FC2ブログ

好きな音楽のことについて語りたいと思います。

James Taylor - Moon River

 巷では毎日のように新型コロナウイルス騒ぎが続いております。重症化しやすいのはご年配の方々とすっかり高を括っていたら、自分もほんの近い将来に前期高齢者の仲間入り。もう若くないのだと痛感させられました。
 そんな暗い気分を吹っ飛ばそうと、今回はJTことジェイムズ・テイラーの優しい歌声で癒されることにします。お題は「Moon River」。スタンダード・ナンバーばかりを収録した彼の久々のアルバムの中の1曲です。






1. My Blue Heaven
2 Moon River
3. Teach Me Tonight
4. As Easy As Rolling Off A Log
5. Almost Like Being In Love
6. Sit Down, You're Rockin' The Boat
7. The Nearness Of You
8. You've Got To Be Carefully Taught
9. God Bless The Child
10. Pennies From Heaven
11. My Heart Stood Still
12. Ol' Man River
13. It's Only A Paper Moon
14. The Surrey With The Fringe On Top
BONUS TRACKS
15. I've Grown Accustomed To Her Face
16. Never Never Land

 思慮深い面持ちで微笑みかけるJT。ノーマン・シーフが撮影した陰影のあるジャケット写真からは、彼の何か達観したような表情が窺えました。自作曲はなく、カヴァー・ヴァージョンばかりが収録されたアルバムですが、それらは彼が幼き頃からなれ親しみ、音楽的な背景となったことが推測されます。齢70を過ぎ、そうした馴染みのある楽曲に感謝を捧げ、原点を見つめ直そうとのJTの意思が、このアルバムに込められているのではないでしょうか。

 さて、 「Moon River」は1961年公開の映画『テイファニーで朝食を』(原題: Breakfast at Tiffany’s)の劇中で、主演のオードリー・ヘプバーンによって歌われた主題歌です。作詞はジョニー・マーサー、作曲はヘンリー・マンシーニ。アメリカ南部ルイジアナ州ニューオリンズ出身の作家トルーマン・カポーティ(1924年9月30日 - 1984年8月25日)原作の小説『テイファニーで朝食を』を映画化した作品です。

 映画ではヘプバーン扮する奔放な娘ホリーとジョージ・ペパード扮する映画の語り手である作家のポール・バージャクの恋物語で、紆余曲折の果てに雨降る中で抱き合って結ばれるという作品でしたが、原作ではこの感動的なラストシーンとかなり趣が異なっていました。結婚という制度にとらわれず、自由な恋愛を好むホリーのもとには外交官、映画関係者、億万長者などセレブな男性が取り巻き、彼女が住むアパートの部屋の中でも外でもパーティー三昧。ポールとも恋仲にはなるのですが、決してステディな関係には発展しません。それどころか、束縛を嫌っていたホリーはそろそろ年貢の納め時と思ったのか、映画のタイトルが『ティファニー』だけに「ダイアモンドに目が眩んだのか」、金持ちの外交官との結婚を夢見るようになっていました。
 やがて彼女の取り巻きのひとりであるマフィアのボスが逮捕され、ホリーにも犯罪の容疑がかかり身柄拘束。当然のことながら外交官はスキャンダルを恐れて別れを切り出し、さっさとブラジルへ戻ってしまいます。それでもホリーは外交官を追いかけブラジルへ向かうものの、彼には妻子がいて破局。彼女はそのままどこかへ旅立ってしまうという結末を迎えました。こうしたエンディングの違いはできるだけハッピーエンドでなければならないアメリカン・ラヴ・コメディーのお約束なのか、はたまたオードリーの持つキャラクターの魅力ゆえによるものかと思われます。

MOON RIVER
ムーン・リヴァー 越えられぬほど果てなく広い
いつの日か 私は堂々と渡ってみせよう
多くの夢を叶え、たくさんの心を傷つけた
どこへ流れようと 私はこの川の流れに身をまかせる

二人の漂流者が、世界を見ようと旅立つ
世界には見るべきものがいっぱいあるのだ
我らは虹の端を追う者同士
曲がり角で待ってくれる
心を許せる友
ムーン・リヴァー そして私

