好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carpenters - PASSAGE

しばらく男性シンガーが続いたので、今回は爽やかな女性の歌声をお届けしたいと思います。ご登場を願うのはカーペンターズの皆さん。カレン・カーペンターのしなやかなヴォーカルをお楽しみいただければ幸いです。
さて、取り上げるアルバムは1977年にリリースされた『PASSAGE』。リチャード・カーペンターのオリジナル作品は収録されていないものの、新境地を開くが如くの実験的な音作りがなされていました。

パッセージパッセージ
(1998/12/23)
カーペンターズ

商品詳細を見る


パッセージ(紙ジャケット仕様)パッセージ(紙ジャケット仕様)
(2009/08/26)
カーペンターズ

商品詳細を見る


1. B'wana She No Home
2. All You Get from Love Is a Love Song
3. I Just Fall In Love Again
4. On the Balcony of the Casa Rosada/Don't Cry for Me Argentina
5. Sweet, Sweet Smile
6. Two Sides
7. Man Smart/Woman Smarter)
8. Calling Occupants Of Interplanetary Craft

それではアルバムの中から何曲か紹介いたします。
オープニング・ナンバーの「B'wana She No Home」。ジャジーな雰囲気が漂うマイケル・フランクスの作品で、ピート・ジョリーのピアノ、トム・スコットのテナー・サックスとアルト・フルートの掛け合いが聴きものです。女主人とお手伝いさんとのやり取りが描かれた歌のようですが、意図はよく分かりません。マイケル・フランクスのヴァージョンは1977年発表の『Sleeping Gypsy』に収録。


続いてスティーヴ・イートン作の「All You Get from Love Is a Love Song」。オリジナル・ヴァージョンは1974年発表の『Hey Mr. Dreamer』に収録。トム・スコットのテナー・サックスが印象的なラヴ・ソングでしたが、ヒット・チャートでは精彩を欠き、全米第35位に終わりました。


ALL YOU GET FROM LOVE IS A LOVESONG
行くあてもなく航海を続ける船のように
愛は海にそよ風のように私の心をさらって行った
でもカモメが飛ぶのを見て恋が終わったことを知った
愛が波にのまれてしまったから

全く酷いお話
愛しあって残されたものがラヴ・ソングだけなんて
夜ごと眠れず
音楽が始まるのを待つだけ
全く酷いお話
ラヴ・ソングが責めを負わなければならないなんて
だって最高のラヴ・ソングは失恋した時に書けるものだから

涙で目が霞み
値の前に広がる未来が見えない
明日もお陽さまが昇り
人々を明るく照らしても
私にあたることはない


拙ブログではJ-POPを扱うことはあまりないのですが、藤村美樹さんの表情と歌声がとても魅力的なのでキャンディーズのヴァージョンも紹介しておきます。1977年9月21日にリリースされた「アン・ドゥ・トロワ」のB面(アルバムは同年9月1日発売の『Candy Label』)に収録されていました。ちょっぴりボサノヴァ風のアレンジがされていて心地よく響きます。


スティーヴ・ドーフ作の『I Just Fall In Love Again』。物悲しい曲ですが、従来のカーペンターズ・サウンドに纏められていました。


1979年に録音されたダスティ・スプリングフィールドのヴァージョン。同じ年にアン・マレーもこの曲をリリースしていました。


次は「Don't Cry for Me Argentina」。この曲はアルゼンチンの大統領夫人エヴァ・ペロンを題材として描いたミュージカル、『Evita』の中で歌われた1曲です。『ジーザス・クライスト・スーパースター』(1971年初演)を手掛けたティム・ライス(作詞)、アンドリュー・ロイド・ウェバー(作曲)によって、最初はアルバムとしてリリースされましたが、ジュリー・コーヴィトンの歌う「Don't Cry for Me Argentina」が全米チャート1位を記録するヒットとなったため1978年にロンドンで舞台化。翌1979年にはブロードウェイでも公演が始まっています。映画化されたのは1996年で、マドンナが主役のエヴィータ(エヴァ・ぺロン)を演じました。


マドンナのヴァージョンは1996年リリースの『Evita』に収録。マドンナに関してはカーペンターズの楽曲で歌詞を担当していたジョン・べティスと元フィフス・アヴェニュー・バンドのジョン・リンドが共作した「Crazy For You」(1985年リリースのサントラ『Vision Quest』収録)を彼女が歌っていた時に注目する一瞬があったものの、それ以外は全く興味を抱いたことがありません。でも、映画のこの場面では少なからず感動を覚えました。


