好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stephen Bishop - The Christmas Song

 前回の記事で取り上げたローラ・ニーロの「Christmas In My Soul」は少々重苦しかったので、今回は爽やかで心が温まるようなクリスマス・ソングをお届けします。ご登場願うのはBishことスティーヴン・ビショップ。彼が参加したクリスマス・アルバム、『The Stars Come Out For Christmas』から「The Christmas Song」をお聴きください。
 なお、ビッシュを始めカーラ・ボノフやケニー・ランキンなど多くのアーティストが参加したこのアルバムはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴにある「チルドレン・ホスピタル」に重病で入院している子供たちのためのチャリティー盤です。もともと2枚組で発売されたようですが、その中から15曲を選んで1991年に1枚のCDで再発されました。現在は廃盤のため、amazon での取り扱いがありません。よって画像を掲載することが出来ないので参考までに収録曲を記しておきます。
 
01. When The Stars Come Out For Christmas (Commodores)
02. Christmas Needs Love To Be Christmas (Juice Newton)
03. Rudolph, The-red-Nosed Reindeer (Don Mclean)
04. Away In A Manager (Kim Carnes)
05. Mary's Boy Child (Little River Band)
06. The Christmas Song (Stephen Bisop)
07. The First Noel(Karla Bonoff)
08. Everybody's Home Tonight (Karla Bonoff)
09. A Baby Just Like You (The McCaters)
10. Santa Claus Is Coming To Town (Kenny Rankin)
11.The Greatest Gift Of All (Nicolette Larson)
12. Have Yourself A Merry Little Christmas (Kenny Loggins)
13. Greensleeves (Jose Feliciano)
14. Silent Night (Country Choir)
15. I'll Be Home Christmas (Beat Boys)



THE CHRISTMAS SONG
暖炉で焼ける栗の実
霜が鼻先をぴりっとさせる頃
聖歌隊の歌うクリスマス・キャロルが聴こえる
人々の格好はエスキモーのよう
誰でも知っている
七面鳥やヤドリギの葉がこの季節に相応しいと
幼き子供たちは目を爛々と輝かせて
今夜は寝付けないだろう
サンタがもうじきやって来る
たくさんのおもちゃやお菓子をそりに積んで
どの子供だってこっそり見たいものさ
トナカイがどうやって本当に空を飛べるのかを

だから私はこのさりげない言葉を贈ろう
1歳から92歳の子供たちへ
何度も繰り返されて来たありふれた言葉だけど
メリー・クリスマス
メリー・クリスマス


 ジャズ・シンガーのメル・トーメとピアニスト、ソング・ライターのボブ・ウェルズの共作による「The Christmas Song」。アメリカで最もポピュラーなクリスマス・ソングと称され、カヴァー・ヴァージョンは枚挙に暇がありません。ここでのビッシュのヴァージョンはジャジーなムードを醸し出しており、エンディングで「ジングル・ベル」のメロディを配し、彼一流のお洒落なセンスが窺えました。
 なお、メル・トーメ自身のレコーディングもありますが、ファースト・リリースは1946年にリリースされたナット・キング・コールのヴァージョンです。

 メル・トーメとジュディ・ガーランドの共演映像。ジュディ・ガーランド・ショーに出演した際のもののようです。


 ナット・キング・コールのヴァージョン。


 こちらは娘さんのナタリー・コールのヴァージョン。1994年リリースのアルバム、『Holly & Ivy』に収録。


 ボブ・ディランのヴァージョンは2009年リリースの『Christmas In The Heart』に収録。


 オムニバス・アルバム『Christmas Rule』(2012年リリース)に収録されていたポール・マッカートニーのヴァージョンです。彼が、2012年に発表したスタンダード集『Kiss On The Bottom』は賛否両論が巻き起こりました。しかし、スタンダード・ナンバーを歌うポールは凛々しく、よく似合っています。



Holidays RuleHolidays Rule
(2012/10/30)
Various Artists

商品詳細を見る

 
スポンサーサイト

Stephen Bishop - BISH

 今回はビッシュことスティーヴン・ビショップに登場していただきます。梅雨空の続く日々は気分だけでも晴れ晴れとしたいもの。ビッシュのうららかな歌声とほんわかとした音の響きはこの時期によく似合います。

BISH-水色の手帖BISH-水色の手帖
(2012/06/27)
スティーヴン・ビショップ

商品詳細を見る

1. If I Only Had a Brain
2. Losing Myself in You
3. Looking for the Right One
4. Everybody Needs Love
5. Guitar Interlude
6. Fool at Heart
7. What Love Can Do
8. Prelude: Vagabond from Heaven
9. Bish's Hideaway
10. Only the Heart Within You
11. Recognized
12. I've Never Known a Nite Like This
13. When I Was in Love

