好きな音楽のことについて語りたいと思います。

Stardust - Hoagy Carmichael

 2011年も押し詰まって参りました。震災と原発事故に見舞われた日本国内はもとより、世界情勢に目を向けてアラブの春やヨーロッパの経済危機など変革と混乱が相次いで生じた激動の一年だったかと思います。来る2012年は各国のトップの交代が予想される年。ますます混迷の時代へと進むか、希望の幕開けとなるかの分水嶺となるかもしれません。
 さて、一年のフィナーレが近づくと、「Stardust」という曲が心の中で響きます。幼少の頃に観た「シャボン玉ホリデー」のエンディングで、ザ・ピーナツのお二人が歌っていたこの曲。おぼろげな記憶の片隅から呼び起こされ、懐かしい情景が思い浮かぶと同時に新鮮な感触に包まれるのです。



 
STARDUST
黄昏が
私の心の草原を紫に染める頃
小さな星が空高くきらめき
我々二人が別れてしまったときのことを
いつまでも思い出させる
恋の小道で彷徨う君は遥か彼方
いつまでも絶えることのないこの歌を残して
恋は昨日の甘い思い出
過ぎ去りし日々の調べ

どうしてなんだろう
孤独な夜を過ごしていると
時おり夢の中からあの歌が聴こえてくる
私を幻想の世界に誘うメロディ
再び君の面影が浮かんでくるんだ
二人の恋が始まったあの頃
口づけを交わす度のときめき
でも、それは遥か昔のこと
今や私の安らぎは
あの歌の恍惚に包まれることだけ

庭園の壁の傍で輝く星を眺めていると
君の腕の感触が浮かんでは消える
そしてナイチンゲールは
薔薇の咲き誇る楽園のおとぎ話を話してくれるんだ
私の夢は虚しいものだけれど
心の中に今でも残っている
あの恍惚のメロディが
二人の恋の思い出が繰り返し鳴り響く

 英語の "Stardust" には「星屑、宇宙塵」という意味と「ロマンティックでうっとりするような感じ(を起こすもの)、恍惚」という意味があり、後者のほうを選択して訳しております。

 1927年に作曲家のホギー・カーマイケルが世に送り出した「Stardust」。彼自身の演奏でも注目を浴びましたが、1929年には友人のミッチェル・パリッシュによって歌詞が付けられ、1931頃にビング・クロスビーが取り上げてヒットしました。以来、フランク・シナトラを始め様々なアーティストに歌われるようになり、Jazz/Pops のスタンダード・ナンバーに定着。近年はウィリー・ネルソンやロッド・スチュワートといったロック・アーティストにもカヴァーされています。


 ビング・クロスビーが第二次世界大戦前の名唱ならば、ナット・キング・コールの歌唱は戦後の決定版と称されるほどの人気を博しました。1957年発表のアルバム、『Love Is The Things』に収録。なお、娘のナタリー・コールも1996年のアルバム『Stardust』にてレコーディングしています。


 エラフィッツ・ジェラルド、カーメン・マクレエといった女性シンガーも独特の艶を滲ませていますが、今回はドリス・デイの歌声を紹介しておきます。


 シンプルな演奏をバックにしたウィリー・ネルソンの渋く、円熟味のある歌声は1978年の『Stardust』に収録。2008年にはジャズとクラシックの両部門に渡って活躍するトランペット奏者のウィントン・マルサリスとの共演アルバム『Two Men With The Blues』にて再レコーディングしていました。 


 ここしばらくビートルズ関連の楽曲を記事にしていたので、リンゴ・スターさんの歌声で今回はお開きにしたいと思います。スタンダード・ナンバーを集めた1970年のソロ・アルバム、『Sentimental Journey』に収録。

スポンサーサイト

The Beatles - Free As A Bird

 前回の記事でザ・ビートルズの「Real Love」を取り上げましたが、今回は「Free As A Bird」について少しばかり述べさせていただきたいと思います。順序が逆になったようで申し訳ございません。

Anthology 1Anthology 1
(1995/11/20)
Beatles

商品詳細を見る




FREE AS A BIRD
鳥のように自由に
それは2番目に幸せなこと
鳥のように自由に

目的を完遂させて、早く家に帰りたい
巣に戻って行く鳥のように私は飛ぶのだ
両の翼で鳥のように

いったいどうしたというのだ
かつて我々のものであった日々は
お互いが離ればなれになっても暮らして行けるのだろうか
大切に思えたあの感触は
どこで見失ったのか
私の感性をそうしていつも豊かにしてくれた(鳥のような自由な感触)

