FC2ブログ

好きな音楽のことについて語りたいと思います。

Bob Dylan - Tomorrow Is A Long Time

 ボブ・ディランの「Tomorrow Is A Long Time(明日は遠く)」は『グレーテスト第2集』の中にライヴ・ヴァージョンが収録されているだけで、正式なスタジオ録音は発表されておりません。ボブ・ディランの作品の中では地味な曲の部類に入ると思うのですが、エルヴィス・プレスリー(オムニバス・アルバム『ソングス・オブ・ボブ・ディラン』ほか収録)、ジュディ・コリンズ(『Fifth album』収録)、イアン&シルヴィア(『風は激しく』収録)、ロッド・スチュワート(『Every Picture Tells A Story』収録)など著名なアーティストに取り上げられています。日本でも元大学教授でシンガー・ソング・ライターでもある三浦久先生が日本語に訳して歌われておりました。三浦先生はボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーン、レナード・コーエン、J.D.サウザーなどのアルバムの対訳でお馴染みの方です。先生のカヴァー・ヴァージョンは『ポジティブリー寺町通り』というアルバムに収録されておりました。
 この歌「明日は遠く」は元恋人のスーズ・レトロのことを歌ったものであるとされています。スーズ・レトロとはディランのアルバム『フリー・ホイーリン』のジャケットで、ディランと腕を組んで歩いている女性。近年、彼女の回想録が出版されて話題になりました。
 歌の内容はメロディ・ラインの美しいラブ・バラードです。恋人のことを想う気持ちがひしひしと伝わってきますが、冷静になって聴いていると恥ずかしさも込み上げてきます。

Bob Dylan - Tomorrow Is A Long Time




もし今日が果てのないハイウェイではなく
もし今夜が曲がった小道でもなく
もし明日がそんなに遠くなかったら
寂しさはこれっぽっちも意味ないだろう
そう、愛しの君が待っていてくれたなら
そう、優しく打つ彼女の心臓の音が聞けたなら
彼女が俺の傍で身を横たえていてくれさえすれば
俺はもう一度ベッドで安らぐことができよう

せせらぐ川の水面に映る自分の姿が見えない
心の痛みを示さずに声を発することができない
自分の足音の反響が聞こえない
自分の名前の響きさえ思い出せない
そう、愛しの君が待っていてくれたなら
そう、優しく打つ彼女の心臓の音が聞けたなら
彼女が俺の傍で身を横たえていてくれさえすれば
俺はもう一度ベッドで安らぐことがができよう

光り輝き波打つ川に美があり
空に昇る朝陽にも美がある
だけど俺が憶えている彼女の瞳の美しさに
敵うものなど何もない
そう、愛しの君が待っていてくれたなら
そう、優しく打つ彼女の心臓の音が聞けたなら
彼女が俺の傍で身を横たえていてくれさえすれば
俺はもう一度ベッドで安らぐことがができよう

 ボブ・ディランのアルバムに付いていた片桐ユズル先生の対訳。なお、現在のボブ・ディランの国内盤の対訳は殆どすべて、シンガー・ソング・ライターの中川五郎氏のものに差し替えられているようです。

もし、きょうがはてしないハイウェイでなく
もし、今夜がまがりくねった山道でなく
もし、あしたがそのように遠くでなかったら
さびしいということはなんの意味もないだろう
そう、わたしの恋人が待っていてくれさえしたなら
そう、彼女の心臓がやさしく打つ音がきこえさえしたなら
もし彼女がそばにねていてくれたなら
わたしはもういちどベッドでねよう
片桐ユズル訳

また、三浦久先生は下記のように訳されて歌われていました。

もし今日が果てのない道ではなく
もし今夜が曲がった小径でもなく
そして明日がこんなに遠くなかったら
悲しみはどこにもないだろう
もしあの人が待っていてくれたら
もしあの人が近くにいてくれたら
そしてあの人が微笑んでくれたら
明日もまた生きられるだろう

