好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bob Dylan - If Not For You

中学生の時に見た映画『バングラデシュのコンサート』の中でボブ・ディランとジョージ・ハリスンが共演していました。本格的にロックを聴き始めた頃のことで、動く2人の姿を映画館のスクリーンで目の当たりにして感激したものです。

ボブ・ディランは1964年のイギリス・ツアーをきっかけとして、ビートルズやローリング・ストーンズやドノヴァンらイギリスのロック・アーティストとの交流を始めたそうです。ビートルズの『サージャント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のジャケットを飾る著名人たちの一人としてディランの写真が掲載されていることが彼らの親密ぶりを表していると言われております。
今回取り上げたボブ・ディランの「If Not For You」は彼の11枚目のアルバム『New Morning (邦題: 新しい夜明け)』(1970年発表)に収められております。このアルバムに先立ち、ディランはジョージ・ハリスンとレコーディング・セッションを行い、「If Not For You』以下9曲をレコーディングしました。しかし、このセッションで録音された曲は『New Morning』に収録されず、これ以降のディランのアルバムの中でも発表されることはありませんでした。ディランもジョージも「If Not For You」をそれぞれ録音し直し、別のヴァージョンが『New Morning』とジョージの『All Things Must Pass』(1970年発表)に収録されています。なお、ジョージのこのアルバムにはディランとの共作「I'd Have You Anytime」が収められていました。ちなみに、ディランとジョージの前述のセッションでは「If Not For You」のほか、「Song To Woody」、「Yesterday」、「Just Like Tom Thumb's Blues」、「One Too Many Mornings」など興味深い楽曲が録音されたとのことです。

1960年代の後半に『ジョン・ウェズリー・ハーディング』(1968年発表)、『ナッシュヴィル・スカイライン』(1969年発表)といったカントリー・ミュージックに接近したアルバムを発表したディラン。なんと『ナッシュヴイル・スカイライン』ではしわがれ声ではなく別人を思わせるような鼻にかかった裏声で優しく歌いかけ、2枚組『セルフ・ポートレイト』(1970年発表)でもそのソフトなヴォーカルのままでカントリー路線を維持しつつ、収録曲の大半をトラディショナル曲やカヴァー曲で構成し、ストリングスや女性コーラスなどを取り入れるなど様々な試みがなされていました。
その前作『セルフ・ポートレイト』から僅か4ヶ月。同じ年に発表された『New Morning』でも女性コーラスを多用しているもののソフトな裏声から以前のしわがれたような声に戻し、カントリー路線からゴスペルやブルースを意識した方向に転換が図られています。また、ディラン自身がピアノやオルガンを演奏した楽曲が多いことにも関心が注がれました。

君がいなければ
僕は扉さえも見つけられなかった
床さえもまともに見ることが出来なかった
僕は悲しみに沈んでいただろう
もし、君がいなければ

君がいなければ
夜も眠らずに過ごして
朝の訪れを待っていただろう
でも新鮮な感覚はないだろう
もし、君がいなければ

君がいなければ
空は落ち、雨が降り出すだろう
君の愛なしでは
どこともなく彷徨って
道を見失うだろう

君がいなければ
空は落ち、雨が降り出すだろう
君の愛なしでは
どこともなく彷徨って
道を見失うだろう
ああ、俺はいったいどうしたいのだろう
君がいなければ

君がいなければ
冬が春を迎えることもなく
ヒバリの鳴く声さえ聞けないだろう
何の道しるべもなく
とにかく本当らしいものはない
君がいなければ


この歌は当時妻であったサラのために書いたとディランは述べていました。彼は「Sara」(1976年発表の『Desire』に収録)という曲も妻に捧げております。これほどまでに奥さんのことを愛していたのに逃げられるとは切ないことです。
上記の対訳は『New Morning』収録の歌詞をもとに訳したものですが、ジョージのヴァージョンやジョージとのセッションで歌われた歌詞は大意に大きな差はないものの一部異なります。ご了承ください。
なお、ジョージとのセッションで録音された「If Not For You」は1991年発表の『ブートレッグシリーズ1~3集』でようやく陽の目を見ました。こうなれば未発表のままの他の楽曲も聴いてみたいものです。
そういうわけで今回は3種類の「If Not For You」を聴いていただければ幸いです。


Discover Bob Dylan!


映画『バングラデシュのコンサート』のリハーサル映像と思われます。2006年に発売された映画のDVDのボーナス・トラックとして収録されていました。コンサート当日に披露されたのかどうかは分かりませんが、思わず微笑ましくなるような演奏に注目です。


格好良い男たちに引き続き、美女の登場で締めくくりたいと思います。オリヴィア・ニュートン・ジョン。年を重ねられてもその美貌は衰えず、ますます魅力的ですね。


New MorningNew Morning
(2008/02/01)
Bob Dylan

商品詳細を見る

ブートレッグ・シリーズ1~3集ブートレッグ・シリーズ1~3集
(2006/10/18)
ボブ・ディラン

商品詳細を見る

オール・シングス・マスト・パス ~ニュー・センチュリー・エディション~オール・シングス・マスト・パス ~ニュー・センチュリー・エディション~
(2001/01/24)
ジョージ・ハリスン

商品詳細を見る

ジョージ・ハリスン &フレンズ コンサート・フォー・バングラデシュ デラックス・パッケージ (通常版) [DVD]ジョージ・ハリスン &フレンズ コンサート・フォー・バングラデシュ デラックス・パッケージ (通常版) [DVD]
(2005/11/02)
ジョージ・ハリスンレオン・ラッセル

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント

deezerて面白そうですね。初めて知りました。
でもbackstreetsさんのように、ブログに貼り付ける方法がわかりません。
WEBで検索する事と、iphoneにアプリを入れる事はできたのですが。
farlongest様、コメントありがとうございます。
ブログに貼付ける方法についてはDeezerのサイトのhelpのところにも詳しく書かれておりますが、私が書いたリンダ・ロンシュタットの「Different Drum」の記事のコメント欄でWhite様が解説されておられますのでそちらも参考にしてください。
まずはユーザー登録をし、「MUSIC」をクリックし、「ADD TO PLAYLIST」をクリックしてプレイリストを作ってください。
つたないブログですが今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/19-d34cc156
<< The Beatles - Golden Slumbers | TOP | Linda Ronstadt - Different Drum >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。