォーク、ブルース、R&B、ジャズなどに傾倒。ことにボブ・ディランがお気に入りだったようで、彼を通してジャック・ケルアックを始めとするビートニク文学に感化されていったようです。
家庭の事情もありトムは16歳で高校を中退。ピザ・ハウスで働き始めます。その後もクラブや娯楽施設の多いこの地で職業を転々と変え、学校では味わうことのない人生経験を積んでいきました。
そうした生活が続く中でミッション・ビーチへ移住し、やがて自ら歌を作り、ギターとピアノを演奏しながら地元のクラブで歌い始めるようになります。独特の個性を持った彼の歌は次第に周囲の評判を呼びました。
自信を得たトム・ウェイツは1970年初頭、名門クラブ、「トルヴァードール」の新人オーディションを受けるためにロサンゼルスへ向かいます。デビューを目指す百戦錬磨の強者が集う中、トムは見事に合格して出演が決定。数曲を人前で歌うチャンスをつかんだのでした。
翌1971年、トム・ウェイツはMFQ、フランク・ザッパ、ティム・バックリィらのマネージメントを行い、アサイラム・レコードとも関係の深いハーブ・コーエンに見初められます。 コーエンはソング・ライターとしてトムと契約を結び、デモ・テープを制作。翌72年、トムのライヴ・パフォーマンスがアサイラムの社長であるデヴィッド・ゲフィンの耳に留まり、アーティストとしての契約に至ります。
トム・ウェイツのファースト・アルバムのプロデュースには元MFQのメンバーで、アソシエーション、ラヴィン・スプーンフル、ティム・バックリィのプロデューサーとして知られるジェリー・イエスターを起用。彼はミュージシャンであり、コンポーザー、アレンジャーでもある才人でした。
ボブ・ディランを敬愛するものの、1960年代のロックよりもジャズやR&Bといった黒人音楽に多大な影響を受けたトム・ウェイツの音楽性。声質はしわがれ声のディランとは異なり、むしろルイ・アームストロングを彷彿させるだみ声。シンガー・ソング・ライターが脚光を浴び始めた1972年前後のアメリカの音楽界には少々そぐわないタイプの新人だったのかもしれません。そうしたロック・ミュージックと少し距離を置いたようなトムの個性や特性を生かしながらも時代の潮流に合わせ、リスナーに受け入れられるサウンドに仕上げるためにイエスターは苦心したものと思われます。

それではアルバムの中から何曲か紹介します。オープニング・ナンバーは「Ol' 55」。


続いて、前述のデモ・テープのヴァージョンから。このデモ録音は『The Early Years 』(1991)及び『The Early Years Vol. 2』(1993)としてリリースされました。この「Ol' 55」は『Vol. 2』に収録。


OL' 55
時は早く過ぎ行く
だから俺はいつもの「55」(高速道路)を
全速力で突っ走った
速度を落とすと心が洗われる気がした
生きていると実感したのさ

今まさに夜が明け
俺は幸福の女神を乗せて走る
フリーウェイは車とトラックで一杯
星が消え始め 
俺はパレードを先導する
もう少しこのまま走り続けたいと願いながら
この押さえられぬほどの気持ちをおまえに伝えたいのさ

朝6時になると
促されなくとも
俺は出発しなければならなかった
トラックがみんな俺を追い越し
ライトがまぶしい
こうして俺はお前のところから
自分の居場所へ帰るんだ

今まさに夜が明け
俺は幸福の女神を乗せて走る
フリーウェイは車とトラックで一杯
星が消え始め 
俺は星々のパレードを先導する
もう少しこのまま走り続けたいと願いながら
この押さえられぬほどの気持ちをおまえに伝えたいのさ

時は早く過ぎ行く
だから俺は懐かしの55へ全速力で突っ走った
速度を落とすと心が洗われる気がした
生きていると実感したのさ

今まさに夜が明け
俺は幸福の女神を乗せて走る
フリーウェイは車とトラックで一杯
フリーウェイは車とトラックで一杯
フリーウェイは車とトラックで一杯

この「55」は55年型の車を意味するとの説があります。ここではニュー・ジャージー州の州間高速道路「Route 55」として訳しましたが、ダブル・ミーニングと解釈するほうが適切なのかもしれません。

この曲はイーグルスのアルバム『On The Border』(1974)で取り上げられ、トム・ウェイツに莫大な印税収入をもたらしました。カヴァー・ヴァージョンは枚挙に暇がありませんが、今回はサラ・マクラフランのヴァージョンを紹介します。彼女が1995年にリリースしたアルバム『The Freedom Sessions』(1995)に収録。


他にもイアン・マシューズ(1973年発表の『Some Days You Eat The Bear』に収録)、エリック・アンダーセン(1975年発表の『Be True You』に収録)、ショーン・コルヴィン(1994年発表の『Cover Girl』)など秀逸なカヴァーが多数存在します。