三浦久 - 明日は遠く
 YouTubeにはアルバムからの音源がなかったので、今回はライヴ・ヴァージョンをお聴きください。




 この歌の歌詞は比較的シンプルですが、ボブ・ディランの歌詞は社会へのメッセージを投げかけるものであれ、他愛ないラブ・ソングであれ難解なことに違いがありません。英語が堪能であっても訳される方はとても苦労されていることでしょう。ひょっとしたら、ネイティヴでも理解しづらいのではないかと思います。
 片桐先生の訳はあくまで詩人片桐ユズルの世界であり、三浦先生の訳はシンガー・ソング・ライターで、元大学教授三浦久の世界です。こうして比べてみると、各人の恋愛感や世界観、ものの見方などを知ることができるようで、とても興味深く思えました。

 エルヴィス・プレスリーのヴァージョンは1966年リリースの『Spinout』、2001年リリースのコンピレーション『May Your Song Always Be Sung - The Songs of Bob Dylan Vol. 2』などに収録。ぶっきらぼうで無骨な印象の歌唱が、やりきれない恋心をよく表しているように思えます。


 ボブ・ディランやピーター、ポール&マリーのマネージメントを務めたアルバート・グロスマンに見出されたカナダ出身のモダン・フォーク・デュオ、イアン&シルヴィアのヴァージョンは1963年リリースの『Four Strong Winds』に収録。ギターの響きとシンプルなハーモニーが印象的です。


 長い黒髪と黒縁メガネがトレードマークとする世界的に有名なギリシア人歌手のナナ・ムスクーリのヴァージョンは1979年リリースの『Roses & Sunshine』に収録。艶やかで優しく、包容力のある歌唱が胸に滲みます。


 美声に力強さが窺えるジュディ・コリンズのヴァージョンは1965年リリースの『Fifth Album』に収録。


 1969年に結成されたイギリスのフォーク・ロック・バンドのマグナカルタのヴァージョンは『Took A Long Time』(1976)に収録。淡々とどうにもならないような恋心を素直に歌っている様子に好感が持てました。


 1960年代に活躍したフォーク・ロック・バンドのWE FIVEのヴァージョンは『Catch The Wind』(1970)に収録。ここではブラスを効果的に用い、R&B風に仕上げられています。


 カントリー調のアレンジが施されたサンディ・デニーのヴァージョンは『Sandy』(1972)に収録。スニーキー・ピートが弾くペダル・スティール・ギターが、彼女の歌唱を引き立たせています。


 こちらもアコースティックなカントリー・タッチにアレンジされたロッド・ステュワートのヴァージョンは『Every Picture Tells a Story』(1971)に収録。ロッドのハスキー・ヴォイスに切なさを覚えます。


 ザ・バーズのベーシスト、J.D.サウザーや元ポコのリッチー・フューレイらと組んだサウザー、ヒルマン、フューレイ・バンド、そしてスティーヴン・スティルスの片腕として活躍したマナサスなどでお馴染みのクリス・ヒルマンのヴァージョンはソロ・アルバム『Morning Sky』(1982)に収録。


 この曲はカントリー風のアレンジがされたものが多いようですが、他にもアール・スクラッグス・レビュー(1976年の『Family Portrait』に収録)、ニッケル・クリーク(2005年の『Why Should the Fire Die?』に収録)、セルダム・シーン(2007年の『SCENEchronized』に収録)といったカントリー/ブルーグラスのアーティストらに取り上げられています。
スポンサーサイト



Longer

別に夏に聴いてもいいのですが、寒い時期になるとダン・フォーゲルバーグの歌声が耳元でささやきます。雪のコロラドを連想するからでしょうか。彼が鬼籍に入って1年が経つんですね。
まだ若かった頃、職場にダン・フォーゲルバーグの熱心なファンがいました。彼はジャクソン・ブラウンやイーグルスなどのシンガー・ソング・ライターやアメリカン・ロックが好きな人でしたが、とりわけダンにご執心だったようです。
ちょうど今頃の冬の時期、仕事が終わった後の寒空の下、「ダンの歌があれば心身が暖まるんや。『ロンガー』、『イノセント・エイジ』、『懐かしき恋人の歌』どれも素敵な歌やで」と言いながらウォークマンを耳に掛けて彼は街の雑踏へと消えて行きました。

