好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Bernie Leadon = Michael Georgiades Band

 寒い日々が続いておりますので、ウエスト・コーストの陽光と爽快な風に包まれて暖まることにします。ご登場を願うのはバーニー・レドンとマイケル・ジョージアディスのご両人。彼らが1977年に発表した唯一のアルバム、『Natural Progressions』を今回のお題としました。

バーニー・リードン=マイケル・ジョージアディス・バンドバーニー・リードン=マイケル・ジョージアディス・バンド
(2013/11/13)
ザ・バーニー・リードン=マイケル・ジョージアディス・バンド

商品詳細を見る


 1975年にイーグルスを脱退したバーニー・レドンが、旧友であるマイケル・ジョージアディスと組んでリリースした本作『Natural Progressions』。親友同士の和気あいあいとしたセッションが繰り広げられている1枚です。

 1947年7月19日にミネソタ州のミネアポリスで生まれたバーニー・レドン。カリフォルニア州のサンディエゴに移り住んだティーン・エージャーの頃にはブルーグラスに傾倒し、ギターのみならずマンドリンやバンジョーも弾きこなすようになって行きました。そんな彼はカントリー・ロック系のバンドでは重宝される存在となり、ディラード&クラークやフライング・ブリトゥー・ブラザーズなどのメンバーとして腕を振るった経歴があります。また、レドンのカントリー・フィーリングに溢れたパフォーマンスは、初期イーグルスのサウンド形成に多大な貢献をしていたのは言うまでもないことでしょう。
 しかし、イーグルスは次第にカントリー・ロック色を薄めて行きます。そんなバンドの変化にレドンはついて行けなかったのでしょうか。レドンは1975年の『One Of These Nights』を最後に脱退。イーグルスを去った後の彼がどのような音楽活動を続けて行くのか、ファンの注目するところとなりました。
 1977年、レドンは満を持したかのようにマイケル・ジョージアディスとバンドを結成し、アルバム『Natural Progressions』を発表。彼の持ち味を活かしたブルーグラスやカントリー・タッチのフレーヴァー溢れる作品を期待した向きもあったようですが、むしろAOR風の雰囲気さえ漂う都会的なサウンドのアルバムに仕上がっています。
 10曲の収録曲の内、マイケル・ジョージアディスが6曲を創作。彼はジョニー・リヴァースのアルバム『L.A.Reggae』(1972年)や『Blue Suede Shoes』 (1973年)に参加していた経歴のある人物ですが、殆ど無名であり、イーグルスというバンドに在籍してスターの座に就いたレドンが花を持たせてやっているかのような配慮が窺えました。

 ジョニー・リヴァースのアルバム『L.A.Reggae』に収録されていた「Life Is A Game」。レドンとジョージアディスの共作で、二人がバック・ヴォーカルで参加していました。


 さて、アルバムの紹介を始めましょう。誰も愛なしでは生きられないとストレートに歌うバーニー・リードン作のバラード、「How Can You Live Without Love?」。ザ・バーズの「See The Sky About To Rain」(ニール・ヤング作)を連想させるような味わいを醸す切ないナンバーです。


HOW CAN YOU LIVE WITHOUT LOVE
愛なしで生きられるかい?

俺は丘の上で7年間も生きてきたが
人世は満たされていた
次々と女たちや友達が訪ねて来て
そりゃ、楽しい日々だったよ

愛なしで生きられるかい?

街で美女に出会った君
突然に出くわしたのさ
見知らぬ君を見て
目をそらす彼女
あまりにも恥ずかしくて微笑むことが出来ないのさ

君は愛なしで生きられるかい?