 1977年頃にホーム・レコーディングされていた「Free As A Bird」。1988年頃にBBCラジオで放送された「Lost Lennon Tapes」でお披露目されたことがあり、ブートレグも各種出回っているので、熱心なファンの間では既に存在を知られた曲でした。
 一見シンプルに窺える歌詞ですが、抽象的かつ観念的です。1977年頃といえば、ジョン・レノンがハウス・ハズバンド(主夫)として家事や育児に精を出していた時期。ジョンは主夫業の合間に、ひとりであれこれ思索に耽りながら歌の創作にも勤しんでいたのでしょう。
 
 それでは作品の内容に触れてみたいと思います。まず最初のヴァースの"That's the best things to be" を直訳すると、「それがその次に素晴らしいもの」となりますが、マドンナ主演の映画『The Next Best Things』(2000年公開)の日本語タイトルが「二番目に幸せなもの」と付けられていたので、これをそのまま拝借することにしました。でも、一番素晴らしいものとは何なのでしょうね。ジョン・レノンなら「愛」とか「平和」とかと言いたかったのではと想像しがちですが、ビートルズ時代に彼が主導して作った「Happiness Is A Warm Gun」という曲もあるので、もう少し大人になってその解釈を深く思い巡らせたほうが良いのかもしれません。
 次のヴァースの"Home and dry" は成句で、「目的を達成する」という意味です。直訳するとあれこれ仕事を片付けてねぐらに帰るといった趣旨になりますが、その後に続く歌詞の内容を鑑みると、その目的とは「大切だったことを再確認する」(太郎さんのブログ「ひとつのポケットから出た話」参照)といったニュアンスに近いと思えます。何故なら、"Whatever happened to/The lives that we once knew/Can we really live without each other/where did we lose the touch/That seems to mean so much/It always made me feel so" という原文を「いったいどうしたというのだ/かつて我々のものであった日々は/お互いが離ればなれになっても暮らして行けるのだろうか/大切に思えたあの感触は/どこで見失ったのか/私の感性をそうしていつも豊かにしてくれた」と訳すとビートルズのメンバーとの関係が連想され、ポール・マッカートニーが「Let It Be」の中で、"And when the broken hearted people/Living in the world agree, There will be an answer, let it be/For though they may be parted there is/Still a chance that they will see/There will be an answer, let it be" (「この世に生きる傷ついた人々がまたひとつになる時、そこに答えはあるだろう、なるがままに/たとえ離ればなれになろうとも/再び巡り会うチャンスはある/そこに答えはあるだろう、なるがままに」と歌った心境に共通するものが読み取れました。
 また、小野洋子さんとの夫婦生活の変調が示されているようにも受け取れます。ジョンは1974年頃に小野洋子さんと不和を来して一時期別居。ニューヨークを離れてロサンゼルスで暮らした経験がありました。そこで待ち受けていたのは籠から解き放たれた自由な鳥のように羽目を外し、かつての同僚リンゴ・スターやハリー・ニルソンらと毎晩のように飲み歩き、暴力をふるっていざこざを起こす破滅的な日々。いわゆる「失われた週末」と称される期間で、幻覚に怯えるアルコール中毒症の作家の苦悶を描いたビリー・ワイルダー監督の映画のタイトルに、「The Lost Weekend(失われた週末)」(1945年公開)にちなんだものです。結局ジョンと小野さんの別居生活は約1年で解消されましたが、ジョンの自戒を込めた反省の意図が歌詞に表されているのかもしれません。
 もっとも、実際には "Whatever~" 以降のくだりの歌詞はジョンのデモ・レコーディングを聴く限りにおいて完成されておらず、ポールらFAB3が補作したものです。それ故に、FAB3の願望が含まれていると解釈するほうが適切でしょう。それ故に "Home And Dry" と歌ったジョンの本音は、「嫌な仕事(家事や育児など)はさっさと終えちまおう」といったぐらいの気分だったのかもしれません。

 ジョン・レノン単独によるデモ・レコーディング。ビートルズのヴァージョンが、このテイクをベースにしたかどうかは定かでありません。ビートルズ版の歌詞では "That's the best things to be"(「それがその次に素晴らしいもの」と記されていますが、ここでは "That's the best things to being" と聴き取れます。そうなると、「それは存在(あるいは人生)の次に良いもの」といった意味になり、最も素晴らしいものが明確に示されたと言えるでしょう。


 またも出ました、「ご降臨」ライヴ。こんな映像を観てしまうと、「ジョンとジョージはいまでも心の中で生きています」と気取って言ってしまいたくなります。


 よく"Simple Is Best " と言われますが、単純なものほど難解です。小難しいことは考えず、素直に音楽を楽しんだほうが良いのかもしれませんね。

The Beatles - Real Love

 今回もビートルズの皆様に登場していただくことにしました。お題は「Real Love」。1996年にリリースされたアルバム、『Anthology 2』に収録されていた曲です。

アンソロジー(2)アンソロジー(2)
(1996/03/18)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る