サラ・ブライトマンのヴァージョンは1990年リリースの『The Premiere Collection: The Best Of Andrew Lloyd Webber 』に収録。


他にもオリヴィア・ニュートン・ジョン(1977年発表の『Making a Good Thing Better』) 、ジョーン・バエズ (1980年発表のEuropean Tour )、ドナ・サマー (1983年発表の『A Blue Live Lady』)、シネイド・オコナー』(1992年発表の『Am I Not Your Girl?』)など枚挙に暇がありません。

ジュース・ニュートン作の「Sweet, Sweet Smile」。軽快なカントリー風のアレンジが施された爽やかな曲です。


バックの演奏が何となくリトル・フィートを連想させる「Man Smart/Woman Smarter」。レオン・ラッセルがピアノで参加していました。後半部ではテナー・サックスのソロが延々と続き、レオン・ラッセルのピアノやスティール・パンの音がサポート。リチャード・カーペンターのピアノも必死に応戦しているものの、カーペンターズが置き去りにされた感が否めません。
もともとはKing Radioが1936年に発表したカリプソ・ナンバーで、ハリー・ベラフォンテも1952年にカヴァーしていました。


ロバート・パーマーのヴァージョン。1976年にシングルでリリース。こちらもスティール・パンが使われ、アーシーなスワンプ風の演奏に加えて、カリプソの雰囲気も残していました。貼付けが出来ないので下記のアドレスをクリックしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=BR8sxc1V6zU

最後は「Calling Occupants Of Interplanetary Craft」。内容を要約すると、「宇宙からのメッセージを受け取ろう」というものです。オリジナル・ヴァージョンはクラトゥの 『3:47 EST』 (1976年発表)に収録されていました。クラトゥはカナダ出身のバンドで、ビートルズを思わせるようなメロディーとシンフォニックなサウンドを展開し、プログレッシヴ・ロックのファンからも高い評価を得ています。


これまでのカーペンターズとはひと味もふた味も違う意欲的なサウンドに仕上げられたアルバムは評論家の評価が高かったもののセールス面では芳しい成績を上げられず、初めてゴールド・ディスクを獲得することが出来ませんでした。
この時期のリチャード・カーペンターは心身ともに疲れ果てた状態で、アルバム発表から1年が経った頃には長期休養を余儀なくされてしまいました。売り上げ不振も災いしたことでしょう。その間にカレン・カーペンターはフィル・ラモーンのプロデュースのもとでソロ・アルバムをレコーディングしますが、陽の目をみるのは彼女が亡くなってからのことです。

スポンサーサイト

コメント

カーペンターズとそのカヴァー曲集、満喫しました。
"All You Get from Love Is a Love Song"は何年ぶりに聴いたでしょうか。
いい曲ですね。驚いたのがキャンディーズのカヴァーです。
藤村美樹さんの歌声はなんて表情が豊かで素敵なのでしょう。
シングルを買うかもしれません(笑)。もちろん「PASSAGE」も(笑)。
kofn様、コメントありがとうございます。
カヴァー・ヴァージョンを紹介しすぎて少々とりとめがないような記事になりました。申し訳ございません。
藤村美樹さんは音楽的に恵まれた家庭環境に育ったせいか音楽センスも高く、歌唱面でも広い音域を持っておられました。キャンディーズ解散後に一旦復帰したものの結婚後は活動を休止。もう少し活動してほしかったのに残念な思いで一杯です。

【PASSAGE】は一番好きなオリジナルアルバムなので、記事が嬉しくなりコメントしてます♪
Richオリジナル作品はなく、今までとは違った感じのアルバムなんですが、とても楽しいアルバムに仕上がってるので聴いている方も楽しくなるんですよね。

それにしても、いろんな方が同じ曲をカバーされてるんですね。
聞き比べてみるのも楽しいですね。

Layla様、コメントありがとうございます。
アルバム『Passage』は異色のアルバムと評されていますが、新たな分野に挑戦するという意気込みが表された一枚かとも思います。キャリアを重ねて得た円熟味も醸し出されていました。
聴きどころの多いアルバムですが、評価は低くセールス面も芳しくなかったとのこと。それ故にカーペンターズの作品群では却って存在感が際立っているのかもしれません。
拙いブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/138-e95d1908
<< Linda Ronstadt - Hand Sown... | TOP | Jerry Jeff Walker - MR. BOJANGLES >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。