好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leonard Corhen - Bird on The Wire

今回は1969年に発表されたレナード・コーエンのセカンド・アルバム『SONGS FROM THE ROOM』の冒頭を飾る「Bird On The Wire」を取り上げてみたい。
ナッシュヴィルで録音されたこのアルバムはボブ・ディラン、ジョニー・キャッシュ、サイモン&ガーファンクルの作品で知られるボブ・ジョンストンがプロデュースにあたった。どの曲も語りかけるようなレナード・コーエンの低音の声に控えめなギター及びキーボード、効果的なストリングスが簡素に響く。聴いていると催眠術にかかったような錯覚を覚えた。

現代の吟遊詩人、レナード・コーエン(紙ジャケット仕様)現代の吟遊詩人、レナード・コーエン(紙ジャケット仕様)
(2007/06/20)
レナード・コーエン

商品詳細を見る

1. Bird on the Wire
2. Story Of Issac
3. A Bunch Of Lonesome Heroes
4. The Partisan
5. Seems So Long Ago, Nancy
6. The Old Revolution
7. The Butcher
8. You Know Who I Am
9. Lady Midnight
10. Tonight Will Be Fine
11. Like A Bird (Bird On The Wire)
12. Nothing To One (You Know Who I Am)



BIRD ON THE WIRE
電線の上の一羽の鳥のように
真夜中の聖歌隊の酔っぱらいのように
私は私のやり方で自由になろうとしたのだ
釣り針に付けた餌の虫のように
時代遅れの本の中の騎士のように
あなたのためにすべてのリボンをとっておいたのだ
もし私が不親切であったとしても
過ぎたることはなかったことにしてほしい
もし私が不忠実であったとしても
それはあなたに対しての態度ではなかったことを分かってほしい

死産の赤ん坊のように
角を持った獣のように
私は近づいて来たすべてのものを引き裂いたのだ
しかし私はこの歌にかけて誓う
私が犯したすべての過ちにかけて
あなたに対してすべてを償うということを
私は木の杖に寄りかかる浮浪者に会った
彼は言った、「そんなに多く求めてはいけない」
そして薄暗い色のドアーにもたれかかる美しい女が叫んだ
「さあもっと多く求めたらどうなの」

電線の上の一羽の鳥のように
真夜中の聖歌隊の酔っぱらいのように
私は私のやり方で自由になろうとしたのだ

ある日、レナード・コーエンが窓の外を眺めていると電話会社が電話線の設置工事を行っていて、張り終わったばかりの電話線に一羽の鳥がとまっているのが目に入って、この歌を思いついたという。
この歌は片思いに苦しむ孤独な男の心情を歌ったとされる。難解で訳の分からぬ比喩や隠喩の言葉が並ぶ。何をしても振り向いてもらえない痛々しさや悲しさが滲み出ているようだ。過ぎたることは忘れてくれないかと水に流すことを望んでも、覆水盆に返らずといったところか。浮浪者と美人は抑制と誘惑という心に起きた葛藤の喩えであろう。
しかし、この歌は決して恋愛事情だけを歌ったものととらえきれない。例えば、たいていの人は何らかの組織に属している。会社や学校のみならず、ボランティア団体、趣味のサークルに至るまで。
その組織の中で尽力し、上層部に認めてもらおうと努力したものの願い叶わず冷たい仕打ちが待っていたと置き換えることも出来よう。心身が傷ついた果てに、組織や社会に縛られず自由になりたいとふと思うのも十分頷けることだ。
2009年にリリースされた『Live In London』にはオークランドの公演を観られた三浦久先生の解説が掲載されている。そこには遅れて会場にやって来たインド人の若いカップルが、この「Bird On The Wire」を聴きのがし残念そうにしていたことや二人が学生時代にこの歌を聴いてコーエンのファンになったという内容のエピソードが記されていた。様々な解釈が成り立つが、自分なりのやり方で自由な解釈を巡らすのが良いのかもしれない。

1972年のライヴ・パフォーマンス。


歌声に深みが増した2009年発表の『Live In London』からの映像。


LIVE IN LONDON [DVD]LIVE IN LONDON [DVD]
(2009/06/24)
レナード・コーエン

商品詳細を見る


ジュディ・コリンズのライヴ映像。彼女は1968年発表の『Who Knows Where the Time Goes』で取り上げていた。


ジョニー・キャッシュのライヴ映像。彼のカヴァー・ヴァージョンは1994年発表の『American Recordings』に収録されていた。


ネヴィル・ブラザーズのカヴァー・ヴァージョン。1990年発表のアルバム『Brother's Keeper』に収録されている。ゴールディー・ホーン、メル・ギブソン、デヴィッド・キャラダインらが出演した映画『Bird On The Wire』(1990年公開)のテーマ曲としても使われた。


この他にもジョー・コッカー、ティム・ハーディン、ジェニファー・ウォーンズ、リタ・クーリッジ、サンディ・デニー(フェアポート・コンヴェンション)、ウィリー・ネルソン、K.D.ラングなど多くのアーティストによる秀逸なカヴァー・ヴァージョンがある。いつものような詳細は列記しない。追いかけることにつかれてしまったから。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは。私はティム・ハーディンの同名のアルバムが最初です。好きなアルバムです。あとジェニファー・ウォーンズが唄うアルバムもお気に入りです(♪)
kuwa様、いつもコメントありがとうございます。
レナード・コーエンはMusician's musicianと称され、多くのアーティストが彼の曲を取り上げています。今回名前を挙げた人々に加えて、もう少し若い年代のミュージシャンにも彼の曲は好まれているようです。
ティム・ハーディンのヴァージョンは彼独特の個性が出ていますね。ジェニファー・ウォーンズのカヴァー・アルバム『Famous Blue Raincoat』は私も愛聴しております。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/176-4c36f825
<< Jackson Browne - The Late Show | TOP | Lynyrd Sknyrd - Sweet Home Alabama  >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。