REAL LOVE
私のささやかな計画や企みは
忘れ去られた夢のように消え
私が今までしてきたことのすべては
君を待ち続けることだったようだ

幼き少年少女のようにただ
ちっぽけなおもちゃで戯れる
彼らが今までしてきたことのすべては
愛を探すことだったようだ

ひとりぼっちではない
孤独なんかではない
本当の愛
本当の、そう、本当の愛
これが真実なのだ

今この瞬間からまさに
どこで自分の人生が始まるかが分かる
私が今までしてきたことのすべては
本当の愛を待ち続けることだったようだ

私は以前も愛に包まれていたが
心の中ではもっと愛を求めていた
私が今までしてきたことのすべては
君を待ち続けることだったようだ

恐れることはない
怖がることなんてない
本当の愛
本当の、そう、本当の愛
これが真実なのだ

 1988年にリリースされたジョン・レノンのドキュメンタリー映画『Imagine』のサントラ盤に未発表曲として陽の目を観ていた「Real Love」。ビートルズ・アンソロジー・プロジェクトが進行する最中の1994年、ジョンは「ロックン・ロール・オブ・フェイム」の殿堂入りを果たしました。その式典にて、ポール・マッカートニーと小野洋子さんが再会。これを機に小野さんは保管していたジョンのデモ・テープをポール、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターらに託したのです。
 そのテープに収められていたのはジョンがホーム・レコーディングしていた「Free As A Bird」と「Real Love」の2曲。FAB4の3人は小野さんの厚意を無にしないために、ビートルズの名に恥じぬよう粉骨砕身の覚悟で仕上げに取り組みことになりました。そして、プロデュースを担当したジェフ・リン(ELO)やジェフ・エメリックのチームらの協力のもと、ノイズを取り除いた上で楽器やバッキング・ヴォーカルを加える作業を行い、苦心惨憺で完成に漕ぎ着けたのです。
 ビートルズ・アンソロジー・プロジェクトの目玉となったこれら2曲。1977年頃にジョンによって録音されたという「Free As A Bird」は『The Beatles Anthology 1』(1995年12月リリース)に収録され、今回紹介する「Real Love」は1979年から80年頃にレコーディングされたトラックで、記事の冒頭で述べたように翌96年発表の『Anthology 2』に収められました。


 ジョンのソロ・パフォーマンスも紹介しておきます。まず、映画『Imagine』のサントラ盤に収録されていたヴァージョン。ジョンのアコースティック・ギターの弾き語りによるもので、完成品とは歌詞が異なります。1969年から70年にかけてレコーディングされたとのこと。



 2004年にリリースされたジョン・レノンのアルバム『Acoustic』に収録されていたヴァージョン。これも歌詞が異なり、顕著なところはビートルズ版で、"No Need To Be Alone" (ひとりぼっちではない)のところが、"Why Must We Be Alone" (なぜひとりぼっちにならなければいけないのか)と歌われていました。ジョンにどのような心境の変化があったのかを鑑みると、とても興味深いものです。



 1998年にリリースされた『John Lennon Anthology』収録のヴァージョン。ピアノの弾き語りです。ジョンは同様のテイクを9つも録音していたので、これがビートルズ版のベースになったかは定かでありません。



 YouTube に The Beatles - Real Love (Live - 1994) という画像を発見しました。どうせカヴァー・バンドの演奏だろうと思ったのですが、写された聴衆の数が気になってクリックしたところビートルズの皆様が登場。FAB4のソロ・パフォーマンスを巧みに編集したもののようです。



 過去にビートルズ再結成の噂が幾度となく飛び交う度、歓迎と抵抗が葛藤する複雑な心境に陥ったものです。でも、1995年、天上界の人となったジョンを除く3人がアンソロジー・プロジェクトのために集まり、「Free AS A Bird」と「Real Love」という2曲の新曲を発表した時はこのうえない喜びと驚嘆を覚えました。今こうして、こんな映像を観せられてはジョンとジョージに降臨していただき、FAB4からのクリスマス・プレゼントして一夜限りのステージを目の当たりにしてみたいという贅沢な望みを心に抱いてしまいます。

John Lennon - How Do You Sleep

 前々回、前回に引き続いてビートルズ関連の記事になりますが、今回はジョン・レノンが1971年に発表したアルバム、『Imagine』の中から「How Do You Sleep」を取り上げることにしました。ポール・マッカートニーへの皮肉が込められた歌として物議を醸したこの曲。しかし、ジョンからポールに対しての強烈な愛情とメッセージが込められているように思えるのです。

イマジンイマジン
(2010/10/06)
ジョン・レノン

商品詳細を見る

1. Imagine
2. Crippled Inside
3. Jealous Guy
4. It's So Hard
5. I Don't Wanna Be A Soldier Mama I Don’t Wanna Die
6. Gimme Some Truth
7. Oh My Love
8. How Do You Sleep?
9. How?
10. Oh Yoko!



