好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bob Dylan - Is Your Love In Vain?

来日公演が盛況のボブ・ディラン。今回は彼が1978年に発表したアルバム『STREET LEGAL』から「Is Your Love In Vain?」を取り上げます。

Street LegalStreet Legal
(2004/06/01)
Bob Dylan

商品詳細を見る

1. Changing of the Guards
2. New Pony
3. No Time to Think
4. Baby Stop Crying
5. Is Your Love in Vain?
6. Seor (Tales of Yankee Power)
7. True Love Tends to Forget
8. We Better Talk This Over
9. Where Are You Tonight? (Journey Through Dark Heat)

この曲が初めて人前で歌われたのは1978年2月28日の武道館。初来日公演での出来事でした。そして、その年の6月にリリースされたアルバム『Street Legal』の中の1曲として収められたのです。


IS YOUR LOVE IN VAIN?
愛してくれているのですか、
それともたんなる好意を差し伸べているだけ?
あなたが言葉で言う半分も私を必要としているのですか
それともやましさを感じているから?
私は前に身を焦がしたことがあるので
本質を知っている
だから愚痴をこぼしたりしない
あてにしていのでしょうか
それともむなしい恋なのですか?

あなたはとても放埒なので
私が孤独でいたいことがわからないのでしょう?
私が暗闇の中にいる時
なぜ入り込んで来るのですか?
私の世界を知っていますか
私がどういう種類の人間か分かっていますか?
それとも説明しなければなりませんか?
私を私のままでいさせてください
それともむなしい恋なのですか?

私は山に住んでいたこともあるし
風の中に住んでいたこともある
幸福だった時もあれば不幸なだった時もある
王様たちと食事をともにし
羽も提供された
それでもあまり感じたことはなかった

分かりました 賭けてみましょう 
あなたと恋に落ちましょう
私に思慮が欠けていたのならば
あなたには夜があるし朝がある
料理と裁縫ができますか
花は育てられますか
私の苦しみを理解できますか?
リスクを被ることもいとわぬ気持ちがありますか
それともむなしい恋なのですか?

ホーン・セクションとキー・ボードによる壮麗なイントロで始まり、美しいメロディを淡々と歌うボブ・ディラン。相変わらず皮肉な表現を交えているものの真摯な態度で臨む求愛のメッセージが綴られていました。
いい加減な恋をする気はないと述べるのは好感が持てますが、21世紀の社会において ”Can You cook and saw, make flowers grow(料理と裁縫ができますか/花は育てられますか)” といったようなくだりはフェミニストの方々からの抗議を受けかねません。また、男性からこんなに気難しい愛の告白をされるとなると辟易してしまう女性もおられることでしょう。

この「Is Your Love In Vain?」を含めてアルバムにはそこはかとなくゴスペル・フィーリングが漂っていました。そして、それは翌1979年に発表された『Slow Train Coming』からのいわゆる「キリスト教三部作」を予感させるものにも思えます。

来日公演の翌年である1979年にリリースされた『BOB DYLAN AT BUDOKAN』のヴァージョンです。イントロがなく全体的にシンプルでリラックスしたような雰囲気の演奏の中で歌われています。


At BudokanAt Budokan
(1996/06/03)
Bob Dylan

商品詳細を見る


モット・ザ・フープルのイアン・ハンターによるライヴ・パフォーマンス。モットのメンバーはなかなかのディラン・フリークが集まっていたようで、リード・ギターを担当していたミック・ロンソンは『Rolling Thunder Revue』(1975 - 1976)に加わり、日本公演にも帯同するのではないかと囁かれていました。


スポンサーサイト

コメント

このアルバムも、初来日公演も、
かなりポップだったんで、
当時、賛否両論でしたね。
私は好きでしたが。
そうえいば、「セニョール」も
15日に歌ったみたいです。
BRUCE06様、こちらにもコメントありがとうございます。
かなりポップなうえに、ゴスペル並びにメキシカン的な雰囲気も窺えるアルバムでしたね。
15日の公演で「セニョール」まで飛び出したとは。後悔先に立たずといったところです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/192-fa9f9d18
<< Linda Ronstadt - Mad Love | TOP | The Byrds - DR. BYRDS & MR. HYDE >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。