好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE CYRKLE - NEON

申し訳ございませんが、今回の記事もザ・サークルを取り上げさせていただきます。
本日ご紹介するのは1967年1月23日にリリースされたセカンド・アルバム『NEON』。前作に引き続きジョン・サイモンがプロデュースをしていました。 

ネオン(紙ジャケット仕様)ネオン(紙ジャケット仕様)
(2006/04/19)
ザ・サークル

商品詳細を見る

1. Don't Cry, No Fears, No Tears Comin' Your Way
2. The Visit (She Was Here)
3. Weight Of Your Words
4. I Wish I Could Be Here
5. It Doesn't Matter Anymore
6. Two Rooms
7. Our Love Affair's In Question
8. I'm Happy Just To Dance With You
9. Problem Child
10. Please Don't Ever Leave Me
11. I'm Not Sure What I Wanna Do

Bonus Tracks
12. Don't Cry, No Fears, No Tears Comin' Your Way (alt. version)
13. You Can't Go Home Again
14. Terry's Theme
15. We Said Goodbye (And Went Our Separate Ways Or So We Thought)
16. Turn Of The Century
17. Friends
18. Where Are You Going
19. Red Chair Fade Away
20. Please Don't Ever Leave Me
21. Money To Burn
22. I Wish You Could Be Here
23. The Visit (She Was Here)
24. We Had A Good Thing Goin'
25. Two Rooms
26. Penny Arcade
27. Words
28. Reading Her Paper
29. Camaro

デヴュー曲「Red Ruber Ball」が全米第2位のヒットを記録し、ビートルズのアメリカ公演のオープニング・アクトに抜擢されるなど順調な活動を開始したサークル。その余勢を駆って1967年1月には早くも2枚目のアルバム『NEON』をリリースするもののセールス的には芳しい結果を残せませんでした。そのうえ8月には彼らの所属するNEMSエンタープライズの代表であるブライアン・エプスタインが急死して、大きな後ろ盾を失います。彼らにとってこのことはビートルズが受けた衝撃以上に深刻な事態を及ぼし、バンドの存続を左右するような大事になって行きました。
エプスタインの死を乗り越えようと、セカンド・アルバム『NEON』の発表後もサークルは多くの楽曲を制作し、その中からシングルを何枚かリリースするもののヒットには至りません。次第にメンバーの間でバンド活動に関する考え方の違いが露になり、翌68年1月にはトム・ドウズとマイケル・ルーズキャンプがバンドを去ります。サークルとしての活動期間はたったの2年間。まるで一夜限りのような華やかな「NEON」の灯りは消え、こうしてサークルは解散に追い込まれたのでした。

それではアルバムの中から何曲か紹介して行きます。
オープニング・ナンバーはシタールの音色が印象的な「Don't Cry, No Fears, No Tears Comin' Your Way」。ビートルズやローリング・ストーンズを例に出すまでもなく、1960年代後半のロック・ミュージックではシタールが効果的に使われています。


ポール・サイモンとブルース・ウッドリー(シーカーズ)の共作「 I Wish I Could Be Here」。フィンガー・ピッキングがポール・サイモンを思わせます。


I WISH YOU COULD BE HERE
真新しい降ったばかりの雪を
窓から眺めていると
通りでその煌めきが目に入る
暖炉でぱちぱちと弾ける音が
耳にほころぶよう
部屋は暖かく眠りを誘う
君がここにいてくれたならば

街は日曜日
することはあまりない
何枚かのレコードを聴いていたけれど
思いは君のほうに向いている
新聞を読もうとしても
言葉がはっきりとつかめない
何かが欠けていると分かっているから
君がここにいてくれたならば
君がここにいてくれたならば

君の足音がしないかと
ドアの鍵をまわす音がしないかと耳をそばだてる
俺は君と付き合いたい
君は前にも俺の告白を聞いているよね
今年は長い冬になるだろう
虚しい日々をどうして過ごせばいいんだ
君がここにいてくれたならば
君がここにいてくれたならば
君がここにいてくれたならば