 今回は彼が1978年に発表したアルバム『Bish』から何曲か取り上げることにしました。1曲目はアコースティック・ギターのつま弾きで始まる「Losing Myself In You」。ちょっぴり「On And On」を彷彿させる軽やかな曲調ですが、内容は傷心の歌です。ビッシュは鳴かず飛ばずの下積みや何度かの挫折を経験したようなので、卑屈な気持ちになることもあったのでしょう。


LOSING MYSELF IN YOU
誰もが一番高い星をつかもうとしている
誰だろうとどんな人だろうと関係なく
耳にする歌は子守唄ばかり

犬が吠えている
シーツが冷たい
通りに立っているあの男でさえ
愛がどんな男の心でも
右へ左へと傾かせることを
知っている

俺が成功する手だてがない
俺には勝ち目がない
悲しい別れの言葉が殆ど聞けそうだ
さて、俺は何をしたらいいのか
君のおかげで自分を見失ってるんだ

南フランスには宮殿があり
そこでは淋しい人々だけがダンスを学ぶ
君に半分でもチャンスがあるのなら
楽しそうにしている彼らに構わずに立ち去れ

思い出がいつにないことを経験させる
街角のバーで天国の気分
音楽が夢見心地にさせる

君のように出来る人は
他に誰もいなかった
君はいとも簡単に出来てしまうんだね

俺の思い通りになるなんてあり得ない
俺には出来そうもない
悲しい別れの言葉が殆ど聞こえてきそうだ
さて、俺は何をしたらいいんだ
俺は自分を見失っているんだ

絶対にうまくいきっこない
絶対に勝ち目はない
絶対に

 続いて、アート・ガーファンクルに取り上げられたことでビッシュの名が世に知れるきっかけとなった「Looking For The Right One」。今回はライヴ映像をご覧ください。


LOOKING FOR THE RIGHT ONE
俺はずっとついてなかった
恋の駆け引きには向いてないんだ
彼女たちの顔は憶えているけれど
名前は忘れちまった

相応しい人を見つけたと思ったのだけれど
彼女は俺のことなんか眼中にない
だから気持ちを束ねて
始めるのさ

相応しい人を見つけよう
でもそんな人がいつか現れるのだろうか
俺にぴったりの女性を探しているんだが
いつになったらそんな人が訪れるのだろうか

手に入れられないものを
追いかけても無駄だ
そんな風に人は言うけど
俺の心は「NO」と言う
この淋しき都会のどこかに
俺に相応しい女性がいるはずなんだ
でもその人を探しながら
2回分の人生を使ってまで待たなければならないのか

愛は移り気なものだと人は言う
そんなことは既に知ったこと
そうさ、分かりきったことなんだ

 アート・ガーファンクルのヴァージョンは1975年リリースの『Breakaway』に収録。


 全米チャートの32位まで上昇した「Everybody Needs Love」。イントロが、テレビ・ドラマ『太陽にほえろ!』を連想させます。1970年代はこうしたギターのカッティングが流行だったのでしょうか。


 ファースト・アルバム『Careless』発表後のビッシュは映画の世界に食指を動かし、ジョン・ベルーシ主演、ジョン・ランディス監督作品『National Lampoon's Animal House』(1978年公開)、ジェーン・フォンダ、マイケル・ダグラス主演『The China Syndrome』(1979年公開)、ダスティン・ホフマン主演『Tootsie』(1982年公開)、ミハイル・バリシ二コフ主演『White Nights』(1986年公開)などのサウンド・トラック盤に楽曲を提供。彼自身も俳優としてジョン・ランディス監督作品『The Kentucky Fried Movie』(1977年公開)、『National Lampoon's Animal House』(1978年公開)、『The Blues Brothers』(1980年公開)、スティーヴン・スピルバーグ監督の『Twilight Zone』(1983年公開)などの映画にも出演しています。
 セカンド・アルバムである『Bish』のジャケットも映画の一場面、あるいは絵画を連想させる趣向が凝らされていますが、中身もミュージカル『The Wonderful Wizard of Oz』(1939年公開)の中で案山子が歌った「If I Only Had A Brain」のインスト・ヴァージョンで幕が開き、アコースティック・ギターによるインタールード(間奏曲)や未カル・タッチの小品、「Recognized」を挟んで、最後はストリングスが印象的なバラード曲、「When I Was In Love」で締めくくるなど多分に映画を意識した構成を心掛けていたことが明白です。YouTubeにはこのアルバムからの楽曲の音源や映像が少なかったためにぶつ切りの紹介になってしまいましたが、一枚を通して聴いてみると、バラードからアップ・テンポなポップ・チューンが混在するドラマティックな展開の中にビッシュの持つ魅力が幾重にも紡がれている様子が受け取れることでしょう。
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。