好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kate Taylor - Sister Kate

 ようやく春の息吹と陽光が体感できる日が訪れたようなので、今回はそうしたうららかな雰囲気によく似合う女性シンガーの歌声を取り上げることにしました。ご登場を願う方はシスター・ケイトことケイト・テイラー。彼女はJTことジェームズ・テイラーの妹さんです。


シスター・ケイトシスター・ケイト
(1998/03/25)
ケイト・テイラー

商品詳細を見る

しばらく廃盤状態でしたが、2010年にクリンク・レコードから再発しているようです。

シスター・ケイト

 ケイト・テイラーは1949年8月15日、ボストンにて誕生しました。以前にジェームズやリヴィングストン・テイラーを扱った際にも述べましたが、ケイトもまた両親の影響から幼き頃より音楽に親しみ、レイ・チャールズやアレサ・フランクリンなどのR&Bがお気に入りだったと聞きます。また、長兄のアレックス・テイラーがブルースやR&Bのレコードを収集していたからか、彼女はブルースも好んで歌っていたとのこと。ジェームズ・テイラー=フォーク・シンガーというイメージが付きまといがちなのですが、一家の音楽環境を鑑みれば、ルーツは黒人音楽であると言っても過言ではないでしょう。
 テイラー兄弟は繊細な人ばかりなのか、兄ジェームズ、弟リヴィングストン同様ケイトも情緒不安定に陥って治療施設に入院した経歴があります。しかし、音楽への情熱は失われることなく、ジェームズに同行していたロンドンでピーター・アッシャーに見初められてレコーディン契約が交わされることになりました。これは1968年のこと。ジェームズが、アップル・レコードからデビューする直前の出来事です。アッシャーは彼女から余程の才能を見いだしたのでしょう。
 アップル社内で混乱があり、ジェームズもアッシャーも同社から追い出されるという余波が災いしたのか、ケイトのデビュー・アルバムのレコーディングがロス・アンジェルスで開始されたのは1970年1月のこと。しかし、肝心のケイトが心身の不調を訴えて中断を余儀なくされ、彼女の具合が回復するその年の秋まで再開を待たなければなりませんでした。
 そんな紆余曲折があったものの、レコーディングには兄ジェームスを始め、キャロル・キング、リンダ・ロンシュタット、バーニー・レドン、ラス・カンケル、リー・スクラーなど錚々たる面々がケイトの船出を祝うように参加。キャロル・キングは、「Home Again」と「Where You Lead」の2曲、ジェームズも「You Can Close Your Eyes」、「Lo And Behold/Jesus Is Just All Right」の2曲を提供していました。なお、メドレーになっている Jesus Is Just All Right はアート・レイノルズ・シンガーでお馴染みのゴスペル曲で、ザ・バーズやドゥービー・ブラザーズなどのカヴァーでもよく知られています。
 
 それでは1971年2月にリリースされた『Sister Kate』から何曲か紹介して行きましょう。まず、マンフレッド・マンでリード・ヴォーカルを務めたマイク・ダボの作品、「Handbags And Gladrags」。


HANDBAGS AND GLADRAGS
盲目の男の人が通りを渡って
向こう側を目指そうとするのを見たことあるかしら?
若い女性が年を重ねて
花嫁修業をしようとしているのを見たことあるかしら?

あなたはどうなるの? 愛しい人よ
あなたのおじいちゃんが汗水流して働いてあなたに買ってあげた
ハンドバッグとよそ行きの服を
みんな奪い取られたなら

若かった頃の私は
ただただ、笑顔でいなければならないと思っていたわ
だから聞いて、ありとあらゆる流行のものを
買ってもらえた若い娘さんたち

いけてると思ってたら、もうはずれているだなんて
だからあれじゃなきゃ何の意味もないのよ
おじいちゃんが汗水流して働いて買ってあげた
ハンドバッグとよそ行きの服

あなたのために6ペンスの歌を歌ってあげるわ
ライ麦がいっぱい入った瓶(ウイスキー)を取って
24羽の黒ツグミを生地の中に入れ
パイにして焼いてしまいましょう

あなたが学校を休んだって聞いたわよ
それなら全部捨ててしまえばいいわ
おじいちゃんが汗水流して働いて買ってあげた
ハンドバッグとよそ行きの服なんて

 人生の酸いも甘いも噛み分けた年長の女性が、若い娘たちに向けて忠告を発する様子をユーモラスに描いた「Handbags And Gladrags」。背伸びをする娘たちへの老婆心といったところでしょうか。なお、「あなたのために6ペンスの歌を歌ってあげるわ」から始まるくだりは、『Mother Goose』からの引用です。元の詩のほうは「せっかく王様と女王様にパイを焼いたのに食されず、パイになった黒ツグミは腹いせに、庭で洗濯物を干していたお手伝いさんの鼻を引っ掻く」といった内容で終わっていました。マイク・ダボはウイスキーを大人の世界の象徴と表現しているのと同時に、「祖父の形見を大事にしないと罰が当たる」と言いたかったのかもしれません。

