好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jackson Browne - Your Bright Baby Blues

 常日頃と言うほどではありませんが、私はしばしばパソコンで、「Jackson Browne」を彼の作品名や社会の出来事なども加えて検索することがあります。興味深いブログやサイトに出会って教えられることが多く、新たな発見に驚嘆。ジャクソン・ブラウンへの想いがますます膨らんで行きました。
 ところが、そんな刺激的なブログに臆面もなくコメントを送らせていただこうとしても数年前に更新が途絶えていることがしばしば。また、これは良かれとブックマークに保存してちょくちょく拝読していたブログにある日突然、「お探しのページを表示できません。」、「Page not found」などのメッセージが目に飛び込むことも往々にしてあるものです。ブログの書き手は今回のお題である「Your Bright Baby Blues」のように何らかの不安や挫折を経験し、打ちひしがれた状況の日々を過ごされているのでしょうか。


プリテンダープリテンダー
(2005/09/21)
ジャクソン・ブラウン

商品詳細を見る




YOUR BRIGHT BABY BLUES
俺はハイウェイで座り込んでいる
あのハイウェイの路肩で
誰もがどこかに向かっている
猛然と車を飛ばしながら
たぶんやることがたくさんあるのだろう
自分たちの生き方は間違っていないと
安心できるようになるまでは
俺のために神様へ祈ってくれよ
神様なら俺を赦してくださるだろうから

だから俺はこのハイウェイを行ったり来たりしたんだ
目に見える限り遠くまで
いくら早く走ろうとも
どうしても自分自身からは逃れられないようだ
どこにいようとも
自分がいたいところへ行くには
1日かかると思わざるを得ない
今、俺は故郷へ向かっている
川が海に注がれるように

この荒れ地を臨む
俺が君に見えるなら
言い当ててくれないか
俺が願うただひとつのことを
君は俺を解き放ってくれる
すべて君の優しく繊細な抱擁力の中で

君の目を見れば分かる
君の聡明なベイビー・ブルーの瞳
手に入れなければならないものが分からなくても
失うことはしたくないんだな
君は傍観者のように自分自身を見つめている
君の人生はゲームのようであり
自分自身を楽しませ続けるために
演じていることを疑問に感じないのだろう
辛くあたるつもりはないが
君は混乱しているように見える

ねぇ、俺の声が聞こえるのなら
ラジオの音を小さくしてくれよ
君に分かってもらいたいことは
ただひとつ
君が俺の傍にいてくれた時
愛が自分の魂をかき回していると感じていたのだ

あの満ち足りた気持ちを
手に入れることはもう難しい
俺の友だちがこう言ったのさ
「瞳を閉じて、こんなことをちょっとばかりやってみろよ」とな
自分が鳥のように高く飛び回っているように思えた
だが、下を見た時
俺は跪いていたのだ
今の俺には誰かの助けが必要なんだよ
お願いだから誰か俺を助けてくれ

俺が君なしではいられないように
君も俺なしではやっていけないのなら
俺が君に頼みたいことはただひとつ
俺の手を取って導き
君の庭の穴の中に放り込んで
この困難を切り抜けさせてくれ

 1976年にリリースされたアルバム、『Pretender』に収録の「Your Bright Baby Blues 」。この歌の主人公は恋人と心が通い合わなくなり、ハイウェイに腰を下ろしたり行ったり来たりと半ば自暴自棄となって自分自身からも逃げ出したい気持ちを訴えるのですが、結局のところ再び恋人に救済を求めています。また、ハイウェイはカウンター・カルチャーの真っただ中にいたジャクソン・ブラウンの世代の精神的放浪を象徴するものとも受け取れました。
 友人のアドバイスを受けての行動によって、「自分が高い空を飛び回っている」というくだりはドラッグ体験を指し示すものと思われます。しかし、それは現実逃避でしかなく、本当の自分の姿は「聡明なベイビー・ブルーの瞳の彼女」に救いを求めていることであると自覚。どうやら主人公が頼りにする恋人は、自分を困惑させると同時に安らぎを与えてくれる存在なのでしょう。あるいは別れた恋人への未練を断ち切ろうとして、ありのままの自分自身をさらけ出しての言動なのかもしれません。
 誰もが会社や学校などの組織に属し、仕事や人間関係に日々悩まされ続けています。そうした現実から抜け出したくなっても次の瞬間には我に返り、たいていの人は再び前を向いて歩き出そうとするもの。誰かの手を借りたとしても、つまるところ自分の道は自分で歩いて行かなければならないのは自明の理。ジャクソン・ブラウンはこの歌を書いたとき、「やっと恋を出来る状態になった」と述べたそうですが、恋愛を含めた自分自身の過去との訣別という意味合いが背景にあったと推測されます。

