好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Beatles - Your Mother Should Know

ザ・ビートルズのリマスター盤の発売まで一ヵ月を切りました。購入費用を工面するために四苦八苦の毎日です。お金のことを気にせず大人買いが出来るような身分になりたいものですね。
とういうことで、今回の記事はビートルズ。取り上げる曲は1967年にリリースされたアルバム『MAGICAL MYSTERY TOUR』に収録されていた「Your Mother Should Know」です。レノン=マッカートニー名義ですが、ポール・マッカートニー主導で作られました。
もともとビートルズが主演する同名のテレビ映画のサウンド・トラックとして2枚組EPの形式で発表されたものの中の1曲です。他の収録曲は「Magical Mystery Tour」、「I Am The Walrus」、「The Fool On The Hill」、「Flying」、「Blue Jay Way」。日米などではシングル盤で発表されアルバム未収録だった「Hello Goodbye」、「Strawberry Fields Forever」、「Penny Lane」、「Baby You're A Richman」、「 All You Need Is Love」などを加えてLPの形に構成してリリースされました。

マジカル・ミステリー・ツアーマジカル・ミステリー・ツアー
(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る

1. Magical Mystery Tour
2. Fool on the Hill
3. Flying
4. Blue Jay Way
5. Your Mother Should Know
6. I Am the Walrus
7. Hello Goodbye
8. Strawberry Fields Forever
9. Penny Lane
10. Baby You're a Rich Man
11. All You Need Is Love

この映画はポールのアイデアをもとに脚本なしで撮影されました。内容はバス・ツアーにビートルズの4人が乗り合わせ、他の乗客たちと様々な出来事を体験をするといったものです。あくまでもビートルズの音楽に基づいた映画であり、彼らの演奏シーンも挿入されているので、プロモーション・ヴィデオの元祖といった捉え方もできるでしょう。
ジョージ・ハリスンが『The Beatles Anthology』のインタビューの中で、「あの映画では『Your Mother Should Know』のシーンが楽しかった」との趣旨を語っていましたが、4人の表情と動きが生き生きしているのがよく分かります。



アルバム『Anthology 2』に収録された別テイク(テイク27)。冒頭でポールが「もう一回やれっていうんですか」とプロデューサーのジョージ・マーティンに対して食って掛かるような口調で悲鳴を上げています。この曲はアレンジが決定して全体が完成するまでに約一ヵ月の日々と労苦を要し、何度も録音し直しました。


YOUR MOTHER SHOULD KNOW
さぁ、みんな立ち上がってこの歌で踊ろうぜ
君の母さんが生まれる前にヒットした曲さ
だいぶお年を召しているけれど
君の母さんならきっと知っているだろう

もう一度歌おう
さぁ、みんな立ち上がってこの歌で踊ろうぜ
君の母さんが生まれる前にヒットした曲さ
だいぶお年を召しているけれど
君の母さんならきっと知っているだろう

心を弾ませてこの歌を歌ってくれよ
君の母さんが生まれる前に流行った曲だ
ずいぶんお年を召しているみたいだけれど
君の母さんならきっと知っているだろう
きっと憶えているはずさ

もう一度歌おう
だいぶお年を召しているけれど
君の母さんならきっと知っているだろう
きっと憶えているはずさ
きっと知っているだろう


アンソロジー(2)アンソロジー(2)
(1996/03/18)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る


哀愁を帯びたメロディとビートルズ独自のコーラスが印象的な「Your Mother Should Know」。単純な歌詞で背後にあるテーマがよく分かりませんが、ボードヴィル・スタイルの音楽を好んでいたポールのこと、ノスタルジーを表現したかったのかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

当時、日本でも放送されましたが、もちろんモノクロです。レコードは1,000円でした、聴いて最初に好きになった曲です。1枚目のA面2曲目に入っていました。
bornin様、コメントありがとうございます。
私の兄も日本で放送されたと言っておりました。
DVDが発売されていましたが既に廃盤。LDは持っているのですが、早期に再発していただきたいものです。
リマスター盤はオリジナル英国盤のように2枚組EP盤仕様だと楽しいけど、どうなってるのでしょうか?
映画をビデオで観たけど話はいい加減(英国流ジョーク?)なので、プロモーションビデオと考えれば楽しいものですね。
moondreams様、コメントありがとうございます。
2枚組EP仕様なら楽しいのですが、いくら何でもそこまで手のかかることはしないでしょうね。残念ながら現行のCDをリマスターしたかたちのようです。
映画については当時から賛否両論があったと聞きます。プロモーション・ヴィデオが隆盛を誇る何年も前にこうした映像を作り上げたビートルズが、世の中の先を行っていたということだけは確かなようですね。
メロディラインが抜群ですよね。
賛否両論でしょうが、
個人的には
映像なしで音楽だけ聴きたい楽曲です。

『大人買い』、最近の大人でも
できないです。
もっと安ければなあ。リマスター盤
ミキタカ08様、コメントありがとうございます。
ポール・マッカートニーにしては歌詞があまりにも単純な気がしますが、シンプルな言葉で古き良き時代を表現したかったのでしょう。おっしゃる通りメロディ・ラインが抜群で、コーラスを含めていわゆるビートルズ・サウンドがよく表された1曲だと思います。
それにしてもリマスター盤が高い。EMIさんには殿様商売を見直していただきたいものです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://shadowdream25.blog105.fc2.com/tb.php/106-f8e63b1e
<< Le Blanc & Carr - Midnight Light | TOP | Joni Mitchell - Both Sides Now >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。