バート・バカラック作品のカヴァー、「It Doesn't Mater Anymore」。 サークルにとって打ってつけのようなナンバーに思えます。ジョン・サイモンの弾くピアノも効果的でした。


満を持して登場したかのようなビートルズのカヴァー「I'm happy just To Dance With You」。ビートルズのヴァージョンは間奏にスカのリズムを導入していましたが、こちらはシタールをフューチャーして少々サイケデリックな雰囲気を演出しています。


ビートルズのオリジナル・ヴァージョンです。


拙ブログではお馴染みのチップ・テイラーが書いた「I'm Not Sure What I Wanna Do」。オリジナルはチップとアル・ゴーゴニ組んだデュオ、ジャスト・アスの『I Can't Grow Peaches On A Cherry Tree』(1966年発表)に収録。フォーキーでカントリー風のアレンジが心地よい曲です。ちょっと楽しいイメージ・ヴィデオでお楽しみ下さい。


ビー・ジーズのカヴァー「Turn Of The Century」(1967年発表の『Bee Gees' 1st』に収録)。プロデューサーはジョン・サイモンからチャーリー・カレロに交替していました。サークルにはよく似合った選曲ですが、たんなるヴォーカル・グループのような平凡な仕上がり具合に思えます。


ちなみに、こちらがビー・ジーズのオリジナル・ヴァージョン。


ニール・セダカから提供されたという、「We Had A Good Thing Goin'」。アルバム『NEON』のアウト・テイクのようですが、少々ビートルズを連想させる曲調やアレンジが興味深く、テープ・スピードを上げたエンディングのコーラスが楽しい曲です。


ラヴィン・スプーンフルの「Summer In The City」を思わす展開の軽快な曲、「Penny Arcade」。オルガンのイントロが心地よく響きます。プロデュースはチャーリー・カレロ。シングルとして発表され、全米第59位まで上昇しました。


ザ・バーズを意識したかのようなフォーク・ロック・サウンドに仕上げられた「The Words」。先ほどの「Penny Arcade」のB面としてリリースされました。


シボレーの「カマロ」のCM曲、「Camaro」。ブラス・セクションを使ったちょっと哀愁が漂う曲です。楽しく軽快な曲調のシークレット・トラックが最後に付いていました。


ポップ・シーンでの生き残りをかけたのか、サークルはCM曲のみならずB級お色気映画『The Minx』の音楽を手掛けています。楽曲自体はトム・ダウズらが在籍していた1967年の後半にレコーディングされたものが中心ですが、サントラ・アルバムとして1970年にサークル名義で発表されました。



映画の一場面と思われる映像がありました。女性の産業スパイ集団「The Minxs」が主人公の映画ですが、サークルもクラブで演奏する本人たちの役で出演しています。貼付けが出来ないので下記のアドレスをクリックしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=SE0WyI5bO8U

The MinxThe Minx
(2003/03/25)
The Cyrkle

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

当ブログへのコメントありがとうございました。

サークルというグループ初めて聴きました。選曲から正統派のポップス系のコーラスバンドかと思いましたが、アレンジはサイケなことやってたりするので面白かったです。
これはPがジョンサイモンだからていうのが大きいんですかね。
時代というのももちろんあると思いますが。
raul00131様、コメントありがとうございます。
紹介しきれなかったのですが、楽曲によってはボサノヴァ風のアレンジが取り入れられたり、ジョン・サイモンお得意のマーチ・サウンドやバロック風の雰囲気が導入されていたりとルックスから受けるイメージと違ってなかなか侮れないバンドです。もちろん時代の影響もあるのでしょう。あっという間にシーンから消えてしまったのが誠に惜しい気がします。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/127-7b7d03ec
<< The Beatles - Martha My Dear | TOP | THE CYRKLE - RED RUBBER BALL >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。