 2005年リリースの『Solo Acoustic Vol.1』収録のヴァージョン。



ジャクソン・ブラウン-ソロ・アコースティック第一集ジャクソン・ブラウン-ソロ・アコースティック第一集
(2005/10/26)
ジャクソン・ブラウン

商品詳細を見る


 2010年にリリースされたデヴイッド・リンドレーらとの共演盤、『Love Is Strange』に収められていたライブ・ヴァージョン。異国情緒が醸し出されたアレンジが心に響きます。



ラヴ・イズ・ストレンジラヴ・イズ・ストレンジ
(2010/05/19)
ジャクソン・ブラウン&デヴィッド・リンドレー

商品詳細を見る


 2010年に開催されたGlastonbury Festival出演時と思われるライヴ映像。



 ブログを停止されたり、閉鎖されたりする理由は個人的なことなので、赤の他人があれこれ勝手な詮索をするのは失礼なことでしょう。しかし、リンクを結んで仲良くさせてもらったブログに異変があると寂しさを禁じえません。たとえインターネットという空虚な世界の付き合いだったとしても、漠然とした懸念を抱いてしまうものです。
 
スポンサーサイト

Tommy Boyce & Bobby Hart - TEST PATTERNS

 熊本県は3月5日、微小粒子状物質(PM2.5)の大気中濃度が、県内の観測地点のひとつである荒尾市役所にて午前5時に91マイクロ・グラム、同7時に101マイクロ・グラムを観測し、環境省が示した基準値(1日平均70マイクロ・グラム超)を超えたため、ホームページなどで外出を控えるよう注意喚起しました。この日は福岡市で午前7時に84マイクロ・グラム、大分県日田市で午前9時に95マイクロ・グラム、長崎市でも午前2時に84マイクロ・グラムを観測したとのこと。また、広島県内でも測定器のある10か所のうち8か所で環境基準をオーバーし、大阪府柏原市では、一時91マイクログラムを記録するなど西日本各地で非常に高い数値となっております。
 その翌日以降も大阪府や京都府を含む近畿各地で環境基準を超える濃度が観測されたとの報道を耳にし、このままでは外出自粛が出されるのではとの懸念が生じました。また、9日には九州、近畿、北陸、東海などで黄砂を観測。外に出て近所を歩くと青空の中で白く靄のかかったような比叡山や大文字山が目に映り、いつもの春霞とは異なった光景がとても気になっています。
 さて、そんな心配を吹き飛ばそうと、今回もしつこくA&Mに所属したソフト・ロック系のアーティストを取り上げることにしました。ご登場を願うのはトミー・ボイス&ボビー・ハート。ザ・モンキーズに数々のヒット曲を提供した方々です。