 マイケル・ジョージアディス作の「Breathe」。愛する人への想いと心の変化が描かれています。


BREATHE
君がくれた愛の歌
俺は君のメロディを聴いたんだ
君の人生の1ページに
明るい将来が形作られるのが見えるんだ

君の素敵な愛の感触に
俺の背筋は震えた
友達だと言ってくれたよね
打ち明けるのにこれ以上の時はなかったのさ

君を愛しているとはっきりさせるために
何度も何度も繰り返そう
様々な変化と季節の移ろい
風に乗り
息づかいをしながら

眠りが妨げられた辛い夜があり
羊を数える代わりに悩み事を数えた
とうとう俺は深い苦しみに陥った
もはや心の内側に抑えておくことが出来ない

だけど俺には時の歩みがゆっくりに感じられ
俺の心変わりを止めることもなく
俺に思い知らすために様々なことを
そうした感覚が促すだけ

ただ風に乗り
息づかいをしながら

 もう1曲、マイケル・ジョージアディス作のナンバー、「You're The Singer」。キャッチーなメロディとは裏腹に、ちょっと勝手な恋人への皮肉が込められた歌です。


YOU'RE THE SINGER
何度も何度も君がああだこうだと言ってるのを聞かされたよ
「ねぇ、あの人たちったらこうなのよ」なんてね
ベイビー、分からないのかい
それが運命ってもんさ

君は時々距離をおこうとする
落ち着いた気分になれず
君はクールに装うとした
本当に馬鹿なマネをしたもんだ
まるで道化さ
恋い焦がれる気持ちは去っちまった

人生はミステリーじゃないんだよな
必要な時に君の愛を捧げるんだ
長く終わりのないひとつのシンフォニーの中で
君はシンガー
人生は歌だよ
誰もが一緒に歌い出すのさ

何度も何度も君がああだこうだと言ってるのを聞かされたよ
「何もかもが嘘に思えるわ」なんてね
そんな風に感じるのは君だけさ
つべこべ言わずにこっちへ来なよ

すべてが変化し続け
誰もが動き続けている
そのままでいるものなんて何もないのさ
そして過去は消え行く
ここにあるのは現在のみ

何度も何度も君がああだこうだと言ってるのを聞かされたよ
「私、引きこもっていようと思うの」なんてね
ベイビー、君は隠れることが出来ても
時間は待ってくれないぜ

君は可愛くて大切な人
まるで天使のよう
とても信じられないくらいさ
でも時間は泥棒のように忍び寄る
注意しなよ
年月を盗んじまうぜ

誰もが一緒に歌い出すのさ

 バーニー・レドンがイーグルスを脱退する際、「あほんだら、なめとったら承知せんど」とばかりにグレン・フライの頭にビールをぶっかけて去って行ったという逸話があります。それほどまでにメンバー同志の人間関係は最悪だったのでしょう。ところが1998年、イーグルスがロックの殿堂入りを果たした際にはレドンも授賞式に駆けつけ、「Take It Easy」、「Hotel California」を一緒に演奏。2013年にはイーグルスのツアーに参加しているとの報道を耳にしました。本気の雪解けなのか、ツアー成功のための話題作りなのか、お金が絡んでいるのか、大人の事情は本当のところよく分かりません。

スポンサーサイト

Eagles - I Can't Tell You Why

イーグルスが3月に来日するということで、『レコード・コレクターズ』が特集を組んでいます。

レコード・コレクターズ 2011年 03月号 [雑誌]レコード・コレクターズ 2011年 03月号 [雑誌]
(2011/02/15)
不明

商品詳細を見る

そこで今回の拙ブログの記事も便乗してイーグルス。取り上げる曲はティモシー・B・シュミットが歌う「I Can't Tell You Why」です。前回からの流れと『レコ・コレ』の表紙の雰囲気からカントリー・ロックの楽曲を期待された方には誠に申し訳ございません。天の邪鬼の性格ゆえ、表紙に写っていない人に焦点を合わせることにしました。

ロング・ラン(紙ジャケット、SHM-CD)ロング・ラン(紙ジャケット、SHM-CD)
(2011/02/23)
イーグルス

商品詳細を見る

1. The Long Run
2. I Can't Tell You Why
3. In The City
4. The Disco Strangler
5. King Of Hollywood
6. Heartache Tonight
7. Those Shoes
8. Teenage Jail
9. The Greeks Don't Want No Freaks
10. The Sad Cafe