シンガー・ソング・ライター的なサウンドのアプローチが施された「I Hope That I Don't Fall in Love with You」は『The Early Years 』から。「おまえに恋などしたくない/恋は憂鬱なものさ」と言いながらも女性の素振りが気になる純粋な男心が描かれています。


ブルージーなギター、ミュート・トランペットがジャズの色合いを濃く醸し出した「Virginia Avenue」。


ジャジーなミュート・トランペットの音色とトムの抑制されたヴォーカルが心に滲みる「Midnight Lullaby」。


40年前に愛し合ったが成就することなく別れ、お互い家族持ちになった今、かつての恋人に愛を告白する「Martha」。


孤独感が漂うピアノの音色とともに「俺は人生を知っているつもりだったが寂しい」と歌われる「Lonely」。


メランコリックな「Ice Cream Man」は『The Early Years』のヴァージョンでお聴きください。


ジャジーなバラードといった風情の「Little Trip to Heaven (On the Wings of Your Love)」。こちらも『The Early Years』収録のヴァージョンから。


ジェリー・イエスターのアレンジによるインストゥルメンタル・ナンバー「Closing Time」。
酒場で飲んだくれ、ピアノにもたれかかるようにして眠っていトム・ウェイツ。朝を迎え、行き交う人のない通りをただ一人で家路を辿るといった情景が浮かびます。


トム・ウェイツが紡ぎ出す歌には都会の姿がリアルに映し出されていました。それは摩天楼がそびえるオフィス街ではなく、薄汚れた裏通りにおける様々な人間模様が描かれていたのです。16歳という多感な時期に、夜の街で働くことを余儀なくされたことによる経験が創作の下敷きとなっていたのでしょう。都会人の悲哀、悲恋、心情の描写が自身の屈折感ともあいまって、彼特有の鋭い観察眼を通した独自の世界が構築されていました。アルバム制作時のトム・ウェイツはまだ24歳。既に人生を達観したような雰囲気を表現していたのです。

評論家の評価が高かったものの商業的には芳しくなかったトム・ウェイツのファースト・アルバム。トムも「もっとジャズ寄りの音にしたかった」と漏らします。デヴィッド・ゲフィンはそんなトムの意をくみ、セカンド・アルバム以降はジャズ・ドラマーの経験があり、フィフス・ディメンションの『Stoned Soul Picnic』(1968)のプロデューサーとしても実績のあるボーンズ・ハウにプロデュースを託しました。こうしてジャジーなトム・ウェイツ独特の世界が確立して行くのです。

The Early Years, Vol. 1The Early Years, Vol. 1
(1995/06/06)
Tom Waits

商品詳細を見る


The Early Years, Vol. 2The Early Years, Vol. 2
(1998/08/25)
Tom Waits

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
一昨日、聴いてました。
ちょうど友達と呑んで、頭が痛い中聴いたので、めちゃくちゃ染みましたね。
トムはRain Dogsが名盤として挙げられることが多いみたいですが(俺はまだ聴いてないのです:汗)1stの酔いどれ詩人ぶりは最高ですよね。
ryo様、コメントありがとうございます。
トム・ウェイツの1stにはシンガー・ソング・ライター的な匂いが多少なりとも嗅ぎ取れました。その後はジャズ、そしてR&Bの要素が窺える作品が中心となり、『Rain Dogs』ではもっと音楽性の広がるアヴァンギャルドなサウンドを展開しています。個人的にはアサイラム・イヤーズのトム・ウェイツが好みですが、アイランド移籍以降のほうが評価が高いようですね。
トム・ウェイツ、いいですね。
私は今まで彼のアルバムを聴かず嫌いでした。好き嫌いが分かれるアーチストだと思いますが、やっぱり歌詞の世界を知ると、いいですね。
個人的には「Grapefruit Moon」ですかね。記事にも書きましたが、夜、単身赴任先へ戻る車中に聴くと、より一層胸に響きますね。
240様、コメントありがとうございます。
トム・ウェイツのアルバムの中では比較的聴きやすい『CLOSING TIME』。これ以降はジャズの色合いが濃くなり、さらにアヴァンギャルドな雰囲気が増していきました。これにより新たなファンを獲得したものの敬遠する人も多かったと思われます。
トム・ウェイツの作品は旅や放浪を扱ったものも多いので、帰郷するときに聴くと胸に迫るのかもしれませんね。
「あのメロディーが聴こえるといつも、胸の中で何かが壊れる」と歌われる「Grapefruit Moon」。心に沁みる曲です。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/193-26340af5
<< The Band - JERICHO | TOP | Linda Ronstadt - Mad Love >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。