テスト・パターンズ(紙ジャケット仕様)テスト・パターンズ(紙ジャケット仕様)
(2012/07/25)
トミー・ボイス&ボビー・ハート

商品詳細を見る


 1939年9月29日にヴァージニア州シャーロッツヴィルで誕生したトミー・ボイス。同年2月18日にアリゾナ州フェニックスで生まれたボビー・ハート。二人とも早くから音楽に目覚め、ソロ歌手として、そしてソング・ライターとして活動を始めました。そんな二人が出会ったのは1959年のロサンゼルス。ソング・ライターとして楽曲が取り上げられるようになっても、シンガーとして鳴かず飛ばずの状態だった彼らはお互いに親近感を憶えたのか、すっかり意気投合してコンビを組むことになったのです。
 トミーとボビーによる共同作業はチャビー・チェッカーの「Lazy Elsie Molly」(1974年に全米40位)、ジェイ&アメリカンズの「Come A Little Bit Closer」(1964年に全米3位)とヒット曲を連発。翌65年にはディーン・マーティンの「Little Lovely One」、ジーン・ピットニーの「I'd Like To See Me Stop You」なども手掛けるようになりました。業界注目のソング・ライター・チームとなった二人。そんな彼らのところに舞い込んだのがザ・モンキーズへの楽曲提供です。
 NBCテレビの番組「ザ・モンキーズ」と連動して活動を始めたモンキーズ。ボイス&ハートの書いた「Last Train To Clarksville」、「Steppin' stone」、「Words」、「Valerie」などがモンキーズによって歌われ、次々とヒット・チャートを駆け上がりました。日本のファンにはこれらの他に、「I Wanna Be Free」が特に心に残っていることでしょう。さらにボイス&ハートの二人は楽曲提供のみならず演奏やプロデュースなどにも参画し、モンキーズとの関係を深めていくことになります。
 元々はパフォーマー志望だったボイス&ハート。欲が出たのか、チャンス到来と見たのか、自分たちも表舞台に立ちたいとA&Mと契約。1967年から1969年にかけて3枚のアルバムをリリースしてまずまずの実績を残しました。1970年代に入るとそれぞれがソロ活動に転じましたが、1975年にモンキーズの再結成に二人して参加。1976年にミッキー・ドレンツ、ディヴィー・ジョーンズ、トミー・ボイス、ボビー・ハートというメンバーで『Dolentz, Jones, Boyce & Hart』というアルバムを発表しています。
 再結成されたモンキーズがヒット・チャートを賑わすことはなかったのですが、ライヴ活動は精力的に行われました。1976年7月には日本公演も実現し、来日中に堺正章さんが司会をされていた『NTV紅白歌のベストテン」という番組にゲスト出演されていたの憶えています。モンキーズの面々による演奏は行われず、たんなるプロモーションのため出演のようでしたが、懐かしい顔が拝見できただけでも感激。当時、拙ブログで度々言及するトリオ編成の女性ヴォーカル・グループではない別の女性シンガーが目当てでこの番組を観ていたのですが、少しばかりラッキーな出来事に遭遇できたと実感したものです。

 それでは今回は1967年にリリースされたファースト・アルバム、『Test Patterns』から2曲を紹介しましょう。まず、全米39位まで上昇した第1弾シングルでもある「Out & About」。本来はモンキーズのために書かれた曲だったとのことですが、プロデューサーのチップ・ダグラスが採用を見送り、「ほな、俺らでやりまっさ」とばかりにレコーディングしたいわれのある曲です。


OUT & ABOUT
ここでは何も起きていない
1年中、何も進んでいないんだ
明けても暮れてもそこに留まり
外で遊べたら良いのになあと願っている

病が癒えてやっと外に出られる
すべてが俺のために動いてるのさ
やっと外に出られるようになったんだ
うんざりさせられていたものすべてから解放されたんだ
やっとおんもにでられるようになったんだぜ
街中を車でぶっ飛ばそう
お外に出られたんだ
女の子たちはみんなカワイコちゃん
外へ出られていい気分さ
欲しいものを手に入れる余裕なんてないさ
この家にあるのは退屈だけ
雑誌は引き裂かれぼろぼろ
読むものはもうないのさ

外に出て、この目で何が起こっているかを見るとしよう

病が癒えてやっと外に出られる
太陽はいつも輝いている
やっと外に出られるようになったんだぜ
とても楽しく過ごしているんだ
やっとおんもに出られるようになったんだ
ダチのところを訪ねて笑い合うのさ
お外に出られたんだ
なんていかした時間なんだ
一緒に楽しく過ごそうぜ

俺たちは外に出られるようになったんだ、外に
おんもに出られるようになったんだ、おんもにさ
お外へ出られるようになったんだ、お外にな

 アメリカNBC制作のテレビドラマ『I Dream of Jeannie(かわいい魔女ジニー)』からの一場面です。冒頭にはフィル・スペクター氏も登場。私は幼少の頃に放送されていたこの番組に毎回釘付けでしたが、こんな貴重なシーンの記憶がありません。人気番組にわざわざ出演させるとは、A&Mがよほどボイス&ハートの売り出しに執心だったことが察せられます。


 続いて第2弾シングルとなった「Sometimes She's A little Girl」。モンキーズを彷彿とさせる曲調で、ザ・ビートルズを意識したかのような「She's A Woman」という歌詞も飛び出します。途中でテンポを変えたり、ストリングスを導入するなどの工夫されたアレンジが興味深いところですが、全米110位とヒットには至りませんでした。


SOMETIMES SHE'S A LITTLE GIRL
彼女をご機嫌な気分のままにさせておきたいのなら
近所で流れている
バンドが演奏する音楽に合わせ
彼女の心配事などすべて忘れさせて踊らすんだ