HOW DO YOU SLEEP
サージェント・ペッパーズのアルバムジャケットには
さすがの君も不意打ちを食らったよな
君はあの母親の目に映る魂胆を見抜いたほうがいいぜ
俺たちの熱狂的なファンが
君が死んだって言ってたのは正しかったな
君が犯した唯一の誤りはその頭の中にあるのさ
どうだい、眠れるかな?
夜はどうやって眠るんだい?

君を王様に祭り上げてる俗物どもに
囲まれて暮らしている
カミさんから何か言われたら
ドキッとしっぱなし
君の唯一の傑作は「イェスタデイ」
君が去った今では「アナザー・デイ」ってとこさ
どうだい、眠れるかな?
夜はどうやって眠るんだい?

きれいな顔はせいぜい持ってあと一年か二年
でもすぐに人々は気づくだろう
君の力量はこんなものかと
君が作り出す音楽は
俺の耳には雑音程度にしか聴こえんぞ
俺たちと過ごした歳月の間に
君はもっと何かを学んだはずなんだがねぇ
どうだい、眠れるかな?
夜はどうやって眠るんだい?

 もともと "How Do You Sleep" という言葉はビートルズの仲間内で、つぶらな瞳のポールのことをふざけて洒落のめすために使われていたらしく、ジョンは当時を思い返しながら歌のタイトルにしたのでしょう。

 歌詞は「サージェント・ペッパーズ云々」で始まりますが、ご丁寧にも冒頭にサージェント・ペッパーズ風のサウンド・コラージュを施した念の入れよう。サージェント・ペッパーズのアルバムジャケットではジョン、ジョージ、リンゴの三人が明るく派手な色のミリタリー・ルックに身を包んでいるのに対し、ポールだけが比較的地味なブルーを纏っていたことを始めとしたこじつけにもならないことを根拠に様々な解釈がなされ、ポールは既に死んでいるとの噂が広まりました。そして、『サージェント』以降のアルバムのジャケットや収録曲の内容にまつわる荒唐無稽と思えるような死亡説が流布されたのです。
 次のヴァースの「君を王様に祭り上げている俗物ども」とはウイングスのメンバーや音楽業界関係者はもとより、金儲けを狙ってすり寄って来る人々を指すのでしょう。言葉巧みに近づいて来る連中には気をつけろと注意しています。続く、「カミさんから・・・・・・」は女房の尻に敷かれるなとの忠告であり、ジョン自身の自戒の念が込められているのかもしれません。そして、「アナザー・デイ(Another Day)等々」は「ありふれた一日」という意味なので傑作も色褪せたと捉えがちですが、好意的に解釈すれば「君がいなくて淋しいぜ」と言う具合にも受け取れます。
 最後のヴァースの「きれいな顔は云々」以下の歌詞はルックスはもちろん、ビートルズ時代に築いた過去の栄光を指し、「そんなものに頼っていると痛い目に合うから精進してもっといい音楽を作るんだ。君なら出来るはず」と励ましているかのよう。冷静な視点に立って吟味すると悪口どころか、別れてもかつての仲間を思うジョンの気持ちがよく表されていました。
 
 金品に目が眩んだり、あるいは自己保身のためにいとも簡単に人を裏切る輩。親切を踏みにじり、恩を仇で返す輩。忠告を無視して逆恨みする輩。そんな手合いが多い昨今、こんなに親友のことを気にかけてくれる人は滅多にいないでしょう。ポールも当初は気を悪くしたようですが、後にかつての同僚であるジョンからの親切なアドヴァイスに謝辞を述べていました。
 ティーン・エイジャーの頃から苦楽を共にしてきたジョンとポール。ジョンが本気で怒ればどうなるか、ポールにはお見通しだったと推察されます。ともすれば小野洋子さんやジョンの先妻シンシアよりもよく分かっていたのかもしれません。
 
 ピート・ベストがビートルズを脱退した一因はジョン、ポール、ジョージのジョークについて行けなかったことによるとの逸話を聞いたことがありました。FAB4の感覚で交わされる会話は常人に理解し難いものだったのかもしれません。そう考えると、「How Do You Sleep」はたんなる彼ら一流のジョークの範囲内と捉えて理解したほうが良さそうですね。

こちらはレコーディング風景の映像のようです。ジョージ・ハリスンがリード・ギターを担当していました。


 なお、「君はあの母親(たぶんリンダ・マッカートニーのこと)の目に映る魂胆を見抜いたほうがいいぜ」の原文は "You better see right thru that Mother's eyes" です。CD等の対訳では「女々しい目を見開いて良く見るがいい」といった具合に訳されていることが多いようですが、寡聞にしてそのような言い回しを知りません。ご存知の方がおられれば、教示していただけると幸いです。