 歌詞の中に"My huckleberry friend"という言葉が出てきます。ハックルベリーはブルーベリーに似たツツジ科の食用果実で、作詞を担当したジョニー・マーサーによると、幼き頃に野山でよく摘んでいたというぐらい身近にあった存在だったとのこと。また、マーク・トゥエイン作の小説『The Adventures of Tom Sawyer(トム・ソーヤーの冒険)』出てくる主人公のトムの親友ハックルベリーからの引用とも思われます。物語の中で、トムとハックルベリーは苦楽をともにし、様々な問題を乗り越えて成長していきました。それ故、「ハックルベリーのように気のおけない友」という意味も含まれているのでしょう。そこからマーサーは川を心の拠り所と見立て、自分の信じるままにこの大河を進んで行ければ、いつか報われ、成功を手に入れられることを表現したかったのかもしれません。それ故、勤勉に奮闘努力すれば立身出世が叶うというアメリカ人が持つアメリカン・ドリームの概念が、この歌の根底にあるといえます。

 さて、皆様ご存知の通り、「Moon River」はジャンルを問わず数々のアーティストに歌われ、カヴァー・バージョンは枚挙に暇がありません。そこで今回は私の独断と好みによる幾つかを紹介させていただきます。

 まずはやはりオードリーが劇中で歌うヴァージョンから。


 お次は女性コーラスといきましょう。1955年にデビューしたダイアン、ペギー、キャシー、ジャネットの4姉妹によるレノン・シスターズ。姉妹による絶妙のハーモニーに心惹かれます。現在はダイアンとペギーが引退し、妹のミミが加わるなど若干のメンバー・チェンジが行われたものの、お元気に活動されているようです。1962年リリースの『Can't Help Falling in Love』に収録。


 女性陣に対抗するわけではございませんが、男性ボーカル・グループにも出てもらいましょう。オープン・ハーモニーからユニゾンまで様々なテクニックを駆使し、ビーチ・ボーイズに多大なる影響与えたとされるフォー・フレッシュメンの面々です。彼らのヴァージョンは1963年リリースの『In Person Volume 2』に収録。


 ミュージカル映画『West Side Story』でお馴染みで、親日家としても有名なジョージ・チャキリスのヴァージョン。ジャジーな雰囲気にハスキー・ボイスが冴え渡ります。1962年リリースの『 Memories Are Made of These』に収録。


 女性ボーカルも紹介しておきましょう。「Wonderful Summer」で知られるロビン・ワード。彼女のヴァージョンは1964年リリースの『Wonderful Summer』に収録されていました。


 ユニークな男性ボーカルを1曲。1960年代に活躍したシンガー・ソング・ライターのロッド・マッケンです。1975年リリースの『Goodtime Music』に収録。


 もうひとりユニークな方にご登場していただきます。リラックスした独特のグルーブ感が堪りません。ドクター・ジョン。2006年リリースの『Mercernary』に収録。


 ソウル・シンガーの方にもお声をかけさせていただきます。ベン・E・キングのヴァージョンは1962年リリースの『Ben E. King Sings for Soulful Lovers』に収録。ゆったりとしたノリの良いアレンジに仕上げられていました。


 私の年代では「味の素のおじさん」としても有名なアンディ・ウィリアムスの優雅な歌唱でお開きとしましょう。彼のヴァージョンは1962年リリースの『Moon River and Other Great Movie Themes』に収録されていました。






 冒頭で述べた新型コロナウイルスが、アメリカ全土でも蔓延しており、カリフォルニア州では戒厳令さながらの外出禁止令が出されています。日本で言えば前期高齢者に当たるJTですが、彼より若い63歳の俳優のトム・ハンクス、リタ・ウィルソン夫妻が、新型コロナに感染して入院しており、少々心配になりました。トランプ大統領が国家緊急事態宣言をしたことで、危機意識が一気に高まっているのを横目に、感染はアメリカ全土に拡大する勢いを示しております。社会の動きを長期的に停止させ続けると、人々の心にストレスがたまることはもとより、経済的な損失は計り知れず、日々の生活に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。終息にはかなりの時間が掛かりそうですが、せめて早期の収束を望む次第です。

スポンサーサイト