 ケイトに先んじること1年、1970年2月にロッド・スチュワートが、ソロ・アルバム『An Old Raincoat Won't Ever Let You Down』で取り上げていました。


 ファースト・リリースはコロシアムやアトミック・ルースターのリード・シンガーとして活躍したクリス・ファーロウのようで、1967年に全英33位を記録しました。


 作者であるマイク・ダボのセルフ・カヴァー・ヴァージョンは1970年7月リリースのソロ・アルバム、『D'Abo』に収録。男性が歌うと同じ歌でも当然ながらニュアンスが少々異なり、父親が、「流行はすぐに廃れる、おじいさんの形見を大切にせよ」と娘に説教しているような雰囲気に受け取れました。

 
 他にもチェイス(1971年の『Chase』に収録)、メアリー・コクラン(1992年の『Sentimental Killer』に収録)、ステレオフォニックス(2001年シングル盤で発表)、エンゲルベルト・フンパーディンク(2007年の『The Winding Road』に収録)など多くのアーティストによって歌い継がれています。

 兄であるジェームズ・テイラーの作品、「You Can Close Your Eyes」。「ああ、私がいなくなったらこの歌をうたってね」という歌詞はたんなる別れでなく、「死に行く運命」を悟っているように思えてなりません。


YOU CAN CLOSE YOUR EYES
太陽が確実に沈んで行く
月がゆっくりと昇る
ということはこの古き世界は今なおグルグルと回っているに違いない
そして私はあなたを愛している
だから瞳を閉じて
瞳を閉じてもいいのよ
大丈夫だから
私は愛の歌なんてまったく知らないし
もうブルースも歌えないの
だけどこの歌だったら歌えるわ
ああ、私がいなくなったらこの歌を歌ってね

まもなくその日がやって来るわ
ふたりがまた楽しく過ごせる日
そんな幸せを邪魔する人なんていないはず
あなたは好きなだけいてくれていいの

私がいなくなったら

 作者であるジェームズ・テイラーのヴァージョンは、『Sister Kate』より少々後の1970年5月に発表されたアルバム『Mud Slime Slim And The Blue Horizon』に収録されていました。ジェームズの優しい歌声からは精神を病んで入院した経験やアップルとの契約を打ち切られた挫折感から、「俺に残せるのは歌しかない」との悲壮感が垣間みれました。今回はライヴ・ヴァージョンをご覧ください。


 リンダ・ロンシュタットのヴァージョンは、1974年発表のアルバム『Heart Like A Wheel』に収録。


 JTの元妻であるカーリー・サイモンも2007年発表のアルバム、『Into White』 にてカヴァーしているのですが、YouTubeにはおふたりが仲睦まじかった頃の共演映像が残っていました。


 エルトン・ジョン&バーニー・トーピン共作の「Country Comfort」。故郷ののどかな田園風景の中に様々な人間模様が描かれています。


COUNTRY COMFORT
今にパインがそこら中に転がり落ちて
村の子供たちが我先にと取り分を拾って行く
6時9分の汽車がうなりをあげて川を渡り
牧師補佐のリーは来週の説教の準備をしている

昨日、私はあの店で祖母に会った
84歳にしては元気そう
いつか納屋を修理してくれと頼まれたわ
可哀相に農場の人手が足りないのね

骨にまで滲み渡る故郷の安らぎ
耳に馴染んだ優しすぎるほどの音
懐かしい気持ちでいっぱい
家路を辿るトラックの中で故郷の安らぎに思いを馳せる

井戸に置かれた新しい機械
親方が15人分の働きをするぞと言うと
ちょっと違うんじゃないのかとクレイじいさん
じいさんは死ぬまで馬方だと皆は分かっている

太った老いぼれのガチョウは枝から枝に飛ぶのが精一杯
ハリネズミはレンガに挟まれ泥まみれ
ロッキングチェアーはポーチでキーキーと軋んでいる
松明を手にした牧夫が、谷間を越えて行く

 エルトン・ジョンのヴァージョンは1970年10月リリースの『Tumbleweed Connection』。


 ロッド・スチュワートはエルトンよりも早くに1970年6月発表の『Gasoline Alley』で。
 

 こうして鳴り物入りで世に出た『Sister Kate』ですが、芳しいセールスを記録することなく市場から姿を消しました。力を貸した豪華メンバーたちの間にケイトの個性が埋没したわけではないのでしょうが、彼女の無垢な歌声と音楽に一途な感性は市井で受け入れ難かったようです。

 今回は動くケイト・テイラーの映像でお開きとしましょう。デビュー間もない頃のステージでのパフォーマンスのようです。 


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。