彼女は女、知っておいたほうが良いぜ
彼女が着ている服で分かるんだ
自分が何をしているかを彼女はいつでも分かっているんだ
彼女はうまくやってるよ
若き女の誉れっていったところだ

でも、ときどき少女のようになるのさ
この大きな既成の社会がとても怖くなって
そんな時、俺はこの腕の中で彼女を抱きしめ
そして言うんだ(俺がついてるぜ)

勝ち誇ったか彼女の顔を見てみろよ
生娘じゃないってことが分かるぜ
ともかく彼女はその綺麗な顔を向けるのさ
自分が格好良く見えることを知っているからだよ

一瞬だけ彼女は君と歩調を合わすが
君の頭を振り向かせると彼女はすぐに忘れてしまうだろう
彼女が間違ってるなんて
彼女を見てたら君は決して思わないだろう
出来ることなら俺は彼女に対しての
考えを変えるつもりはない
出来ることなら 出来ることなら

綺麗な彼女
彼女は女
だけど彼女は少女なのさ

 モンキーズとの活動を終えた2人は再びそれぞれの道を歩みます。トミー・ボイスは自らのバンドを率いてアルバムをリリースする傍ら、1981年にイギー・ポップの『Party』をプロデュース。ボビー・ハートは1979年にソロ・アルバムを発表した後、1983年公開の映画『Tendar Mercies』の劇中でベティ・バックリーによって歌われた「Over You」をオースティン・ロバーツと共作し、第56回アカデミー賞にノミネートされてソング・ライターとしての実力を発揮。1989年にはニッカ・コスタ(サラ・ヴォーンやフランク・シナトラのアレンジャーとして知られるドン・コスタの娘)のアルバム『Here I Am』に楽曲提供とアレンジで携さわっています。しかし、残念ながらトミー・ボイスは1994年11月23日に自らの命を絶ち、ボイス&ハートのリユニオンは叶わぬこととなりました。

The Sandpipers - Misty Roses

 2月24、25日の両日に実施されたイタリア総選挙の結果は今まで財政再建や改革の先頭に立ってきた中道左派が下院では過半数を獲得したものの、上院では過半数を得られませんでした。そのため、イタリアの政情が不安定化して、ユーロ危機が再燃するとの懸念が高まりつつあります。イタリアやヨーロッパの出来事は決して対岸の火事や他人事ではなく、日本にも円高株安といった悪影響を及ぼし、せっかくアベノミクスで景気回復の光明が差していたところにとんだ冷や水を浴びせ掛けられた格好となりました。
 反緊縮財政派のシルビオ・ベルルスコーニ前首相率いる政党「自由国民」は不動産税の還付や財産税の廃止を掲げて大衆の支持を得て躍進しましたが、彼は暴言や女性スキャンダルで世間を騒がせ、はたまた買春疑惑まで囁かれた人物。脱税容疑でとうとう首相の座を追われたものの、ばらまきと揶揄される公約で見事に表舞台へ復帰したことになります。緊縮策による失業や増税の苦しみがあるとはいえ、人がお金の魅力に弱いのは洋の東西を問わないのかもしれません。
 ばらまきと言えば、2008年に麻生政権が定額給付金という経済対策を実施。その際、経済評論家で獨協大学教授の森永卓郎先生は、「1世帯あたり50万円ほど配れば効果あり」との趣旨を述べられていました。庶民には税金の還付や所得税減税などは微々たるものですが、もし多額の現金を目の前に積まれれば喉の奥から手が5本も6本も出るのが人情ってものでしょうね。

 さて、暗く混沌した話題ばかりなので、このブログはいつもの通りの爽やか路線でまいりたいと思います。今回ご登場していただくのはザ・サンドパイパーズの面々。ロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ、ザ・パレードに引き続き、A&Mが誇る3人組です。彼らが1967年に発表したアルバム、『Misty Roses』を取り上げることにしました。


ミスティ・ローゼズ(紙ジャケット仕様)ミスティ・ローゼズ(紙ジャケット仕様)
(2012/04/18)
サンドパイパーズ

商品詳細を見る


 キューバへの想いが熱く込められた「Cuando Sali De Cuba(The Wind Will Change Tomorrow)」でアルバムの幕が開きます。今回はライヴ映像をご覧ください。


 続いては「Strange Song」。拙ブログではすっかりお馴染みとなったチップ・テイラーの作品です。少々皮肉な歌詞に人生の哀愁が漂いますが、サンドパイパーズのさりげないヴォーカルが再起を誓う主人公を勇気づけているかのように受け取れました。