ティモシー・B・シュミットは1947年10月30日にカリフォルニア州オークランドで生まれ、サクラメントで育ちました。バンドを組んで音楽活動を始めたのは15歳の頃。フォーク・ソング、ビートルズ、ビーチ・ボーイズなどの楽曲をレパートリーにしていたようです。節操のない取り合わせに思えますが、自分たちの好きな曲を幅広く演奏していたことで、後のティモシーのポップな音楽性の礎が築かれていたのだとの解釈もできるでしょう。このバンドは1965年に The New Breed という名でデビュー。1968年にはGladと名を改めアルバムもレコーディングしました。

1970年、ティモシーはベーシストのランディ・マイズナーの後釜としてポコに加入。彼の躍動感溢れるベース・プレイとハイトーン・ヴォイスが洗練された味わいをポコに吹き込んで行くことになります。1971年のアルバム『From The Inside』では表題曲を任され、カントリー・ロックのカテゴリーに収まらないポップなセンスが徐々に開花。リーダーのリッチー・フューレイが抜けた後にはリード・ヴォーカル、そしてソング・ライターとしてもめきめきと頭角を現しました。

1975年のアルバム『Head Over Heels』のオープニングを飾る「Keep On Tryin'」。シングル・カットされて全米50位まで上昇しました。ティモシーの持ち味である明るさと爽やかさが醸し出された曲です。



Head Over HeelsHead Over Heels
(1998/06/16)
Poco

商品詳細を見る


ポコの中心メンバーとして順調な活動を行っていたティモシー・B・シュミットでしたが、1977年にはイーグルスが彼に白羽の矢を立てました。またも脱退したランディ・マイズナーの後任ということで、歴史は繰り返すのか何やら因縁めいたものが窺えます。
1979年、ティモシーを迎えたイーグルスはアルバム『Long Run』を発表。この中に収録されていたのが今回紹介する「I Can't Tell You Why」です。ティモシーにグレン・フライとドン・ヘンリーが力を貸した共作曲。ティモシーのポップな感性にフライの影のあるブルース・フィーリングやヘンリーの哀愁を帯びた感覚が見事に融合されていました。
ティモシーの作品の傾向は先ほどの「Keep On Tryin'」のように陽気な曲が多いのですが、ポコ在籍時にも沈鬱で翳りのある曲調のものを時おり耳にしたことがあります。恋人たちの関係が破綻した切なさが如実に伝わるこの「I Can't Tell You Why」。1980年にシングル・カットされて全米8位となるヒットを記録しました。傑出したパートナーたちの助力を得て作られたティモシーの豊かな音楽性の結晶と言える一曲でしょう。



I CAN'T TELL YOU WHY
一晩中眠りにつかず
引き裂かれた二人の関係を眺めてみなよ
俺たちは何年も辛く苦しい時期をともに過ごした
あの頃の二人と同じじゃないんだよね
ああ、君のもとを去ろうとする度に
何かが俺を振り向かせてそこに留まらせる
何故だか理由は言えないけれど

俺たちどうかしてるぜ
こんなの間違っている
(冷静になれよ)
ねぇ、俺だって寂しくなるんだ
心配しなくていい
しっかりとつかまってろよ
(ちっぽけな自分の世界に閉じこもらないで)
だって、君を愛しているから

俺が思うに何ひとつ悪いことなどない
俺たちが問題を難しくしてるのさ
なのに俺は理由を言えない
理由を言い出せない

ああ、駄目だ、俺は理由を言えない
俺は理由を言い出せない
うまく理由を言い出せないんだ

ライヴ映像です。


イーグルスの大阪公演の主催が毎日放送(MBS)ということから連日のようにテレビCMが放送されています。来日を直前に控えたこの時期に頻繁にCMが流れるということは、高額故にチケットがなかなかさばけず苦戦を強いられているのでしょうか。
私は懐具合が厳しく、会場が大阪ドームということもあって足を運べません。参戦される皆様方の詳細で思わず息をのむリポートを心待ちにしております。
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。