好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Beatles - One After 909

長らくビートルズの記事ばかりを書いてきましたが、9回連続となった今回を持ってひとまずお開きとしたいと思います。
そこで本日のお題は9にちなんで、「One After 909」。1970年5月8日にリリースされたアルバム『LET IT BE』に収録されていた1曲です。

レット・イット・ビーレット・イット・ビー
(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る

1. Two of Us
2. Dig a Pony
3. Across the Universe
4. I Me Mine
5. Dig It
6. Let It Be
7. Maggie Mae
8. I've Got a Feeling
9. One After 909
10. Long and Winding Road
11. For You Blue
12. Get Back
13. Let It Be Mini-Documentary [Multimedia]



ONE AFTER 909
俺のあの娘が言った 909の次の列車に乗るわって
すかさず俺は言った ハニー、席を詰めてくれよ
俺もその汽車に乗るんだぜ

もうちょっと席を詰めてくれ 譲ってくれ
いいだろベイビー
氷のように冷たくするのはよしてくれ
俺も909の次のやつに乗るんだから

行かないでくれと跪いて心から頼んだよ
どうせおまえは俺をからかっているんだろう 
とことんまで馬鹿にするつもりだろう

荷物をまとめて駅まで走った
駅員が言うには 
お客さん、駅を間違えたみたいですね
荷物を抱えて慌てて家まで戻った
確かめてみたら列車の番号を間違えていたのさ

俺たちは909の次の列車に乗るんだ
すかさず俺は言った ハニー、席を詰めてくれよ
俺もその汽車に乗るんだぜ
もうちょっと席を詰めてくれ 譲ってくれ
いいだろベイビー
氷のように冷たくするのはよしてくれ
俺たちは909の次のやつに乗るんだから


この曲はレノン=マッカートニー共作ですが、ジョン・レノンは17歳か18歳の頃に自分ひとりで書いたと主張し、ポール・マッカートニーは自伝『Many Years From Now』(著者はバリー・マイルズ)の中で10代の頃に二人で作ったと述べています。
歌詞の内容は逃げて行く恋人だった女を追っかけて行く設定のようです。振られているのに未練がましく「俺の彼女」と言い張り、「俺を馬鹿にしているんだろう」と自虐的な要素も込められていました。こうした男の弱さをテーマにしたジョン・レノンの創作スタイルは以前に扱った「I Call Your Name」、「I'll Be Back」、「Yes It Is」などにも共通した傾向が窺えます。ただ、この「One After 909」においても失恋した男の辛辣な叫びが表されているものの、「時間を間違えていた」といったくだりは少々ユーモラスに受け取れました。
「One After 909」の意味は「列車番号」とも「9時9分発の次の列車」とも取れるのですが、この点に詳しい方からご教示いただけると幸いです。

映画『LET IT BE』の映像でもお楽しみ下さい。アップルの社屋の屋上で行われたライヴ・パフォーマンスです。4人が一丸となって演奏する姿を目の当たりにすると、人間関係が破綻していたとはとても思えません。演奏が終わった後にジョンが「ダニー・ボーイ」の一節を機嫌良く歌うことからも、このパフォーマンスが和やかに進行されていたことが窺えます。


『Anyhology 1』に収録されていたヴァージョン。1963年3月5日に録音されたものの満足な形で完成させることが出来なかったという理由でボツになったようです。お蔵入りさせるには実に惜しい出来映えだと思えました。


アンソロジー(1)アンソロジー(1)
(1995/11/22)
ザ・ビートルズジョン・レノン

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

当時、写真集付きのLPを買いましたが、今はありません。
本だけでも、再発して欲しいものです。

映画も、当時は入れ替え無しだったので、3回見ました。(笑)
DVD化の話はどこへいったのでしょうね。

テレビで放送されたノーカットのビデオを持っています。
bornin様、コメントありがとうございます。
『Let It Be』の写真集の一部を公開されている方のブログを拝見したことがありますが、ぜひ実物を一度見てみたいものです。
『Let It Be』の映像に関する権利を持っているといわれる元マネージャーのアレン・クラインが亡くなったので、不謹慎ながらもDVD化へのリリースの障害が解決するのではと胸を撫で下ろしました。しかし、実際には遺産相続人らが権利を主張して問題が複雑になって行く場合が多く、出るものも出なくなることがあると聞きました。何とか2~3年のうちに発売されれば良いのですが。
私もテレビから録画したビデオを持っていますが、やはりDVDの綺麗な映像で観たいものです。
ビートルズ特集一区切り、
お疲れ様でした。
私もダラダラとやっていますが、
ネタがきれてしまいますよね。
ミキタカ08様、コメントありがとうございます。
ネタ切れ防止策としてビートルズの記事で凌いできました。次回から誰を取り上げようか悩ましいところです。
ビートルズの記事楽しく読ませていただきました。
もう終わってしまうのが、ちっくと残念ですが、これからも新しい記事楽しみにさせていただきますので、宜しくお願いします。
トクベー&キーボー様、コメントありがとうございます。
話題に便乗したかのような連続記事に終止符を打っただけなので、今後もビートルズを自分なりの視点で取り上げて行きます。つたない記事になると思いますが、引き続き宜しくお願い申し上げます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/125-422319c5
<< THE CYRKLE - RED RUBBER BALL | TOP | The Beatles - I Call Your Name  >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。