好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Beatles - All I've Got To Do

ビートルズ特需のおかげで、この稚拙なブログのアクセス数も少なからず伸びました。よって、今回の記事もFAB4の楽曲紹介を続けさせていただきます。
さて、取り上げるお題は「All I've Got To Do」。1963年11月22日にリリースされたアルバム『with the beatles』に収録されていた1曲です。例の如くレノン・マッカートニー共作名義ですが、ジョン・レノン主導で作られました。リード・ヴォーカルはジョン・レノン。ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンがバック・ヴォーカルで盛り上げ、うまくサポートしています。

ウィズ・ザ・ビートルズウィズ・ザ・ビートルズ
(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る

1. It Won't Be Long
2. All I've Got to Do
3. All My Loving
4. Don't Bother Me
5. Little Child
6. Till There Was You
7. Please Mr. Postman
8. Roll over Beethoven
9. Hold Me Tight
10. You've Really Got a Hold on Me
11. I Wanna Be Your Man
12. Devil in Her Heart
13. Not a Second Time
14. Money (That's What I Want)

ジョン・レノンは1stアルバム『PLEASE PLEASE ME』でカヴァーしたアーサー・アレクサンダーの「Anna (Go To Him)」を意識して創作し、スモーキー・ロビンソン風に仕上げたと言っていました。ちなみにこの『with the beatles』ではスモーキー・ロビンソン&ミラクルズの「You've Really Got a Hold on Me」を取り上げています。



ALL I'VE GOT TO DO
おまえに会いたくなったら
俺はただ電話するだけでいいんだ
そうすればおまえは飛んできてくれるだろう
そう それだけでいいんだ

おまえにキスをしたくなったら
俺はただおまえの耳元に囁くだけでいい
おまえが待ちわびている言葉をね
そうすれば 俺はおまえにキスできるんだ

おまえにしたって同じこと
俺が必要なときは
呼んでくれれば
いつでも駆けつけるぜ
おまえは電話するだけでいい
電話一本でいいのさ

おまえに会いたくなったら
俺はただ電話するだけでいいんだ
そうすればおまえは飛んできてくれるだろう
そう それだけでいいんだ

おまえにしたって同じこと
俺が必要なときは
呼んでくれれば
いつでも駆けつけるぜ
おまえは電話するだけでいい
電話一本でいいのさ

創作にあたってのヒントを与えた格好の「Anna (Go To Him)」が半ば自虐的な要素が滲み出ているのに対して、この「All I've Got To Do」の歌詞には自信にあふれた姿が窺えます。また、電話一本で呼びつけ合ったりする行為を1stアルバム収録の「P.S. I Love You」と比べってみると興味深いでしょう。ポール主導で書かれたあの曲は、事情があって離ればなれになっている彼女へ手紙で愛を伝えるといった形式が取られていました。
この『with the beatles』ではR&Bの楽曲を何曲もカヴァーしていました。ビートルズはたんに黒人テイストを取り入れるのではなく、きっちりと消化して独特のサウンドを醸し出しています。そのあたりが彼らの強みと言えるのかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/120-a6f8377a
<< The Beatles - For No One | TOP | The Beatles - I'll Be Back >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。