STRANGE SONG
道を間違えたヤツのことを題材にした奇妙なこの歌を聴いてくれ
彼はこれまでの生き方を悔いて
もう一度やり直そうと決心したんだ
風変わりな生活を楽しむための豪邸を手に入れようと努力したけれど
いつの日か自分の周りには誰もいなくなってひとりぼっちだと気付くまで
そして、自分の未来に夢や希望が見出せないと思えるまで
彼は自己を改めようとしなかった

あの日
彼はいっぱしの男になるために
もっといい方法があるのではと模索した
そして試行錯誤して
その馬鹿げたプライドをかなぐり捨てたのさ
俺には彼の気持ちがよく分かるね

彼の人生を綴った奇妙な歌はいつしか誰もが口ずさむようになり
メロディも歌詞のどこをとってみても完璧であるから
ハミングしているうちに丸ごと憶えてしまうのさ
ラ・ラ・ラを付ければもっとノリが良くなるはずだよ

 こちらは1967年にリリースされたハリー・ベラフォンテのヴァージョン。


 ティム・ハーディンのペンによる表題曲の「Misty Roses」。想いを寄せる人を薔薇の花に例えた儚さをボサノヴァ風の軽快なリズムに乗せたアレンジは、甘酸っぱく切ない余韻を残します。


MISTY ROSES
俺の眼にはおまえの姿が露に濡れた薔薇のように見える
触れると壊れてしまいそうな繊細なおまえ
でもあまりにも愛おしくて、おまえを残して去って行けない
俺もおまえのように朝露に濡れた薔薇の花になれれば
おまえをこのうえなく愛するだろう
残して去るにはあまりにも魅力的なおまえ

花だって人目を忍んで時には泣くものさ
だけど安らぎの中で咲き誇るうちに
枯れて美しさを失ったことに気がついても手遅れだよ

俺が愛の力を永遠に信じることが出来たとしたら
過去を水に流すだろう
おまえはあまりにも愛らしくて、この胸の想いを伝えないわけにはいかない
俺が生きている限りにおいて愛を信じられるとしたら
これまでの出来事はすべて忘れてしまうだろう
美しすぎるおまえに俺のこの想いを打ち明けないわけにはいかないのだ

俺の眼にはおまえの姿が露に濡れた薔薇のように見える
俺の眼に映るおまえは露に濡れた薔薇
俺にとっておまえは露に濡れた美しい薔薇のよう

 ティム・ハーディン自身のヴァージョンは1966年リリースのデビュー・アルバム、『Tim Hardin』に収録。


 ティム・ハーディンやサンドパイパーズのヴァージョンはボサノヴァ調のアレンジが施されていましたが、ボサノヴァの女王であるアストラット・ジルベルトも1966年の『Beach Samba』でこの曲を取り上げていました。


 シンプルで郷愁を誘うようなメロディとは裏腹に、少々刹那的で淫らな雰囲気が漂う歌詞が窺える「Today」。


TODAY
伊達男気分で街をぶらつこうか
俺が口ずさむ歌を聴けば、俺が何者かって分かるだろうよ
おまえのテーブルでごちそうになろう
おまえの心地よい場所で眠りにつこう
明日のことなど誰にも分からないよな?

今日、開花した花がいまもつるに巻き付き
苺のようなおまえの唇を味わい、おまえの甘いワインをすする
今日という日の喜びを俺がすっかり忘れてしまう前に満喫しよう
果てなく訪れる明日という日はすべて過ぎ去ってしまうだろうから

俺は昨日までの栄光に甘んじることが出来ない
冬の後には春が訪れるというが、俺は安穏と暮らす気なんかないぜ
今日が俺のかけがえのない瞬間、今も続く俺の人生の物語
これからは笑って過ごすこともあれば、涙の日々を送ることもあるし、
楽しく歌って生きることもあるだろう

 この曲のファースト・リリースはザ・ニュー・クリスティ・ミンストレルズのヴァージョンです。メンバーのランディ・スパークスが音楽を担当した映画『Advance To The Rear』のサントラとしてリリースされた彼らのアルバム、『Today』(1964年発表)に収録されていました。


 ジョン・デンバーもこの曲をレパートリーにしていたらしく、ステージで度々演奏されたとのことです。彼が1975年にリリースしたライヴ盤、『An Evening With John Denver』に収録。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。