冬には僕が火をもたらそう
春には君が恵みの雨を
秋や夏には二人で飛ぶように時を過ごそう
愛の翼に乗って
                                  『Longer』より

その後、彼は公立高校の理科教員の職を得て、間もなく私もその職場を去りました。それからしばらくは彼にコンサートのチケットを取ってもらうなど何かと交流が続きましたが、今では音信不通。十数年以上も会っていません。
彼は今でもダンの音楽を聴き続けているのでしょうか、ダンの訃報にどのように接していたのでしょうか。雪のロッキー山脈ではなく、冬空の比叡の山並みを眺めながらそんなことがふと頭の中をよぎりました。

Dan Forgelberg - Longer


フェニックスフェニックス
(2008/04/23)
ダン・フォーゲルバーグ

商品詳細を見る

あれから28年

この時期が来るとジョン・レノンのことが頭の中をよぎります。28年前の1980年の12月8日(日本時間では9日)、ジョンは天に召されました。『ダブル・ファンタジー』の裏ジャケットの達観し、穏やかな、まるで仏像を思わすような表情から一抹の不安を感じていたのですが、あの日その予感は現実のものとなったのです。
ジョンの命を奪った人は自分がジョンに取って代わりたいからジョンが邪魔だったのでしょうか、後のインタビューでは「自分の代理自殺者としてジョンを選んだ」との趣旨を語っていました。何とも自己中心的な人です。
あれから28年という長い年月が過ぎ去ろうとしているのに、自分は何をして来たのだろうかとふと考えることが度々ありました。ジョンが教えてくれたことに感化されながらも、疑問を持ったことも少なくありません。
ジャクソン・ブラウンは最新作『Time The Conqueror』に収録された「Off Of Wonderland」の中で、「僕たちは愛を信じていたんじゃなかったの? 愛がすべてを切り開いて行くんだと信じていたんじゃなかったの? お互いが信じ合えれば、僕たちは何もかも十分に手に入れられたはず。僕たちがあんなに真剣にジョンを信じたように」と歌っています。でも、「Wonderland」という理想郷も「愛」という言葉も今となっては虚しさが感じられて仕方がないのです。かつては真の愛とやらを信じていたんですけれどねぇ。
ジョン・レノンは既に1973年発表のアルバムで、「Love & Peace」のメッセージは実情に合わなくなったとして「マインド・ゲームズ、マインド・ゲリラ」と言い換えて、「心のゲリラとなって愛と平和をもたらそう」としていました。
しかし、世界の現状を鑑みると極論ではありますが、日本は唯一の被爆国でありながらも核を所有することも選択肢のひとつと考えなければならないのではとふと思うことがあります。テロリストにはジョンのメッセージは通用しません。いや、テロリストでなくともジョンのメッセージなど鼻で笑う人々のほうが多いのが世界の現実です。人間にプライドとアイデンティティがある限り、相容れない矛盾や疑問が生じるでしょう。他者との違いを認め合うことは大事なことですが、決して安易に妥協したり、迎合したり、追従することは禁物だと思います。

僕とともに年を重ねよう
最良の時はこれからだ
その時がくれば
僕らはひとつになれる
僕らの愛に祝福あれ
僕らの愛に祝福あれ

ジョンが召された後に発表された『Milk & Honey』に収録されていた「Grow Old With Me」の一節。一緒に年を取るという言葉が心に深く突き刺さります。人間関係のみならず、家屋や身の回りの物に対しても同じことが言え、古くなるほどに味わいが出てくるように思います。そして、この歌のメッセージも愛でした。

結局こんな風にとりとめのないことを呑気に思い巡らせているうちが花でなんでしょうかねぇ。

John Lennon-Grow Old With Me


カントリ・シンガーのメアリー・チェイピン・カーペンターがカヴァーしていました。私のお気に入りでもあります。
Mary Chapin Carpenter - Grow Old With Me